ビジネスメールでお礼への返信は必要?正しい件名や例文とは?

ビジネスメールお礼返信
今やメールはビジネスマナーとして必要不可欠のスキルです。

そしてメールというものは、電話以上に印象に残りますし、記録にも残ります。

そんなビジネスメールですから、相手に失礼にならないように、出来れば好印象になるようなメールを送りたいですよね。

もちろん送るタイミングなどもビジネスメールでは重要になってきます。

ビジネスメールお礼への返信は必要それとも不要?正しい件名の書き方や参考になる例文など、ここではビジネスメールの中でも特に重要で大半を占めるお礼に対する返信について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ビジネスメールのお礼に対する返信は必要?不要?

ビジネスメールで多くを占めるのがお礼のメールです。

特に営業の人にとってビジネスメールはとても重要なものです。

いろいろと気になることも多いと思いますが、その中のひとつがお礼に対する返信。

実際に相手からお礼のメールをいただいたときには返信のメールは必要なのでしょうか?

原則として、お礼メールに対する返信は書く必要はありません。

自分のメールに対してお礼メールをいただいているわけですから、それにさらにお礼のメールを重ねてしまうと、逆に押し付けがましくなってしまいます。

もちろん、どうしても返したいという場合もあると思います。

その場合には、メールを確認しましたというひと言と、簡単な挨拶だけ送ればいいでしょう。

ビジネスメールでのお礼に対する返信の件名例!

ビジネスメールを返信するとき、お礼メールにかかわらず重要になってくるのが件名です。

皆さんはメールを返信する際に「Re:」をつけていますか?

相手からいただいたメールを返信する際、勝手についてくる「Re:」ですが、これが重要な役割を果たしているのです。

スポンサードリンク

なぜなら「Re:」をつけることで返信のメールか新規のメールかがひと目でわかるからです。

まずは相手からいただいたメールを返信するときには「Re:」をつけましょう。

そして、お礼に対する返信をする場合の件名ですが、大切なのはシンプルかつわかりやすい内容。

シンプルなものが良いとされますが、ただ単に「ありがとうございました」というだけでは逆に内容が伝わらず、人によっては迷惑メールと取られてしまう可能性もあります。

基本的には「○○のお礼」などとすれば、内容がシンプルに相手に伝わるので間違いないです。

ビジネスメールでのお礼に対する返信の例文!

メールでお礼を伝える場合には、もちろん本文であるお礼を伝えることも大切ですが、さらに重要になってくるのはその前後。

メールを送ってくれたことに対するお礼と、最後に「返信は必要ない」ということを伝えることが出来ればなおいいです。

たとえば、送ってくれた相手の事を考えてみましょう。

早い時間であれば「朝一番でメールを送っていただきありがとうございます」。

遅い時間に送っていただいたのであれば「お忙しい中、メールをいただき恐れ入ります」などをつけると良いでしょう。

そして最後には、返信のメールなので、相手にさらに気を使わせないように、

  • 「お返事はお気になさらずに」
  • 「どうか返信はお気になさいませんように」

などと付け加えると良いですよ。

まとめ

ビジネスの中でメールというのは重要なものです。

内容によっては相手に不快な思いをさせてしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、メールの内容には最新の注意が必要になってきます。

もしお礼のメールやお礼メールへの返信を行うときに重要なのは、シンプルかつわかりやすく相手に内容を伝えることです。

そして、返信をしてくれたことに対する感謝の言葉も忘れずに添えましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ