暑中見舞い一言メッセージのポイントと一言添えの例文・文例!

暑中見舞いに添える一言メッセージのポイントや注意点には、どのようなことがあるのでしょうか?

また、暑中見舞いに一言添えるときの、例文や文例を紹介していますので参考にしてみてください。

暑中見舞い一言メッセージ

梅雨が明けると本格的な夏がやってきますよね。

夏といえば忘れてはいけないのが「暑中見舞い」。

特にビジネスの場面では会社から、取引先やお客様に暑中見舞いを出すという事も多いと思います。

会社で暑中見舞いを出す場合、ほとんどが印刷されたものをそのまま送ることが多いですが、それではちょっとインパクトに欠けますよね。

その為、会社の中では、暑中見舞いに一言メッセージを添えるようにといわれることが多いようです。

しかし、どのように書いたらいいのか意外と困ってしまうものです。

今回は暑中見舞いに一言添えるメッセージの例文などを紹介します。

    目次

  • 暑中見舞いの一言メッセージとは?
  • 暑中見舞いに一言添えるときの例文・文例とは?
  • まとめ
スポンサードリンク

暑中見舞いの一言メッセージとは?

暑中見舞いというと、親しい友人や会社の上司、親戚などには1枚1枚文章を書くことがほとんどですよね。

しかし、会社でお客様やお得意様、取引先に出すとなると、1枚1枚文章を書くとなるとかなり手間になってしまいます。

その為、文章がプリントされたもの、もしくは同じ文章をプリントしたものを出すというのが一般的だと思います。

ただ、当たり障りのない暑中見舞いの挨拶だけが書かれたはがきでは、

  • ちょっと面白みがない
  • 相手にとってもインパクトに欠る
ということがありますよね。

そこで、最近では、元々暑中見舞いの挨拶が印刷されたものに、一言手書きなどでメッセージを添えるというところが増えているのです。

とは言っても、お客様や取引先が多いと、どのような一言を添えればいいのか悩んでしまいますし、一つ一つ考えるのも大変です。

だからと言って、添える一言まで同じでは一言を添える意味がありませんよね。

きちんとお客様や取引先の方一人一人にあった一言を添えることで、何気ない暑中見舞いの手紙も印象がアップしますよ。


スポンサードリンク

暑中見舞いに一言添える例文・文例

元々挨拶文が印刷された暑中見舞いに一言添えるのがいいという事はわかりましたが、実際にどのような言葉を添えればいいのか、困ってしまいますよね。

そこで、ここでは暑中見舞いに添える一言をいくつか例文として紹介します。

お客様や取引先に一言添える例文・文例

これからもより一層サービスの向上を図る所存です。
今後も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
暑気続く日々でございますので、くれぐれもご自愛ください。
今夏もスタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

会社の上司などに一言添える例文・文例

今後もご支援のほど、よろしくお願いいたします。
今後もご一緒させていただければ幸いです。
プロジェクトの成功に向け、お互い助け合いましょう。
○○の際には、○○していただき、とても感謝しております。
ご多忙な毎日をお過ごしと存じますが、お体をご自愛ください。
このような簡単な人ことを書き加えるだけで、全体の印象がずいぶんと違ってきます。

一言を添える場合には、相手の健康を気遣う事はもちろんですが、

  • 普段からの感謝の気持ち
  • お願い
  • 自身の近況報告
などを書くようにするといいでしょう。

まとめ

夏というのは、お盆が近づくため、いろいろと忙しい時期でもありますよね。

そんな時に出す暑中見舞い。

どうしても忙しさにかまけて、もともと印刷されている文章のものをそのまま送ってしまいがちです。

しかし、ここをあえて一言加えるのが、デキる社会人ではないでしょうか?

こちらから見ればちょっとした一言かもしれませんが、相手にとってはその一言がうれしいという事も少なくありません。

それに、他の人の暑中見舞いと比べても一味違うものになるでしょう!

特にたくさんの暑中見舞いを出すという人にとっては大変かもしれませんが、ぜひ手書きでの心のこもった人ことを書き添えてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ