二日酔いの予防と対策!飲む前におすすめの食べ物と飲み物

二日酔いの予防と対策は飲む前にしておくといいですよ。

飲む前の二日酔い予防と対策におすすめの食べ物や飲み物、そして頭痛やめまいや吐き気などビジネスマナーとして翌朝の仕事に影響がでないポイントをみていきましょう!

二日酔い予防の対策は飲む前に

楽しくてつい飲みすぎてしまったら翌日は二日酔いに!なんて経験は誰でも1度はありますよね。

気持ち悪い、だるい、頭が痛い、目まいがするなどといった二日酔い特有の不快な症状は本当にイヤなもの。

時間が経てば自然とおさまってはいきますが、できれば今すぐにスッキリしたいですね。

そういうときに知っておくと便利なのが二日酔いのツライ症状を早く軽減できる対策です。

また、二日酔いになりやすい方にオススメなのがお酒を飲む前や飲んでいる最中に行う二日酔い予防法。

知っておけばきっと翌朝の目覚めが心地いいものに変わりますよ。

スポンサードリンク

飲む前に行う二日酔い予防の対策7選!食べ物や飲み物はコレ!

では順番に、飲む前に行う二日酔い予防の対策として、おすすめの食べ物や飲み物を順番に紹介していきます。

空腹やすきっ腹で飲むのを避ける!軽く食べることで二日酔いの予防と対策を!

すきっ腹の状態で流し込む冷たいビールはとても心地いいですが、これは二日酔いを起こすリスクを高めるのでできるだけ避けた方がいいですよ。

胃が空っぽの状態でお酒を飲むと、胃や腸でのアルコールの吸収スピードが速くなってしまうんです。

吸収スピードが速くなると肝臓のアルコール分解処理能力がオーバーしてしまって二日酔いになりやすいんですね。

アルコールの吸収スピードをゆるやかにするためには、胃に何か食べ物を入れてからお酒を飲み始めることが効果的です。

飲み会の前に、コンビニなどで

  • おにぎり
  • パン
などを軽く食べておけば二日酔いを予防することができますよ。

食べる時間がないというときは

  • お菓子をつまむ
  • 野菜ジュースを飲む
というだけでもOKですよ。

栄養ドリンクを飲むことで二日酔いの予防と対策を!

お酒を飲む前に二日酔い予防用のドリンクを飲むという方は多いですよね。

このようなドリンクが二日酔い予防としての効果が期待できるのはもちろんですが、実は栄養ドリンクでも似たような効果が期待できるんですよ。

肝機能の働きを高めるタウリン

栄養ドリンクに多く配合されているタウリンという成分は肝機能の働きを高めることができるので二日酔い予防に最適なんです。

体の調子を良くするビタミンやミネラルなどの栄養素

さらに栄養ドリンクにはビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく配合されているので肝臓だけでなく体全体の調子を整えてくれるんですね。

体の調子がいいと二日酔いになりにくいので飲み会の前の栄養素ドリンクは本当に頼れる存在なんです。

栄養素ドリンクは二日酔い予防用のドリンクより、手軽に購入できるというのも嬉しいポイントになっていますよ。

オリーブオイルを飲むことで二日酔いの予防と対策を!

ヨーロッパでは古くから二日酔い予防策としてお酒を飲む前にスプーン1杯のオリーブオイルを飲むという習慣があるんですよ。

オイルは消化と吸収に時間がかかるという特徴があるので、その後に飲むアルコールの吸収スピードも同時にゆるやかになっていくんです。

良質のオリーブオイルは香りも風味も豊かでそれほどクセがないのでスプーン1杯の量なら抵抗なく飲めるはずです。

オリーブオイルは二日酔い以外にもメリットがいっぱい!

さらに、オリーブオイルは他のオイルよりもポリフェノールやオレイン酸などが多く含まれているので、

  • 二日酔い予防
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 抗酸化作用
という効果までも期待できるというメリットもあります。

ただ、それでもちょっと・・・という方はオリーブオイル配合のドレッシングが使われているサラダがオススメです。

前菜にぜひ取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

ナッツを食べることで二日酔いの予防と対策を!

ナッツには油分が多く含まれていますが、この油分は二日酔い予防に効果的なんですよ。

ナッツに含まれる油分は、消化するまでに時間がかかるという特徴があります。

長時間、胃や腸にとどまるのでその後に食べたり飲んだりするものもゆっくりと時間をかけて消化吸収されるようになるんですね。

アルコールも同じように吸収スピードがゆるやかになるので肝臓への負担が軽くなるというわけなんです。

ナッツを選び方でおすすめは、

  • 新鮮なもの
  • 塩分が少ないもの
を選ぶのがいいですよ。

ローストされていない生の状態のものだと栄養が損なわれていないので二日酔い予防だけでなくアンチエイジング効果も期待できますよ。

豆乳を飲むことで二日酔いの予防と対策を!

豆乳にはアルコールの代謝をアップする働きがある良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

飲み会の前に豆乳を飲んでおくと肝臓が長時間コンスタントに働き続けてくれるので二日酔いになりにくいんですよ。

豆乳を飲むタイミングはお酒を飲む前がベストですね。

おすすめは無調整豆乳

豆乳を選ぶときは何も味付けされていない無調整豆乳が一番おすすめ!

しかし飲みにくいという場合は

  • ココア味
  • 黒ごま味
などの風味がついているものでもOKです。

豆乳独特のクセがそれほど感じられないので苦手な方でも飲みやすいはずですよ。

緑茶を飲むことで二日酔いの予防と対策を!

緑茶には、麦茶やほうじ茶などの他のお茶と比べて「カテキン」と「ビタミンC」が多く含まれています。

カテキンの効果

カテキンには胃や腸のアルコールの吸収を抑えてくれる働きがあります。

ビタミンCの効果

ビタミンCにはアセトアルデヒドの分解処理能力をアップする働きがあるんですよ。

お酒を飲む前に緑茶を飲んでおけば胃や腸を守ることができるので二日酔い予防にはぴったりです。

カテキンはお茶の渋みの主成分です。

カテキンをたっぷり取りたいときは高い温度のお湯で濃く出した渋いお茶を飲むといいですよ。

ゴマを食べることで二日酔いの予防と対策を!

ゴマの主成分であるセサミンは肝機能の働きを高めてアセトアルデヒドを分解する酵素を活性化させられるので二日酔いになりにくいんですよ。

ゴマには、黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマなどの種類がありますが、どのゴマでもセサミンの量はそれほど変わらないのでお好みのものを選べばOKです。

ゴマは書こうしてあるタイプのものを!

ただ、ゴマはそのままだと消化吸収しにくいので、加工してあるタイプの

  • すりゴマ
  • 練りゴマ
  • 皮むきゴマ
を選ぶといいですよ。

二日酔い予防の効果を期待するなら大きめのスプーン1杯以上のゴマの量が必要です。

もっと手軽にゴマのパワーを実感したいというときはセサミン配合のサプリを利用するという方法もありますよ。

まとめ

二日酔い対策のタイミングとしては、

  • 飲む前の対策
  • 飲んでいるときの対策
  • 寝る前の対策
  • 翌日の対策
の4パターンがあります。

これらのパターンの中のどれか1つだけを実践するだけでも効果は期待できますが、複数を組み合わせるともっと効果が高まるのでオススメですよ。

さらに、2つよりは3つ、3つよりは4つというように組み合わせの種類が増えるほど二日酔いのリスクを減らすことができます。

食べもの、サプリ、お酒の選び方などいろいろな方法があるので自分に合ったものを見つけて取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ