メールにて失礼しますの意味と使い方【ビジネスメール編】

メールにて失礼しますの意味と使い方についてお伝えしています。

ビジネスメールで使われる「メールにて失礼します」という言葉ですが、使い方ひとつでずいぶんと意味が違ってきます。

そこでメールにて失礼しますを「文末の結び」に使うとき、「文頭」に使うとき、「お礼」の際に使うとき、「お詫び」の際に使うときの使い方について、それぞれ確認していきましょう。

メールにて失礼します

今では文章のやり取りもメールで行われることが多くなりましたよね。

メールなら、相手の状況を気にすることなくすぐに相手に伝えることが出来るという事でとても便利なものでもあります。

しかし、逆にメールというのは簡単に送ることが出来る反面、メールで済ますことは失礼だという風習も根強くあります。

その時に利用されるのが「メールにて失礼します」という文章。

ではここでは「メールにて失礼します」という文章の使い方(ビジネスメール)について詳しく見ていきたいと思います。

    目次

  • 「文末の結び」に使うときの意味と使い方とは?
  • 「文頭」に使うときの使い方
  • 「お礼の際」に使うときの使い方とは?
  • 「お詫び」の際に使うときの使い方とは?
スポンサードリンク

メールにて失礼しますを「文末の結び」に使うときの意味と使い方とは?

ビジネス文書をメールで送る際、文末の結びに「メールにて失礼します」という言葉を使う事って結構ありますよね。

ではこの文章を文末に使うときにはどのような意味があるのでしょうか?

最近はビジネスのやり取りもメールでおこわなれることが多くなりましたが、人や場面によっては失礼にあたることがあります。

とはいっても、メールというのはとても便利なものなので、多くの人が利用しています。

文末の結びに使う意味

ただ、メールを送る際に、

本当なら電話や手紙などで送るところをメールという簡略化した形でお送りして申し訳ありません。

という意味合いを兼ねて「メールにて失礼します」という言葉を文末の結びに使うことが多いようです。

メールにして失礼しますを「文頭」に使うときの使い方

メールにて失礼しますという言葉は、文末の結びに使用するだけではありませんよね。

時には文頭に使用することもあります。

文頭に使用するときのほとんどは、初めてメールを送る相手に使用するもの。

例えば、「突然のメールにて失礼します」というように使用します。

なぜ初めてメールを送る相手に文頭に「突然のメールにて失礼します」という書き方をするのでしょうか?

それは、メールの性質にあります。

人によっては毎日数十通、もしくはそれ以上のメールを受け取ることもあり確認だけも大変です。

そんな時に文頭に「突然のメールにて失礼します」と前置きをすることで、

相手に初めての連絡というを伝える

ことが出来るのです。

スポンサードリンク

メールにて失礼しますを「お礼」の際に使うときの使い方とは?

ビジネスの中でも重要なことの一つが「お礼」ですよね。

特にお客様や取引先へのお礼というのはとても大切なものです。

そしてお礼をする際に大切なことといえば、なるべく早くお礼の気持ちを伝えることです。

もちろん直接お伺いしたり、手紙や手紙などでお礼をすることも大切です。

しかし、メールというのはとても便利でそして何よりもすぐに相手に伝えることが出来ます。

その為少しでも早く相手に御礼を伝えたいときには、

お礼をメールで送り、その文末を「メールにて失礼します」で結ぶとよいでしょう。

ただ、お礼の場合には、メールだけで済ますことは失礼に当たります。

その為、まずはメールにてお礼を送り、改めてお伺いしたり手紙や文書などを送るようにしましょう。

メールにて失礼しますを「お詫び」の際に使うときの使い方とは?

ビジネスの中で、もう一つ大切なことがお詫びをすることです。

ビジネスの場面で、どんなに注意をしていてもどうしてもミスをしてしまったり相手に失礼なことをしてしまったりすることはどうしても起こってしまうものです。

そんな時に大切なのは、その後どのようにお詫びをしてフォローをするかなのです。

もしもお詫びをする際にも、大切なのはまずお詫びの気持ちを早く伝えること。

この場合にも、お礼と同じようなるべく早くお詫びの気持ちを伝えることが大切なのです。

その際にもメールは有効です。

そして、お詫びの文章の文末に「メールにて失礼します」と結びます。

もちろん、そのあとにはきちんと直接お伺いする・文書を送るなど改めてフォローをすることが大切です。

まとめ

ビジネスメールで使われる「メールにて失礼します」という言葉ですが、使い方ひとつでずいぶんと意味が違ってきます。

ただ、あくまでメールというのは簡易的なものになるので、お礼やお詫びの場合には、メールだけでは済ませずにきちんとのちに直接フォローするようにしましょう。

そんな場合、メールはあくまでなるべく早く連絡を取るための手段と考えるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ