転職の年齢は何歳までが限界?何歳くらいまでの募集が多い?

転職ができる年齢は何歳までが限界なのか?と考える人も多いでしょう。

転職を考えると、やはり気になるのが年齢ですよね。

転職は、年齢を重ねれば重ねるほど不利だといわれています。

転職の年齢は何歳まで

では、実際に転職と年齢というのはそれほど大きなものなのでしょうか?

35歳くらいになると最後のチャンスと思い求人募集をチェックしたりしますよね。

そこで転職の年齢は何歳までが多いのか?そして年齢の限界というものはあるのか?年齢不問の場合は応募した方がいいのか?など見ていきましょう。

    目次

  • 転職をする年齢は何歳までが限界?
  • 転職の年齢の募集は何歳ぐらいまでの会社が多い?
  • 転職の求人募集が年齢不問なら応募してみた方がいい?
スポンサードリンク

転職をする年齢は何歳までが限界なの?

よく転職を考えた時に聞くのが、転職限界年齢ではないでしょうか?

男性なら、28歳・32歳・35歳と、転職を考えるなら遅くとも35歳までになんて言う雰囲気があります。

しかし、実際には年齢というのはあまり関係ないものでもあるのです。

確かに、職種によっては若い人を優先的に採用するようなものも少なくありません。

しかし、企業などでは、年齢もある程度反映されますが、それ以上にキャリアや経験などを検討したうえで採用することが多いのです。

40歳を超えてからの転職に成功している人もいる!

実際に、転職の年齢は35歳といわれていても、40歳以上、中にはもっと年齢を重ねてからの転職に成功している人も少なくないのです。

そんな人たちの多くはやはりそれまでの経験などが認められた結果となります。

もちろん転職をする際に年齢もある程度気にはしますが、最も大切なのは経験やキャリアだという事を忘れないでください。

転職の年齢の募集の限界は何歳ぐらいまでの会社が多い?

転職の年齢の限界として考えられているのはだいたい35歳というのが多いようです。

実際に企業の面接官の中には「35歳は転職の限界」と言い切る人もいるのだとか。

それがいわゆる「35歳の壁」といわれているのです。

スポンサードリンク

しかし、35歳の壁にこだわるのは昔からある大企業の場合が多いようで、最近ではその35歳の壁どころか年齢にもとらわれないというところも増えているのです。

その理由としては、やはり年齢を重ねている人でも、

  • しっかりとキャリアを重ねている人
  • 経験を積んでいる人

なら十分に企業にとって即戦力として採用することができるからなんです。

ただ、それは同じ職種内での転職の場合。

35歳を過ぎてから今までやっていた仕事とは全くの畑違いの会社に転職をするのは難しいと言えます。

転職の求人募集が年齢不問なら応募してみた方がいい?

今、求人情報を見ると、年齢不問と書かれているものが多いですよね。

それもそのはず、法律では企業が中高年を積極的に採用を進めるために募集、採用に対して年齢制限をすることを禁止にしたためです。

しかし、それはあくまで求人情報でのこと。

求人情報で年齢不問と書かれていても、企業が若い人材を求めていた場合、実際には若い人以外は面接にたどり着くまでに書類選考で落とされてしまうという事がほとんどなのです。

年齢不問は応募してみないと分からない!

とは言っても、募集年齢をみているだけでは、こちらでは判断がつきません。

また企業側も経験者や即戦力になるような人材なら積極的にとるというところも少なくありません。

たとえ年齢的に厳しいと思っていても、求人情報に「年齢不問」と書かれていて、自身に経験やスキルがあるのなら積極的に応募するのもいいと思いますよ!

まとめ

転職を考えた時、やはり自分の年齢が若くないのであれば、転職先が見つかるのかどうか不安になりますよね。

しかし、以前は「35歳の壁」といわれ、今でもその風習は根強く残ってはいますが、決してそれが全てではありません。

企業によっては35歳を過ぎてからの採用は難しいと考えるところもありますが、逆に経験やキャリアを検討し、積極的に採用するというところも増えてきているのです。

例え、年齢が気になっても、それを理由に転職をあきらめることは決してしないでください。

ぜひ今までのキャリアや経験を最大限に活かし、あきらめず積極的に転職活動をしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ