二日酔い予防に効く対策!防止する食べ物や飲み物の選び方

二日酔いに効く対策や二日酔いを防止する食べ物や飲み物についてまとめました。

飲み会で翌日辛い思いをしないためには、どんな対策をすればいいのでしょうか?

二日酔いを予防するためにレモンやビタミンや味噌汁や水など、飲んでいるときに効果的な食べ物・飲み物・対策方法をチェックしていきましょう!

二日酔い予防と対策で飲んでいるとき

スポンサードリンク

二日酔いに効く飲んでいるときに行う予防と対策7選!

飲み会の翌日に辛い思いを経験した人は多いのではないでしょうか?

わかっていても、ついつい楽しいため気分がよくなって飲みすぎてしまうというのは仕方がないことかもしれませんね!

しかし飲んでいる最中にちょっと気をつけることで二日酔い予防の対策ができます。

二日酔いに効く対策について順番に確認していきましょう!

レモンを使った料理を食べる!

レモンに含まれるビタミンCはアセトアルデヒドの分解スピードを速めてくれるので二日酔い予防には欠かせない成分なんですよ。

さらにレモンにはクエン酸も含まれていて、これは胃腸の粘膜を強化したり肝機能を整えたりする効果が期待できるんですね。

レモンのビタミンCやクエン酸は二日酔い予防に効果的!

ビタミンCもクエン酸も長時間体の中にためておくことができない成分なのでこまめにとった方が二日酔い予防になります。

レモンを使っている料理や飲み物を1~2時間おきにオーダーすると効果的ですよ。

ビタミンBを摂る

ビタミンBは肝臓の機能を強化する働きがあるんですよ。

ビタミンBの中でも特にビタミンB1はアルコールを分解するときに大量に消費されるのでお酒を飲むときは積極的にとりたい成分です。

ビタミンBはとってから数時間程度で体の外に排出されてしまうので1~2時間おきに何回かとるようにすると二日酔い予防の効果がアップしますよ。

ビタミンBが多い食べ物

ビタミンBが多い食べ物は,

  • 豚肉
  • 豆腐
  • うなぎ
などですが、加熱すると栄養素が減ってしまうので効率よくとりたいというときはサプリが便利ですよ。

また、ビタミンB1だけでなくB群全体(B2、ビオチンなど)を一緒にとると相互作用で吸収率がアップしますよ。

豆腐のみそ汁を飲む

お酒のシメには豆腐の味噌汁がオススメです。

豆腐にはカルシウムとマグネシウムがたくさん含まれています。

豆腐と味噌の組み合わせがポイント!

カルシウムとマグネシウムは胃にたまっているアルコールと結びついて体の外へ排出しやすくする働きがあるんですよ。

さらに、味噌にはたんぱく質とミネラルが多く含まれていて、これらの栄養素は働きすぎてスタミナ不足になっている肝臓を回復するために欠かせない栄養素なんです。

みそ汁は飲んだ翌朝に食べるという方も多いですが、できるだけ早く体の中に残ったアルコールをゼロにしたいのならシメとして当日中に食べた方が効果が期待できますよ。

スポンサードリンク

お酒と一緒に水を飲む

アルコールには利尿作用があるのでお酒を飲んでいる最中はどうしても体の中の水分量が少なくなってしまいます。

アルコールを分解するためには水分が必要不可欠なので意識してたっぷりの水を飲まないと二日酔いになりやすくなるんですよ。

アルコールの分解には水が不可欠!

二日酔いのリスクを低くするため大切なことはお酒を飲むときに水分を一緒にとるということ。

お酒と同量かそれ以上の水分をとった方がいいのでテーブルの上に常に水かお茶を用意しておくといいですね。

ただ、炭酸飲料やジュースはアルコールの吸収スピードを速めてしまうので避けてくださいね。

同じ種類のお酒なら値段が高いものを選ぶ

焼酎、ジン、ラム、泡盛などを飲むときは値段の高いものを選んでくださいね。

こういった蒸留酒のお酒は同じ種類のものであれば値段が高いものほど二日酔いになりにくいと言われているんですよ。

低価格のものは二日酔いになりやすいメタノールが!

低価格帯の蒸留酒には二日酔いになりやすいメタノールなどの不純物が残っていることが多いんです。

メタノールは体に残りやすく悪酔いしやすい性質があるので注意が必要なんですよ。

その点、高価格帯のものは不純物を取り除く作業を多くしていることが多く二日酔いになりにくいのでオススメですね。

日本酒を飲むときは「純米」がついたものを選ぶ

日本酒には、純米大吟醸酒、大吟醸酒、吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒という種類があります。

ですが二日酔い予防には「純米」と名前がついた

  • 純米大吟醸酒
  • 純米吟醸酒
  • 純米酒
が最適ですよ。

「純米」がついたものには醸造アルコールが入っていない!

純米というのは米、水、米こうじだけで作られているという意味でお米本来の味を楽しみたい方に人気のある日本酒です。

その他の日本酒には香りや風味を良くするための醸造アルコールが入っているのですが、この醸造アルコールは体に残りやすく二日酔いを起こしやすい性質があるんですよ。

ただ、純米と名前がついている日本酒は日本酒独特のクセが弱く飲みやすいのでついたくさんの量を飲んでしまいやすいんですね。

飲みすぎてしまうとどんな日本酒であっても二日酔いを起こしてしまうので許容量をオーバーしない程度にたしなんでくださいね。

ソーダ割より水割りを選ぶ

炭酸はアルコールの吸収スピードを速めてしまう性質があるのであまりオススメできません。

ソーダ割と水割りとを比べるとソーダ割の方が約1.5倍もアルコールの吸収スピードが速くなるというデータもあって酔いが回りやすいんですよ。

それに、ソーダ割はのど越しがよいのでつい飲みすぎてしまう危険性もあります。

二日酔いになりたくないというときはソーダ割より水割りを選んでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ