接待の服装の注意点は?男性と女性のビジネスマナー!

接待をするときの服装では、どんな注意点があるのでしょうか?

接待の服装

接待の場所選びなどにも気を使いますが、接待をする側の私たちの服装も大切です!

どんなに完璧な接待を設定しても、服装がマナーに反していれば相手に不愉快に思われれることも少なくないのです。

ここではビジネスで接待を行う場合の服装について見ていきたいと思います。

取引先を接待するときの男性と女性それぞれ服装のビジネスマナーやおすすめの服装のポイントを紹介していきます。

    目次

  • 接待の服装は「男性」の場合どのようなものがいい?
  • 接待の服装は「女性」の場合どのようなものがいい?
  • まとめ
スポンサードリンク

接待の服装は男性の場合どのようなものがいい?

接待の服装を考える前に、どのようなお店かを確認する必要があります。

時には、高級店なお店で接待をすることもあるでしょう。

そのようなお店には「ドレスコード」というものがあります。

その為決められた服装をしていなければ、入店を断られることがあるので注意が必要です。

普段ラフな格好で仕事をしている男性は注意!

そして、会社によっては普段の服装がラフな恰好での出勤が認められていてるところもありますよね。

その場合、接待といっても会社の仕事のようなものなので、ついついいつもの感覚でラフな格好で行きがちです。

しかし、あくまで接待をする場合には男性であればスーツが基本。

もしもスーツが少し堅苦しいという雰囲気の場合には、スラックスにシャツというようにある程度きちんとした服装で行くのが最低限のマナーです。

座敷の場合には靴下にも注意!

そして、接待先ではお座敷などに上がることも十分に考えられますので、靴下はきちんとしたものを履いていくようにしましょう。

  • 靴下に穴があいていたり
  • 黒いスーツなのに、白い靴下だったり
など、細かいところかもしれませんが、これで結構恥ずかしい思いをする人もいるので注意が必要ですよ。

スポンサードリンク

接待の服装は女性の場合どのようなものがいい?

男性の場合、少々改まった場面では服装はスーツを選べば間違いありませんよね。

しかし、女性の場合はそう単純なものではないので服装選びというのはとても難しいものです。

では女性の場合、接待にはどのような服装で行けばいいのでしょうか?

服装

女性であれば、まず基本的には

  • ジャケットにスカート
  • パンツスタイル
がいいでしょう。

もしも派手な服装が好みの人でもあくまで会社の顔として参加するわけですから、きちんとした服装をする必要があります。

色づかい

ただ、落ち着いた服装といっても、女性なので、多少は女性らしさを見せるようにすることも忘れないでください。

例えば、アクセサリーを工夫したり、ジャケットやスカートのカラーを女性らしく淡いピンクのものにしてみるなど。

ヘアスタイルやメイク

そして、合わせて気にしなければいけないのがヘアスタイルです。

ヘアスタイルも接待する際には重要になってきます。

やはり、あまり派手すぎずに軽くまとめるようにするなどすることで、相手に清楚なイメージを与えることが出来ます。

さらに、メイクもあまり派手すぎずにナチュラルなメイクをするようにしましょう。

このように女性の場合は男性と違い、ビジネスでの接待では清楚かつ女性らしさを感じさせるような服装を心がけましょう。

まとめ

取引先を接待をする場合、男性の場合でも女性の場合でも、日程やお店選びはもちろんですが、当日の服装も接待には重要になってきます。

男性の場合

男性は基本的にはスーツですが、何度も合っている気心の知れた相手なら多少砕けた服装でも構いません。

女性の場合

女性なら、ビジネスに合わせた服装・メイク・髪型が基本でありながら、全体的に女性らしさが求められるので難しいと考える人も少なくありません。

ただ、どちらも相手に失礼のないように、そして会社の顔として接待をしているという事を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ