入社式での自己紹介の例文!意気込みの話し方と話す時間は?

入社式での自己紹介の例文や意気込みの話し方を紹介します。

入社式の自己紹介

入社式の際、最初の自己紹介をする場があるという人も少なくないのではないでしょうか?

始めの自己紹介、やはり緊張してしまうという人もいると思います。

しかし、初めての入社式での挨拶一つで周りの先輩方にどのような印象を持たれるかが決まってしまうといっても過言ではありません。

やはり好印象の挨拶ができれば、今後先輩方に声をかけられるようになる確率は高くなるでしょう。

では、配属先などでよい印象を与えられる入社式の自己紹介について例文を交えながらいろいろとみていきたいと思います。

また新入社員の自己紹介で話す時間はどのくらいが良いのかも確認してみましょう。

入社式での自己紹介の例文

入社式の挨拶、どうしてもお堅いものになりがちですよね。

しかし、決まりきった文句だけでは聞いている人の印象に残らず面白くない自己紹介になってしまいます。

ぜひ形式にのっとったものだけではなく、新人らしいオリジナルを含んだ挨拶をしてみましょう。

しかし、オリジナルといってもあまり外れすぎてもいけません。

離すべきところは話して、その間にオリジナリティを上手に盛り込んでいくといいですよ。

趣味を盛り込んだ自己紹介の例文

この4月に入社した○○です。

△△を卒業しました。好きなことは、映画を見ることで、一番好きな映画は、「奇人たちの晩餐会」です。

特技は地図を見る事です。都道府県名と東京23区を全部言えるのが自慢です。

仕事の方では、先輩方に教わりながら、早く戦力になれるよう、一生懸命頑張らせていただきます。

そして、頑張って給料を貯めて、親を旅行に連れて行くのが今の私の夢です。

一度に色々と覚えるのが苦手で、皆様方には、ご迷惑をかけてしまうかもしれません。

スポンサードリンク

しかし、努力はしていきますので、ご指導くださいますようどうぞよろしくお願いいたします。

入社式の自己紹介で意気込みを盛り込んだ例文!

入社式の自己紹介としてやはり欠かせないのが「意気込み」ではないでしょうか。

意気込みをしっかりと盛り込むことで「やる気があるな」と思わせる自己紹介にすれば、きっと先輩方にも良い印象を与えられることができるでしょう。

では、そんな入社式の自己紹介文を紹介したいと思います。

「意気込み」を盛り込んだ自己紹介の例文

本日は私たち新入社員のために歓迎会を開いてくださりありがとうございます。

部長をはじめ諸先輩方からの励ましのお言葉をいただき、身の引き締まる思いです。

みなさまのご期待に応えられるよう、一日も早く仕事に慣れて、一生懸命頑張らせていただきます。

会社のことや仕事のことでいろいろとお聞きする事があるかと思いますので、よろしくご指導ください。

入社式の自己紹介で話す時間はどのくらい?

入社式の自己紹介、一つ気になるのは「話す時間」ではないでしょうか。

入社する人数や、自分の前に自己紹介をする人がいれば、参考になるかもしれませんね。

もちろん、

  • 短すぎても意欲がないと思われてしまいがち。
  • 長すぎても尺を取ってしまいますし聞いている人も飽きてしまう。

と思います。

では、入社式の自己紹介、話す時間はどのくらいが適切なのでしょうか?

だいたい話す前に指定されると思いますし会社によってもまちまちかもしれませんが、基本的に自己紹介の時間は1人1分もしくは30秒くらいが多いようです。

大概スピーチというと1分というものが多いので、ある程度の時間間隔はあると思います。

それでも当日緊張しないように、事前に練習しておくといいかもしれません。

まとめ

入社式の自己紹介は緊張するものです。

ポイントは限られた時間でいかに自己アピールができるかどうかです。

より先輩方に良い印象を持ってもらえるように、事前にしっかりと紹介文を考えておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ