会社の辞め方の手順とは?理由の言い方や退職のマナーとは?

会社辞め方についての手順など、どんなことに注意をしたらいいのか確認してみましょう。

会社の辞め方

一昔前は、会社は一度入社したら定年になるまで勤め上げるのがよいとされていましたよね。

もちろんそんな風習も一部残ってはいますが、昔ほどではありません。

新入社員として会社に入社しても、今では3年の間に3分の1が退職してしまうというデータがありますし、転職や独立などの機会も少なくありません。

他にもさまざまな理由で会社を辞める機会がないとも限らないでしょう。

しかし、実際に会社を辞めるとなると、どのようにやめたらいいのか意外と戸惑ってしまうものです。

会社に入社すると、就業規則を受け取ることになりますが、さすがに退職の方法までは詳しく書いてありません。

しかし、会社を辞める手順などにはある程度暗黙の了解のようなものがあります。

では、ここでは会社の辞め方について詳しく見ていきたいと思います。

    目次

  • 会社の辞め方の手順とは?
  • 会社の辞め方で円満な理由の言い方とは?
  • 会社を退職するときのマナーとは?
スポンサードリンク

会社の辞め方の手順とは?

まず、会社を退職する決意をしたら、その意思を伝える必要がありますよね。

ここで大切なのが、会社の辞め方の手順です。

手順を間違えてしまうと円滑に退職をすることができなくなってしまいます。

まず大切なのが、誰に退職の意思を伝えるかです。

会社を辞めるからと言っていきなり人事部などに退職届を渡してはいけません。

まずは直属の上司に意思を伝える!

暗黙の了解としてはまず直属の上司に伝えることが大切です。

そこでしっかりと退職の時期などを決めてから改めて退職届を提出することになります。

退職届を出したからと言ってすぐに会社を辞めることはできません。

身の回りの整理や引継ぎなどいろいろとやることがあるからです。

少なくとも退職届は会社を辞める2週間前までには出すようにしましょう。

会社を退職するためにはきちんと順序が決められています。

スポンサードリンク

しっかりと守って円満に退職したいですね。

会社の辞め方で円満な理由の言い方とは?

会社を辞めるときに必要なのが、退職理由です。

もちろん正しい理由を言ってもよいのですが、ここで必ずしも本音を言う必要はありません。

会社を退社する理由は人それぞれです。

中には会社に不満があり退職をするという人もいるでしょう。

ここで会社への不満をはっきりという必要はありません。

逆に伝えることでそれからやめるまでとてもぎくしゃくしてしまうので、大人であれば言わない方が無難でしょう。

言いにくい内容であれば、「一身上の都合で」でもよいですし、もしも伝えたい内容であれば伝えてもかまいません。

退職の理由を言うかどうかはあなた次第というわけですね。

会社を退職するときのマナーとは?

会社を退職する際、なるべくならスマートに行いたいものですよね。

やはり、マナーといえば、きちんと順序にのっとって退職日までを過ごすということです。

上司に退職時期などの相談をする

まずは上司に会社を辞める意思を伝えます。

ここでしっかりと意思を持ってやめる意思を伝えないと話があやふやとなりやめない方向にもっていかれかねませんので注意が必要です。

退職届けを提出

そして退職がまとまったら晴れて退職届を出します。

退職届を出したらその日までは会社に在職するわけですから、きちんと仕事をこなします。

業務の引継ぎ

引継ぎがある場合には次の人がきちんと仕事ができるようにスムーズに引継ぎを行うようにしましょう。

そして身の回りの整理なども行い晴れて退職ということになります。

退職の理由によっては会社に不満を持って退職をする人もいるでしょう。

退職日まではしっかり仕事をする!

しかし、退職をしてしまえばそんな不満もなくなるわけですから、退職日まではしっかりと職務を全うとしましょう。

まとめ

会社を退職する可能性は誰にもあると思います。

「自分には関係ない」とは思わずに、いざというときのために、退職の手順や手続き方法などをしっかりと知っておく必要があります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ