「弊社・当社・自社・わが社・小社」の使い分けや違いは?

弊社と当社と自社の違い
自分の会社を意味する呼び方には種類がいろいろあって使い分けに迷うビジネスマンも多いのではないでしょうか。

自分が勤務している会社は弊社当社自社わが社(我社)小社と呼ぶことができますが、それぞれの使い分けや意味には違いがあるのでしょうか?

そんな疑問にお応えしていきます。

スポンサードリンク

弊社(へいしゃ)の使い方と意味

ビジネスの世界においてよく見かける「弊社」という言葉。

自分の会社のことを相手の会社よりも下の立場に位置づけ「へりくだって」表現する言葉です。

相手の会社に対し、上から目線で偉そうな言葉にならないようしたいときに使いますので、打ち合わせなど会話の中ではよく登場する言葉です。

チェック!

相手に対し自分の会社のことをあらわす言葉なので社内の人との会話では使用しない言葉です!

もちろん、相手の会社を表す言葉としても表現しません!相手の会社のことは「御社」と言います。

当社の使い方と意味

弊社は自分の会社のことを謙遜(けんそん)し、へりくだって言う謙譲語でしたが、当社の場合は上下関係なく対等な位置づけで話す場合に使用します。

例えば

  • 自分の会社をライバル会社と比較するとき
  • 何か損害を受けたため相手に抗議やクレームを言うとき
  • 社内において自分の会社を表現するとき

などに使用する言葉です。

スポンサードリンク

社外の人に使っても問題ない中立的な言葉ですが謙譲語ではありません。

自社(じしゃ)の使い方と意味

自社の使い方は当社の使い方と同じで、対等な位置づけのときに使用します。
そのため同じ会社の社員どうしで会話するときになどに使いましょう。

例えば

  • 自社の製品はライバル会社のA社に比べて・・・・・。(他社の対義語として)

とくに社内においては上司などと会話するときに使いたい言葉です。

我社(わが社)の使い方と意味

我社(わが社)の使い方も当社と同じく謙遜の意味が含まれていないので対等な立場で自分の会社を表現するときに使う言葉です。

最近ではわが社よりも当社の方が多く使用されているとの事です。

小社(しょうしゃ)の使い方と意味

小社は弊社と同じく、自分の会社のことをへりくだってあらわす時に使用する言葉で、自分の会社を小さな会社(立場の低い会社)に比喩している表現です。

そのため小社=弊社なので使い方は同じです。

一般的には小社を使う人は少なく、ほとんどの人が弊社をしますので「弊社」を使っておけば問題ありません。

小社が使われない理由としては「小社と商社」を聞き間違えてしまうのを防ぐという理由もあるようです。

まとめ

自分の会社を指す言葉にも種類がたくさんあって、迷ってしまうとは思いますが基本的には「弊社」と「当社」をマスターしておけば間違いはありません。

  • 弊社=相手がお客様など社外の人にへりくだって(自分の立場を下に)表現するとき。
  • 当社=対等な立場で自分の会社を表現するとき。

というように覚えておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ