出産祝いの相場は?職場の同僚や会社の部下や上司の金額は?

出産祝いの相場
出産の報告を受けたら準備しなければいけない出産祝いですが相場はいくらなのでしょうか?職場の同僚や会社の部下や上司で渡す金額の違いはあるのでしょうか?

ここでは周りに比べて自分だけが少なくても多くてもいけませんので出産祝いの基本的な相場をお伝えします。あとはお付き合いの度合いなどで金額プラスしたりしましょう。

楽しみでたまらない事なので、もうすぐ赤ちゃんが生まれる!なんていう話は会話の中で出てきているはずなので早めに用意しておきましょう。

渡すタイミングとしては母子ともに健康なことを確認し、退院してからすぐに贈るのがベスト。遅くても1ヶ月以内には渡しましょうね。

スポンサードリンク

職場の同僚に用意する出産祝い相場はいくら?

職場の同僚に赤ちゃんが生まれた時の出産祝いの相場は「3千円~5千円」です。

高額な金額は、今度自分の番になった時に同じ額を渡す必要があり、お互いに負担になってしまうのでバランスの合った金額を準備すれば大丈夫ですよ。

また、個人個人で渡す現金とは別に少しづつお金を出し合って品物をプレゼントを用意するのもおすすめの方法です。

人数にもよりますが一人500円など出し合って、

  • 赤ちゃんの食器
  • 大き目の服
  • おもちゃ
  • バスタオルセット

などを贈ってあげると喜んでもらえるはずです。

会社の上司に用意する出産祝い相場はいくら?

会社の上司に赤ちゃんが生まれた時の出産祝いの相場は「5千円」です。

スポンサードリンク

相手が上司の場合、どうしたらいいのか悩んでしまいますよね!

もし出産祝いを渡したい相手が普段からとっても可愛がってくれている上司であれば「1万円」を用意してもいいと思います。

  • よく飲みに連れて行ってくれる。
  • 仕事のアドバイスをしてくれたりフォローしてくれる。
  • 家族ぐるみのお付き合いをしている

そんな関係の優しい上司の場合は日頃の感謝の気持ちをプラスすると良いでしょう!

職場の部下に用意する出産祝い相場はいくら?

自分の部下に赤ちゃんが生まれた時の出産祝いの相場は「3千円~5千円」です。

しかし、あなたが40代・50代などで立派な役職が付いており、給与もそれなりであれば「1万円」を渡してもいいでしょう。

ただ、部署の人数が多く部下の数が多い方はとっても大変です。出産だけでなく結婚など出費がかさむこと色々あり自分のお小遣いが無くなってしまうことも考えられます!

ですからこのような場合、割り切って「5千円」と一律で決めてしまった方が良いですよね。

一番NGなのは人によって金額を変えてしまうことです。

何か特別な事情でもない限りは公平に用意をしましょう。

まとめ

出産祝いを個人個人ではなく会社や職場の仲間でまとめて一緒に渡す場合もありますよね。

この場合は当然、中に入る金額が大きくなってしまうのですが現金で渡す場合は縁起の悪い「4万円」「9万円」という数字は必ず避けてくださいね。

これは出産祝いだけに限らずご祝儀における基本的なマナーになります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ