お中元は部下にもお返しが必要?お礼状を送ればいい?

お中元を部下にもらった場合、お返しが必要なのでしょうか?

それとも、部下にはお中元のお礼状を送ればいいのでしょうか?

部下へのお礼状のハガキ例文も紹介していますので参考にしてみてください。

お中元は部下にもお返しが必要

夏といえばお中元の時期でもありますよね。

そんな中、初めてお中元を部下からもらった場合、どうすればいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?

ここではお中元を部下からもらったときにどうすればいいのか見ていきたいと思います。

    目次

  • お中元を部下からもらった場合お返しは必要?
  • お中元を部下からもらったらお礼状を送ればいい?
  • お中元を部下からもらった時のお礼状ハガキの例文
  • まとめ
スポンサードリンク

お中元を部下からもらった場合お返しは必要?

もしもお中元を部下からもらったらどうしますか?

基本的に、お中元をもらっても、お返しの品物を贈る必要ありません。

しかし、誰からもらったかにかかわらず、お中元をもらったらなるべく早くお礼状を出すのがマナーです。

お礼状は、通常であれば書状で出すのが一般的ですが、最近では簡略的にハガキで出すことが多くなっているようです。

はがきでお礼状を出しても失礼にあたりませんので、簡単な文章ならはがき出してもいいでしょう。

お返しはお礼状か品物を贈る!

しかし、どうしてもお礼の品を贈りたいというのであれば、品物を贈ってもいいでしょう。

ただこの場合には、気持ちだけで簡単なスイーツなどを贈るといいでしょう。

  • 会社などで直接渡す
  • 訪問して渡す
  • 配送で贈る
というのもいいでしょう。

もしも品物で贈るというのがお堅いような気がするのであれば、ランチをおごるというのも一つのお礼の方法ですよ。

食事をしながらより親睦を深められるでしょう。

お中元を部下からもらったらお礼状を送ればいい?

お中元をいただいたら、相手が誰であろうともお礼状を出すのがマナーです。

お礼状を送らなければ、相手はきちんと届いているかどうか不安になりますし、いただいたものに対してお礼をするのは常識ですよね。

では、お礼状はどのように送ればいいのでしょうか?

もしもいただいた品物が生ものなどすぐに悪くなってしまうのであれば、まずは

  • 電話
  • メール
などで品物が届いたことを伝えると丁寧です。

特に生ものというのは、きちんと届いているかどうか部下も気にしているもの。

とは言っても郵送でお礼状を贈るとなると少なくとも届くのは翌日になります。

もちろん会社で顔を合わせるのであれば、あった時に一言お礼を言うというのもいいでしょう。

もしもお礼をした場合でも、やはり書状でお礼状を出すのがマナーですので改めてお礼状を出すようにしましょう。

スポンサードリンク

お中元を部下からもらった時のお礼状ハガキの例文

お中元を部下からもらったら、相手にかかわらずお礼状を出すのがマナーです。

本来であれば書状でお礼状を出すのが正しい方法ですが、最近では簡略的にハガキで出す人も多くなってきています。

ハガキで出しても特にマナー違反にはなりませんので、はがきの内容がプライベートのことでなければはがきで出しても大丈夫です。

では、お中元のお礼状を部下に出す場合にはどのように書いたらいいのでしょうか?

例を紹介したいと思います。

お礼状ハガキの例文

拝啓 

暑さも一段と厳しくなってきておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

先日は、たいそうな品物を贈っていただきありがとうございました。

暑い夏の時期に、色とりどりの見た目も涼しげなゼリー、特に子供たちは喜んでいました。

今回はありがたく拝受させていただきますが、今後はあまり気を使わないようにお願いいたします。

暑さはまだまだ続きますが、くれぐれも体調管理に気を付けてください。

奥様にもよろしくお伝えください。

敬具

部下の人にお礼状ハガキを書く際の参考にしてみてくださいね。

まとめ

お中元というのは、いろいろな相手からいただくことがありますよね。

もちろん普段面倒を見ている会社の部下から送られてくることもあると思います。

そんな時には、まずはきちんとお礼状を贈ることが大切です。

そして、どうしても品物などでお礼をしたい場合には、気を使わない程度にちょっとしたものを贈るといいですよ。

誰からいただいたお中元でもきちんとマナーを守ってお返しをするようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ