転職の最終面接でされる質問や逆質問に対する回答例!

転職最終面接でよくされる質問例と答え方をまとめました。また、逆質問がないか聞かれたときの対応の仕方と用意しておく質問例も紹介しておきます。

転職の最終面接

中途採用の面接というと、1度だけではなく、二次・もしくは三次面接まであることもあります。

そしてその最終面接に進むことができたなら、ここは必ず採用を勝ち取りたいものですよね。

しかし、最終面接だからと言って気を抜いてはいけません。

ライバルたちも、同じ気持ちで面接に臨んでいるのです。

では、最終面接で絶対に採用を勝ち取るためにはどのような対策をしておけばいいのでしょうか?

    目次

  • 転職での最終面接ではどのような質問をされる?
  • 転職での最終面接で逆質問にはどう対応したら好印象?
  • 転職での最終面接でしておきたい対策とは?
スポンサードリンク

転職での最終面接ではどのような質問をされる?

最終面接ともなると、面接官も役員や社長が自ら行うことが多いもの。

その為、質問も会社に勤めた際の具体的なものが多くなってきます。

さらに、面接のための時間というのも限られてくるため、与えられた時間の中でいかに自己アピールをすることができるというのがとても大切になってきます。

その時に事前にどのような質問をされるかを知っておくと、その場になって慌てずに答えることができるでしょう。

最終面接でされる質問例!

では、実際にどんな質問が転職の最終面接で多いのかというと、

  • 他に受けている企業はありますか?
  • 当社の志望動機は何ですか?
  • 運は強い方ですか?
  • 当社のことで知っていることを何でもいいので話してください

このような質問が多いようです。

「他に受けている企業はありますか?」の答え方

まず、他に受けている企業があるかという質問ですが、これは、会社に対する本気度を聞いています。

もちろん、この会社のみ受けている場合にはそのまま答えてしまってかまいません。

ただ、複数受けている場合には、ただ複数受けていることを伝えるのではなく、「複数受けていますが、御社が第一志望です」と付け加えるといいでしょう。

「当社の志望動機は何ですか?」の答え方

次に、志望動機ですが、これはどの面接でも聞かれることが多い質問です。

前の面接でももちろん聞かれていると思いますが、しっかりと答えるようにしましょう。

「運は強い方ですか?」の答え方

そして、意外と多いのがこの「運は強い方ですか?」という質問です。

この質問は、本人がポジティブな人間か、そして周りに気を配れる人間かを知ることができる質問となります。

スポンサードリンク

例え悪いことが起きても最終的にプラスになった、今まで本当に良いことが多かったという具体的な話を付け加えて話すといいですよ。

「当社のことを話してください」の答え方

そして、会社のことを話すというのは、この会社がどのような会社化をきちんと理解できているかどうかを知る質問となります。

ただ、どのような会社かを話すだけではなく、そのことに対して自分でどのように思ったかを付け加えるといいでしょう。

転職での最終面接で逆質問にはどう対応したら好印象?

逆質問も、最終面接に限らずほとんどの面接でされる質問ですよね。

では、最終面接の際にしておくとよい質問にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 御社の社風を教えてください
  • 御社の一番の魅力は何ですか?
  • どのようなスキルを身につければ今後の仕事に役立ちますか?

このような質問をするといいでしょう。

社風の質問の意味

社風を問う質問に関しては、その会社がどのような雰囲気なのか知ることができます。

そのことによって、自分が働きやすい環境かどうかを知ることができるでしょう。

会社の一番の魅力の意味

次に、会社の一番の魅力を聞く質問ですがこちらは面接官が考える会社の魅力を聞くことで、会社の魅力を知るだけではなく、会社への思いを共有することができます。

スキルの質問の意味

そして、どのようなスキルを身につければよいかという質問は、会社への入社の意欲をアピールすることができます。

逆質問はどんな面接でもほとんど聞かれることです。

少なくとも「特にありません」ということのないように、最低5つは考えておくようにしましょう!

転職での最終面接でしておきたい対策とは?

転職での最終面接での採用率は実に50%とも言われ、他の面接と比べると非常に高い確率と言えます。

その為、他の面接で通っているのだから、最終面接も受かるだろうと軽く考えている人もいます。

しかし、最終面接の場合、役員や社長が直々に面接をすることも多いものです。

では、そんな最終面接を受ける前にはどのような対策をすればいいのでしょうか?

少なくとも、その会社のホームページをくまなくチェックしたりと、下調べをすることはとても大切なことです。

会社の理念などをより深く理解することで、会社への入社意欲もより強くなると思いますよ。

まとめ

転職での最終面接は、今までの面接で志望動機やその人の今までの経歴などは十分に伝えてあるので、最終的にはその人がこの会社に合うかどうかということを知るという意味合いもあります。

その為、たとえ今までの面接を通過していても、最終面接での面接官である役員や社長が合わないと思えば、不採用になることも少なくないのです。

最終面接だからと気を抜かずにしっかりと受け答えできるといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ