転職の理由を面接で聞かれたときの例文と回答のポイント!

転職の理由は面接で必ず聞かれる質問の中の一つなので、回答の例文を参考にしながら事前に準備しておくのがおすすめです。

転職面接での理由

転職をする際には必ずと言っていいほど面接がありますよね。

面接をする際にはどんなことを話せばいいのか悩む人も多いと思います。

面接の際に質問される事の定番はいろいろとありますが、その中でも特に悩むのが以前勤めていた会社の退職理由です。

退職理由によっては、どんなに優秀な人材でも採用が難しくなるほど重要なものです。

では、面接で退職理由を聞かれたときの注意ポイントと例文を見ていきましょう。

    目次

  • 残業や休日出勤が多いのが転職理由の場合
  • 給料(給与)に不満があるのが転職理由の場合
  • 会社での人間関係がよくないのが転職理由の場合
スポンサードリンク

残業や休日出勤が多いのが転職理由の場合

会社によっては残業や休日出勤が多く、休む暇がないというのが転職理由の一つとしてあげられています。

もちろん、中には休みが少なくてもその分給与がよい・仕事にやりがいがあるなどということで続けている人もいます。

しかし中にはやはり残業や休日出勤が多いことに耐え切れずに転職を考える人もいます。

ただ、転職理由として正直に話すというのはちょっと考えた方がいいかもしれません。

もしも、面接を受けている会社でも残業や休日出勤がある程度ある場合、それを理由に出してしまうと採用されにくくなってしまうからです。

では、面接理由としてはどのように話したらいいのでしょうか?

例文

残業を厭(いと)う訳ではないのですが、前の職場ではほぼ毎週休日出勤や残業があり、仕事のスキルアップにかける時間を得ることができませんでした。

給料(給与)に不満があるのが転職理由の場合

会社に勤める理由といえば、まずは生活をするための給与を得るためですよね。

しかし、仕事に見合った給与が得られていないと感じたり、もらっている給与では生活が成り立たないという場合にはもちろん収入の多い、もしくは仕事に見合った給与がもらえる会社への転職を考えると思います。

スポンサードリンク

もちろんこの場合には、正直に「給与が安かったから」などというのは面接官には「お金を得ることしか考えていないのでは」と思われやすくなり、あまり好印象ではありません。

では、この場合どう言ったらいいのでしょうか?

例文

前職では結果を上げても評価をする仕組みがなかったので、頑張りが会社に評価されるやりがいのある会社に勤めたいと考えています。

会社での人間関係がよくないのが転職理由の場合

どんな会社でも、人間関係の悩みはつきものですよね。

たとえ仕事にやりがいを感じ、不満がなくても人間関係が悪いと

  • 最悪の場合仕事の内容や効率にも影響がきてしまう
  • 会社に居づらい

などの状態になってしまう人も少なくありません。

その場合、もちろん人間関係の少しでも良い職場で働きたいと就職活動を行うと思いますが、こればかりは実際に勤めていないとわからないものでもありますよね。

そして、前職で人間関係が理由で退職をしたということはそのまま伝えるというのも考え物です。

伝え方としては、「人間関係の良い職場でチームプレーで仕事をしたい」ということを全面に出すといいでしょう。

では実際にどのように伝えるといいのでしょうか?

例文

前の会社では、個人での評価が重要視されていましたが、私としては周りとコミュニケーションをとりながらチームプレーで目標に向かって頑張っていきたいと考え、退職を決意しました。

まとめ

退職の理由というのは人それぞれですよね。

もちろん会社側に原因がある場合もありますし、逆に自分の都合で退職をすることもあります。

前職の退職理由を転職の面接の際に話す時、都合が悪いということもあるでしょう。

しかし、大切なのは、退職理由を話す際に決してうそをついてはいけないということ。

嘘というものは、必ず露見し、それはもちろんマイナスイメージとなります。

例えネガティブな退職理由だとしても、それをうまくポジティブに変換することで、面接官に好印象を与えることができるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ