単身赴任の生活費の平均的な相場と内訳は?節約法のコツは?

単身赴任での生活費の平均的な相場はどのくらいなのでしょうか?また、単身赴任先での生活費の内訳はどのようになっているのでしょうか?

単身赴任の生活費節約法とあわせて確認をしてみましょう。

単身赴任の生活費

突然単身赴任をすることになるといろいろと準備も大変ですが、単身赴任先での生活もいろいろと考えなければなりません。

特に、今まで家庭で奥さんなどに身の回りの生活をすべて行ってもらえていた人にとってはかなりの負担になると思います。

そしてもう一つ大変なのが生活費です。

生活を別にすることで自分自身で生活費を考えなければいけません!

会社によっては赴任手当や家賃手当などが付与されることが多いものですが、実際に単身赴任をする場合にはどのくらい生活費がかかるのか気になりますよね。

ここでは平均的な単身赴任での生活費について見ていきたいと思います。

    目次

  • 単身赴任先での生活費、平均的な相場はどのくらい?
  • 単身赴任の生活費の内訳は
  • 単身赴任先の生活費の節約法とは?
スポンサードリンク

単身赴任先での生活費、平均的な相場はどのくらい?

一般的に単身赴任先での生活費の平均的な相場はどのくらいなのかっていうのは自分の目安として気になりますよね。

もちろん、生活方法によって生活費は大幅に変わってきます。

生活費には「食費」が大きく影響!

特に割合として掛かるのが食費になりますし、この食費がどのくらいかかるかで生活費がどのように変わってくるかというのが全体の生活費の要となります。

今まで単身赴任した人の生活費などをのぞいてみると、

  • 家賃を除いた光熱費
  • 日用雑貨
  • 食費
  • 交際費

の合計が、多くても10万円くらいというのが相場のようです。

これに交際費を計算せずに見てみると、だいたい5万円くらいが生活費になるようですよ。

この理由は、会社が付与する赴任手当の平均が5万円程度であり、その赴任手当の中で基本の生活費をねん出するという人が多いからのようです。

もちろん生活方法によって生活費は変わってきますし、節約すればする分だけ少なくなります。

単身赴任の生活費の内訳は?

単身赴任でのおおよその生活費の平均金額は見えてきたと思います。

スポンサードリンク

では次にその生活費の内訳はどうなっているのかを見ていきたいと思います。

家賃

まず生活費欠かせないといえば、家賃ですよね。

会社の寮などに入るのであれば、費用は必要ないことが多いですし、自分で住む場所を探す場合でも家賃は別に支給してくれるというものが多いようです。

水道光熱費

そして次にかかってくるのが水道光熱費。

これは水道・ガス・電気のほかにインターネットや携帯代なども含まれてきます。

食費

そして一番重要なのが食費。

男性にとって食事を用意する方法は随分と変わってきます。

炊事が得意な人は自分で作ったりするでしょうし、苦手な人はお弁当などで済ますという人もいるのでそれによって変わってくるようですね。

もちろん自炊をするから食費が安くなるというわけでもないのでよく考えておきましょう。

雑費

他にも雑費(理髪代やクリーニング)、娯楽費、交通費などもかかってきます。

このように、単身赴任をするとなると思っていた以上にいろいろと費用が掛かるということを覚えておくようにしましょう。

単身赴任先の生活費の節約法とは?

単身赴任先で生活費を節約するなら、まずは食費を見直すようにしましょう。

食費の節約がポイント!

だいたい平均としては2~3万円くらいかかるといわれているので、3万円以上かかっているのであればちょっと節約を考えた方がいいと思います。

そして、難しいのが自炊するから食費が抑えられるというわけではないこと。

もちろん毎日外食ばかりではお金はかかります。

しかし、お弁当を上手に活用すればそうでもないのです。

例えば、毎日1つのお弁当を500円と考えて後の2食を簡単な自炊にすればそんなに費用は掛かりません。

逆に毎食自炊で凝った料理などを作っていると外食以上の費用が掛かることもあるので注意しましょう。

交際費の使いすぎには注意!

他にも、やはり注意したいのが交際費。

家に帰っても一人だからと言って外出ばかりしてしまえばもちろん生活費はかさみます。

だからと言って何もせずに家にこもるのもストレスがたまるので、ほどほどにストレス発散をした方がよさそうですよ。

まとめ

どうでしたか?

単身赴任にかかる生活費がだいたい見えてきたと思います。

もちろんここに書いたものはあくまで平均的なものなので、自分に合った生活費を考えるようにしましょう。

そして節約ばかりするのではなく、ある程度余裕を持った予算を立てるのも重要ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ