二日酔い防止対策!飲んだ後や寝る前の食べ物や飲み物とは?

二日酔いを防止する対策で飲んだ後や寝る前におすすめの方法をまとめました。

食べ物や飲み物やドリンク、そして睡眠やお風呂やサプリなど二日酔い予防に効果的な対策方法にはどんなものがあるのでしょうか?

二日酔いを防止して次の日の辛い症状を防ぐための予防と対策をしていきましょう!

飲んだ後や寝る前の二日酔い予防と対策

スポンサードリンク

二日酔い防止の対策方法7選!飲んだ後や寝る前の食べ物や飲み物のおすすめは?

二日酔いを防止するために行うとよいおすすめの対策方法を紹介していきます。

二日酔いを防ぐにはどうしたらいいのか、二日酔いにならないためにはどうしたらいいのか予防方法や対策方法を順番に確認していきましょう!

二日酔いの予防と対策にウコンの飲み物(ドリンク)やサプリをとる

ウコンにはクルクミンという

  • 肝臓の働きをアップさせる効果
  • アセトアルデヒドを素早く排出させる効果
が期待できる成分がたくさん含まれています。

ウコンをとるなら、飲む前よりも飲んだ後がオススメです。

肝臓に負担がかかっていない状態よりも、ある程度アルコールを分解して負担がかかっている状態でウコンをとった方がクルクミンが活発に働いてしっかり肝臓をサポートすることができると言われているんですよ。

ウコンの摂りすぎには注意

二日酔いのリスクを下げてくれる頼もしい存在のウコンですが、絶対に二日酔いになりたくないからとウコンを大量にとることは危険なのでやめてくださいね。

特に肝機能にトラブルを持っている方は注意が必要です。

ウコンは肝臓への刺激が強いので大量にとると命にかかわる危険性も出てくるんですよ。

市販されているウコン配合のサプリやドリンクの容量を守って使用する分には問題はないので適量を守って正しく利用してくださいね。

二日酔いの予防と対策に睡眠が大切!

酔いから早く回復するには睡眠時間も大切です。

アセトアルデヒドは起きているときよりも、寝ているときの方が分解スピードがアップするという特徴があるんです。

ですので、翌朝スッキリ起きたいというときは飲み会から帰ってきたらできるだけ早く寝るようにするといいですよ。

睡眠時間を長くとればとるほど早く回復することができますよ。

また、睡眠は長さとともに質の高さも影響するんですよ。

  • 温度
  • 湿度
  • 香り
などにこだわって自分が快適だと感じる環境を整えてから寝ると質の高い睡眠をとることができて二日酔いのリスクを下げることができますよ。

二日酔いの予防と対策に常温の水をたっぷり飲む

二日酔いの予防策として寝る前に水を飲むという方法は定番ですが、水を飲むならキンキンに冷えたものではなく常温のものがオススメです。

常温の方が吸収率がいい!

水は体温に近い温度の方が吸収率がアップするんですよ。

アルコールを飲んだ後はどうしても水分不足になりやすいので、できるだけ早く体の隅々まで水分をいきわたらせた方がいいんですね。

冷たいものはのど越しがよく気持ちいいですが、体のことを考えると常温がベストです。

飲む量は寝る前にコップ2杯以上が目安ですが、のどが渇いていると感じたらそれ以上飲んでくださいね。

スポンサードリンク

二日酔い予防と対策としてお風呂の湯船にはつからない!

飲んで帰ってきてからの長風呂は二日酔いになりやすいので避けたほうがいいですよ。

お風呂は脱水症状になりやすい!

お酒を飲んだ後は体の中が水分不足になっていることが多いのですが、さらに湯船につかると汗をかいて脱水症状になりやすいんです。

脱水症状は二日酔いのリスクを高めるのでスッキリしたいというときでも

  • 手足や顔を洗う程度
  • シャワーだけ浴びる
というようにして、短時間で入浴をすませてくださいね。

また、酔った状態で湯船につかると眠くなって意識が遠くなったり足がふらついて転倒してしまったりという危険もあります。

入浴は翌朝にするのがオススメですね。

二日酔い予防のサプリを利用する

二日酔い予防を手軽に行いたい方にオススメなのがサプリですね。

寝る前に飲むだけで翌朝スッキリ目覚めることができるというのはとても魅力的です。

サプリによって内容が少しづつ違う!

二日酔い予防のサプリに入っている成分として有名なのは、オルニチン、クルクミン、L-システイン、タウリン、シジミエキス、牡蠣エキスなどですね。

どれも二日酔い予防に効果が期待できる成分ですが、

  • 肝機能の働きをアップさせる
  • アルコールをすばやく分解する
  • アセトアルデヒドの分解スピードを速める
  • 体を回復させる
というように少しずつ効果の内容が異なっています。

さらに、サプリには小粒タイプのもの、個別包装されているもの、タブレットで水なしで飲めるものなどいろいろなタイプがあります。

→二日酔い対策サプリのおすすめランキングはこちら

どのサプリが自分に合うかは実際に利用してみないとわからないので、いろいろなサプリを試して使いやすく効果が実感できるベストサプリを見つけてくださいね。

梅干し入りのお茶漬けを食べる

飲んだ後にちょっと何か食べたくなったというときはラーメンよりも梅干し入りのお茶漬けがオススメですよ。

梅干しは体の調子を整える!

梅干しには肝機能の働きを助けるピクリン酸という物質が多く含まれているので、お酒を飲んだ後に食べると二日酔いになりにくくなるんです。

体の調子を整えるクエン酸も豊富に含まれているので飲んだ後のだるさも早く軽減することが期待できますよ。

梅干しは脱水症状を予防する!

また、お茶漬けは消化しやすいので胃腸に優しく、水分も一緒にとれるので脱水症状予防としても最適ですね。

漢方薬の五苓散(ごれいさん)を利用する

二日酔い予防に効果があると昔から言い伝えられているのが五苓散という漢方薬です。

→漢方薬の五苓散(ごれいさん)はこちら

漢方薬の五苓散(ごれいさん)は、

  • 体の中の水分バランスを整える
  • 胃腸の調子を整える
という特徴がある漢方薬なので、翌朝の胸焼けや吐き気を予防したい方にはぴったりなんですよ。

むくみも防止できるので飲み会の翌日に大事な会議が控えているというときもオススメですね。

漢方薬を飲むタイミングは食事をする30分前か食事をしてから2~3時間経った後がベストです。

食後すぐのタイミングだと成分の吸収率が落ちてしまうのでお酒を飲み終えてから時間が経った寝る前に飲むようにするといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ