出向・異動・転勤・赴任の違いと意味は?

出向異動転勤赴任ではどう違うのでしょうか。

出向・異動・転勤・赴任の違い

出向・異動・転勤・赴任と似たような言葉がありますが、正直言ってはっきりとした違いはいまいちわからないという人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、はっきりと意味を理解していないと、いざというときに困ることになるのは自分自身です。

では、ここでは出向・異動・転勤・不妊の意味を一つ一つ確認し、その違いをきちんと知っておきましょう。

スポンサードリンク

出向とはどんな意味?

出向とは、赴任や転勤とちょっと違う意味合いがあり、使い方も違ってくるので一番注意したいところです。

出向の意味は、その会社へあくまで一時的に一定期間在籍するという意味合いがあります。

転勤、赴任も同じく違う場所で働くという意味があるのですが、出向は「その会社に実際に出社して」働くことを指します。

つまり、出向はとは、会社に在籍させたままその会社や関連会社で就労させることを言います。

異動とはどんな意味?

異動と聞くと、中には転勤と同じ意味だと勘違いしている人も少なくないようです。

しかし、実際にはちょっと違います。

どちらかというと、「異動というものの中に転勤がある」と考えてもらえればいいと思います。

異動とは、他にも「職種の変更」「担当業務の変更」「出張」「出向」「転籍」などがあげられます。

その為、たとえ会社内での仕事が職場が変わることについても異動という言葉を使いますよね。

転勤とはどんなもの?

出向・異動・転勤・赴任とありますが、一番転勤というのがはっきりとわかりやすいという人もいるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

転勤というのははっきりというと、勤務地の変更を伴った異動のことです。

よく勤務地が変わるため、時には引っ越しを余儀なくされたり、家族を置いて自分だけが単身赴任をすることになることもあります。

ただ、勤務地がわかっても、仕事内容は全く同じというパターンもあります。

つまり、仕事内容にかかわらず勤務地自体が変わってしまうということが転勤となります。

そして遠くへの転勤を言い渡された場合、家族と離れ一人で生活することを「単身赴任」ということになるというわけですね。

赴任とはどんなもの?

仕事上で「赴任」と聞くと、真っ先に「単身赴任」という言葉を思い出す人も多いでしょう。

赴任とは、転勤を命じられた人が、任地へ赴くことをのことを言います。

つまり、転勤と赴任は1セットになっているわけで、2つの意味の違いはほとんどありません。

さらに詳しく言うと、赴任とは転勤先へ行くということに対して使う言葉です。

その為、そこに赴く際に赴任という言葉を使うため、「単身赴任」や「海外赴任」などという言葉を使うというわけです。

まとめ

出向・異動・転勤・赴任という言葉はよく聞きますが、やはりきちんと調べておかないと意外と意味が分かっていなかったという人も少なくないと思います。

しっかり知っておかないと、いざ言い渡されたときに勘違いして慌ててしまったりすることになってしまうことにもなりかねませんよね。

異動であれば、社内での異動ということもあるのでさほど仕事環境が変わるということはないでしょう。

しかし、転勤や赴任、出向となると、仕事場自体が変わるわけですから、仕事環境も大きく変わることになるでしょう。

さらに遠くへの出向や転勤となってしまうと、単身赴任や引っ越しということになる場合もあります。

いざ言い渡されたときに慌てないように、事前にしっかりとこの4つの意味と違いを知っておくことは社会人としてとても大切なことだと思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ