お通夜や葬式の男性の服装!スーツはシングルそれともダブル?

お通夜や葬式の男性の服装

社会人になると、お通夜やお葬式などに出席する機会が増えますよね。

しかし、最初のころはなれずにいろいろと困ることも多いもの。

特に、服装というのは一番目立つものなので注意したいものです。

もちろん、お葬式に行くときにはふさわしい服装というものがあります。

大人なら、きちんとした服装で故人を見送りたいですよね。

もし、お通夜葬式に出席する機会があった場合の男性の服装としてスーツはシングルそれともダブルどちらがいいのでしょうか?またスーツの色は黒しかダメなんでしょうか?

本当にその場にふさわしいものかどうか確認をしてから参列しましょう!

スポンサードリンク

お通夜やお葬式の男性のスーツは普通の黒のスーツ?礼服?

お通夜やお葬式の男性のスーツ

お葬式にふさわしい男性の服装は、地域ごとの差はほとんどありません。

今は、一般のお葬式では喪主も含めて黒スーツの略礼装を着るのがほとんどです。

ちなみに略礼装とは、礼服用の黒スーツ。

男性ならお葬式には礼服の黒スーツを着ていけば間違いありません。

ただ、1つだけ注意をしなくてはいけないのは、普通のスーツと礼服。

普通のスーツでも黒いものってありますよね。

でも、礼服とスーツは見た目ですぐに見分けがついてしまうので、たとえ礼服がないからといって葬儀・告別式のときは普通の黒のスーツで代用するのは絶対にやめましょう。

特にお通夜であれば問題はありませんが、告別式は普通の黒のスーツで代用するのは絶対に避けましょう。

お通夜や葬式に行くときの礼服のスーツはシングルかダブルどっち?

お通夜や葬式の礼服のスーツはシングルかダブル

スーツというと、シングルとダブルの2つのタイプがありますよね。

特にお葬式に行くときに着る礼服を購入する際、どちらがよいのか悩むところですよね。

中には「ダブルのほうがよい」という人もいるようです。

でも、実際にはシングルでもダブルでもどちらでもOKなのです!

どちらを選ぶかは完全に個人の好みやその人に似合うかどうか。

スポンサードリンク

昔はダブルを選ぶ人が多く、今でも年配の人はどちらかというとダブルを着るという人が多いようです。

その理由は、ダブルを着た方が貫録があるからというものもあるとか。

お店のスタッフさんに聞いたのですが、最近はシングルのほうが人気で、お店によってはダブルのスーツを用意していないところもあるようですね!

礼服というのは何回も買わないので、年配の人は昔から着用しているダブルの礼服が多く、最近買い換えた男性はシングルを着ている場合が多いのです。

お通夜や葬式に行くときのスーツの色は黒のみ?

お通夜や葬式に行くときのスーツの色

お葬式に行く際、もちろん通常は礼服というイメージがありますよね。

もちろん礼服が正装になるわけですから、それで問題はありません。

ただ、お通夜に参加する場合は別です。

お通夜というのは、実は必ずしも喪服である必要はないのです。

極端な話ですが、もしも仕事帰りにお通夜に行く場合には、通常の仕事で来ているようなスーツでも特に問題はありません。

もしも急ぎでなくても男性の場合は礼服ではなく、普通のスーツでも大丈夫です。

でも、色は派手なものではなく黒・濃紺・ダークグレーなどの地味なものにするのが無難です。

しかしお葬式である葬儀・告別式というのは、必ず黒の礼服で参列するのが社会人としての常識です。

覚えておくといいのは、お通夜の場合には礼服・もしくは黒・濃紺・ダークグレーの通常のスーツでもオッケー、そして告別式の場合には必ず黒の礼服を着用しましょう。

ただ忘れてはいけないのは、お通夜でも告別式でもネクタイだけは必ず黒いものを着用しましょう。

まとめ

お通夜やお葬式に参加する際の男性の服装は、基本的に黒の礼服。

黒の礼服を着ていけばお通夜でも告別式でも特に問題はありません。

ただ、お通夜の場合のみは仕事帰りなど急ぎの時には通常のスーツでも大丈夫です。

その他にも、礼服でなくても濃紺や黒・ダークグレーの通常のスーツでの参加もオッケーです。

逆に告別式の時には必ず黒の礼服の着用が必要になってきます。

ただ、お通夜でもお葬式でもネクタイだけはどちらも黒いものを着用することが必須で、たとえ黒でも絵柄や模様が入ったものでも避けるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ