入院のお見舞い金の金額相場は?適しているお見舞い品は何?

入院のお見舞い金額
もしも友人や会社の同僚、知り合いなどが入院をしてしまった場合、お見舞いに行くことがありますよね。

気楽な友人などならまだしも、相手が会社関係などの場合、お見舞いに行くときには「お見舞い金」「お見舞い品」を持っていきます。

ただ、難しいのがその品物。

お見舞金を持っていく時もありますし、品物を持っていくこともあるでしょう。

入院のお見舞い金額にも悩むし、お見舞い品や渡し方によってはマナー違反になってしまったり、相手を不愉快な気分にさせてしまうこともあります。

  • では、お見舞いに行く場合にはどのようなものを持っていけばいいのでしょうか?
  • そしてもしもお祝い金を持っていく場合には、金額はどのくらい包めばいいのでしょうか?
  • そしてどのように渡せばいいのでしょうか?

ということをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

入院した人のお見舞いにいく場合、お見舞金の金額の相場は?

お見舞いに行く場合、一番持っていきやすいものはお見舞金ですよね。

でも、正直言ってどのくらい包んでいけばよいか難しいもの。

しかも、お見舞いをする人によって金額も変わってくると思います。

ではお見舞いにはどのくらい包んでいけば、失礼に当たらないのでしょうか?

お見舞金としての相場というのは、大体5千円くらいと考えればよいでしょう。

親しい人や会社の上司など、多く持っていっても1万円程度にとどめることが必要です。

もちろんお見舞金はその人の「気持ち」になりますが、あまり多く持っていってしまうと、相手の人がお返しを考えたときに負担になってしまいます。

入院している方へのお見舞金の渡し方は?

もしも親しい人が入院してしまった場合、一刻も早くお見舞いをしたいと考えますよね。

しかし、実際に入院してすぐにお見舞いに伺うと、相手に負担をかけてしまいます。

本当に体調が悪くて、しゃべるのが辛いような状態でも、せっかくお見舞いに来てくれた人を追い返すわけにはいかないので我慢してお話をしなければなりません。

スポンサードリンク

そのため、まずお見舞いに行く場合には、相手の体調がある程度落ち着いたところを見計らってから行くということが大切です。

お札で注意すること!

そして、お見舞金を持参するときには、まずお金は新札ではないものを包むこと。

通常お祝い事は新札が良いとされていますが、入院はお祝いではありません。

お祝い金を包むときには折れ目のついたお札を、もしない場合には折れ目をつけてから包みましょう。

渡すときに注意すること!

そして、お見舞金を渡すときは、間違えてもそのまま現金で渡さないこと。

文具やさんなどにお見舞いと書かれた封筒が売られているのでそちらを使うと良いでしょう。

そして、お見舞金は相手にあったらすぐに渡すのが一般的です。

お見舞いに行くときには、お見舞金も、お見舞い自体も相手の負担にならないようにすることが大切です。

入院のお見舞い品ランキング、人気なのは何?

入院した人にお見舞いに行くときに持っていくのはお見舞金だけではありません。

お見舞金の代わりにお見舞い品を持っていってもいいと思います。

では、お見舞い品を持っていく場合、どのようなものが人気があるのでしょうか。

お見舞いの品の定番といえばやはり「花」でしょうか。

しかし最近では病院によってお花を遠慮するところもあるので事前に聞いておくことが必要です。

おすすめのお見舞い品は?

その他にお見舞い品として喜ばれるのは実用性のあるものです。

たとえば、入院中は退屈なもの。

退屈しのぎになるような漫画や小説、好きな人にはパズル雑誌などもお勧めです。

もちろん持っていくときには相手の好みを事前に聞いておくことが必要です。

そして缶の飲み物も他のお客さんが来たときに使用できるので重宝されます。

そのほかにも、病院内のお店で使える商品券なども好きなものが買えるので重宝されるようです。

もしお菓子を持っていく場合には、なるべく賞味期限が長いものを選ぶのがいいでしょう。

まとめ

知り合いや友人が入院したときには、少しでも早くお見舞いに行きたいと考えると思います。

もちろん、お見舞いに行くことは大切ですが、一番大切なのは相手に負担をかけないということ。

もって行くお見舞金も、お見舞い品を持っていくときも相手の事を考えて用意できるといいと思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ