出産祝いの相場は友達や友人そして兄弟やいとこ親戚で違う?

出産祝いの相場
赤ちゃんが生まれた時に御祝いとして贈る出産祝い。

お金を現金で渡したり商品券で贈ったりするパターンは好きなものや必要なものを買ってもらうために有意義に使ってもらえますが金額がリアルにわかってしまいますよね。

そのためプレゼントにする方もみえますが商品選びに迷ってしまいますよね。

現金・商品券もしくは商品をプレゼントする場合の出産祝いですが相場はいくらなのでしょう。友達や友人そして兄弟やいとこで金額の相場は違ってくるのでしょうか。

スポンサードリンク

友達への出産祝いの相場は?

出産祝いを友達に渡す場合の金額の相場は5,000円です。

もし先に自分の子供が生まれていて、その友達から出産祝いを受け取っていたのなら、その金額と同額に合わせましょう。

今後のことを考えお互いに負担にならないということで5,000円がおすすめです。

兄弟への出産祝いの相場は?

出産祝いを兄弟に渡す場合の金額の相場は10,000円~20,000円です。

友達よりも身内の方が金額が上がりますが気持ちの問題という部分が大きいですよね。

もしあなたが20代でお兄ちゃんに贈る場合は無理せず10,000円で大丈夫です。

逆にあなたが40代のお兄ちゃんで20代の弟に贈るようなパターンなら20,000円は渡してあげてもいいのではないでしょうか。50,000円なんか贈ったらカッコイイかもです!

兄弟の場合はおかれている立場で臨機応変にいきましょう。

スポンサードリンク

いとこや親戚への出産祝いの相場は?

出産祝いをいとこ・親戚に渡す場合の金額の相場は10,000円~20,000円です。

兄弟であれば臨機応変に自分の年齢や相手のことなどを加味しながら20,000円以上の現金を渡すことも多いようですが、いとこや親戚であれば一律いくらというのを決めてしまった方がお互いに楽です。

たぶん今までのやり取りで相場というのがあると思いますので、贈る相手ではないいとこや親戚に相談しながら金額を決めてしまいましょう。

親に相談すると良く知っているケースが多いので確認してみると良いですよ!

まとめ

出産祝いは報告を受けてすぐに贈ると好印象です。

今頃?みたいなタイミングでは贈らないようお宮参りの前まで届くよう1ヶ月以内に手渡しもしくは発送しましょう。

あくまでも報告を受けてからです!万が一ということもあるので出産前や出産予定日など先に贈ってしまうのは禁止です。

出産祝いをもらう側の立場で言うと、プレゼントよりも現金や商品券の方が必要なものや好きなものを購入できるので有難いのだとか…。

何かと揃えなければいけないものがたくさんあり出費が重んでしまうときですから経済的に苦しくなってしまう時期です。

服や玩具なども有難いとは思いますが、他の人と同じものであったり、既に持っているものであったり、デザインやカラーなどの好みが自分と違うということがありますからね。

そう考えるとやはり、現金やデパート・トイザらスなどの商品券が良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ