退職者に贈るメッセージカードの選び方と文例&書き方!

退職する人へ贈るメッセージカードの選び方のポイントはあるのでしょうか?

そして退職者へ贈るメッセージカードに何を書いていいのか迷ってしまう人のために文例や例文を紹介していきます。

また、書き方のポイントや注意点もあわせて確認していきましょう。

退職メッセージカード

会社などで退職する人を送るときにメッセージカードを贈ることも少なくありませんよね。

メッセージカードには、

  • これまでのねぎらいの思い
  • 感謝の気持ち

を込めるものです。

転職される方へは、

  • 新しい環境への応援の言葉

を添えると思います。

ただ、いざメッセージカードを書くとなると、カードの書き方や選び方など、悩むことも少なくないと思います。

ここでは退職者へのメッセージカードについていろいろとみていきたいと思います。

    目次

  • 退職者へ贈るメッセージカードの選び方とは?
  • 退職者へ贈るメッセージカードの文例・例文
  • 退職者に贈るメッセージカードの書き方のポイントとは?
スポンサードリンク

退職者へ贈るメッセージカードの選び方とは?

まず、メッセージカードの選び方から見ていきましょう。

どのようなカードを送ればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

退職者へメッセージカードを贈る際には大きく分けて2つあります。

みんなで書いて贈る場合

一つが職場でメッセージカードを作る場合です。

この場合には、多くの人がまとめてメッセージを贈る形が多いようです。

その為、おすすめは色紙のようなものをメッセージカードとして贈るという方法です。

職場全体で寄せ書きのように書くことで、職場での団結が感じられますし、一人一人の言葉が伝えられます。

個人的に書いて贈る場合

もしも職場全体でメッセージカードを作らない場合には、個人でメッセージを渡すことになると思います。

この時には、手紙を送るのが一番良いようです。

ただ、カードを送るだけではちょっとそっけなくなってしまうので、封筒などに入れて贈るといいですよ。

スポンサードリンク

退職者へ贈るメッセージカードの文例・例文

では次に、どのようなメッセージを贈ったらいいのか見ていきたいと思います。

もちろん退職者への感謝の気持ちやねぎらいの気持ちはありますが、それを言葉にするのはなかなか難しいものです。

ここでは実際にどのような言葉を贈ったらいいのかいくつか例文を紹介したいと思います。

例1)職場の人が退職する場合

①ご退職おめでとうございます。長年ご指導いただきありがとうございました。

②今までお疲れさまでした。今までたくさんのことを学ばせていただきました。

③勤続○○年、お疲れさまでした。長年にわたりご指導頂きありがとうございました。

例2)家族や親せきなどが退職する場合

①長い間お疲れさまでした。家族のために頑張ってくれてありがとうございます。

②定年おめでとうございます。今までお疲れ様でした。

③勤続○○年、お疲れさまでした。家族のためにありがとうございました。

退職者に贈るメッセージカードの書き方のポイントとは?

やはり退職者にメッセージカードを贈る際にはいくつかのポイントがあります。

このポイントさえ押さえてしまえば、悩むことなく感謝の気持ちなどを贈ることができると思います。

丁寧な言葉を使う!

まず基本的なことですが、メッセージを書くときには丁寧な言葉を使うといいでしょう。

相手によっては砕けた言葉でもいいかもしれませんが、やはり贈る言葉なのでここは丁寧な言葉で綴りましょう。

文字も丁寧に書く!

次に注意したいのが字です。

寄せ書きなどになると、なかなか書きにくく字も適当になりがちです。

しかし、残るものですからなるべく丁寧な字で書くようにしましょう。

内容にも気を配る!

そして一番難しいのが内容ですよね。

ありきたりの言葉もいいですが、もしも字数に余裕があれば、今までのエピソードも交えて描くといいですよ。

まとめ

退職者へ贈るメッセージカードはその人に贈る最後の言葉になると思います。

今までお世話になったことや、ねぎらいの言葉などを素直な言葉で綴れるといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ