円満退職の仕方!理由例と引き止められたときの対応とは?

円満退職仕方はどうしたらいいのでしょうか?

そこで気持ち良く円満退社するための理由例を紹介していきますので参考にしてください。

また嬉しいいことですが、もし引き止められた場合は、どう対応したらいいのかも確認していきましょう。

円満退職の仕方

会社を辞めたいと考えた時の理由というのは人それぞれですよね。

家庭の事情や転職など、個人的な理由から、給与や人間関係など、会社に対する不満など実に様々です。

しかし、どんな理由で退職をするにせよ、最後には円満退職したいもの。

では、ここでは気持ちよく円満退職をするための方法を考えていきましょう。

    目次

  • 円満退職の仕方とは?どうすれば気持ちよく円満退社できる?
  • 円満退職をするための、おすすめの理由例とは?
  • 退職を伝えた時に引き止められたときの対応とは?
スポンサードリンク

円満退職の仕方とは?どうすれば気持ちよく円満退社できる?

会社を退職する際に、会社側にうとまれて辞めたいと考える人はほとんどいませんよね。

出来るならどんな理由で退職をするにしても、最後は気持ちよく会社を去りたいものです。

では、円満退職をする際にはどうしたらいいのでしょうか?

まず、考えてほしいのが退職理由です。

不平不満など思っていることをストレートに伝えない!

例えば、会社に不満があって退職を考える場合、その考えをそのまま伝えてしまえば最後までしこりが残ることになります。

例えそう思っていたとしても、決してそれをストレートに話してはいけません。

もしも言いにくい理由の場合には、

  • 家庭の事情
  • 個人的な理由

など、無難な理由にすれば、ほとんど引き留められることなく退職を認めてもらえるでしょう。

ただ、内容を追及されることも考えられるので、そのような時のためにきちんと考えておく必要があります。

円満退職をするための、おすすめの理由例とは?

退職をしたいと考える人のほとんどの理由はネガティブなものです。

例えば、

  • 給与が低い
  • 勤務体制に不満がある
  • 人間関係の不満やトラブル

などが挙げられます。

しかし、本当に円満退職をしたいと考えているのであれば、別の退職理由を考えましょう。

理由例

・キャリアアップを目指すために別の業種に転職をしたい。

・介護をしなければならない家族がいる。

・家業を継がなければならなくなった。

などという理由なら、特に角を立てることなく円満退職することができるでしょう。

女性なら、結婚や出産も退職理由になります。

ただこの場合には、会社によってはきちんとした体制が整っていて、それを理由に引き留められることもあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

退職を伝えた時に引き止められたときの対応とは?

急に会社の直属の上司に退職の意思を伝えた時に、多くの場合引き留められることになると思います。

ここで上司の話に納得してしまい、そのまま退職が難しくなってしまうということも実は少なくありません。

会社側としてはなるべくとどまっていてほしいというのが本音だからです。

確かに引き留めてもらえるのはうれしいことではあるのですが、やはりしっかりとした意志で退職を断言しなければなりません。

辞めさせてもらえない場合は?

その為には、上司や会社を納得させられるような退職理由を考えることです。

しかし、どうしても会社を辞めさせてもらえないということもあります。

そんな時には、円満退職はできませんが、退職届を提出しましょう。

退職届を提出すれば、規定により2週間後に退職をすることができることになっています。

円満退職したいなら根気よく!

しかし、やはり円満退職をしたいというのであれば、根気よく会社や上司を説得するようにしましょう。

やはり会社としては、新しい社員の募集や教育も必要ですし、仕事の引継ぎなどおこなわないといけないため辞めて欲しくないと思うのは当然です。

しかし退職の意思が硬いと伝われば納得をせざるを得ないはずです。

面倒かもしれませんが話し合いの機会を何度かつくり理解してもらうことで円満退職ができるようになりますよ。

まとめ

どのような理由であっても会社を退職する際には円満退職をしたいものです。

例え会社に対する不満が退職動機だとしても、それを直接会社に話してしまえば円満退職などできるはずもありません。

どんなにつらくても、それは退職するまでのことなのでそれまではぐっとこらえることも大切です。

やはり最後には、会社側にとっても自分にとっても気持ちの良い退職になるように、自分自身も努力をすることも必要になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ