お通夜や葬式の男性のズボンの裾上げはシングル?ダブル?

お通夜や葬式の男性ズボン

お通夜やお葬式に参列することになった時、一番気になるのは服装ですよね。

しかし、礼服は用意していても、細かいところまで気にしているという人は意外と少ないのではないでしょうか!

例えば、購入した礼服をそのまま何も気にすることなく着用していたり…。

確かに礼服はその時に恥ずかしくないように仕上げてあるのでそれで問題はないかもしれませんが、ズボンの裾まで気にしたりベルトまでは細かく気にすることはないのではないでしょうか。

ここではそんなお通夜葬式に参列する際の男性の服装ズボン(パンツ)について話していきたいと思います。

礼服のズボン裾上げはシングルそれともダブルどっちでしょうか?またベルトはどんなタイプのものを選べばいいのでしょうか。

スポンサードリンク

お通夜や葬式に参列する際の男性のズボン(パンツ)とは?

お通夜や葬式の男性の礼服ズボン

お通夜や葬式に参列する際の男性の服装は、お通夜や告別式の場合には黒の礼服というのが普通です。

お通夜に参加する際は仕事帰りのために礼服や喪服でなくても失礼にはあたりませんが、黒・グレー系などの地味な色のものでズボンも上に合ったものを着用していきます。

ただ、急いでお通夜に駆けつけるので多少カジュアルなものでも大丈夫ですが、派手すぎるものはもちろん避けるようにすることが必要になってきます。

お通夜や葬式のズボンの裾仕上げはシングル?ダブル?

お通夜や葬式のズボンの裾仕上げはシングル?ダブル?

お葬式に参列する際の服装は略礼服となり、黒の上下でワイシャツや白、そしてネクタイは黒となります。

スポンサードリンク

この場合意外と注意しないのがズボンの裾!

上はシングル・ダブル・三つ揃いのいずれかで問題ありません。

最近では若い人はシングルを比較的選ぶ人が多く、年配の人は風格が出るためダブルのものを選ぶ人が多いようですが、特にこれというものは決まっていないのでその人に似合うかどうかや好みで決めても大丈夫です。

ただ、迷ってしまうのはズボンの裾。

ズボンのすその仕上げには折り返しのないシングルと、折り返しのあるダブルがあります。

実はお葬式に参列する際の礼服のズボンの裾はシングルが常識です!

ダブル仕上げの場合「繰り返してしまう」という意味合いから失礼にあたります。また、折り返しのあるものはカジュアルに見えてしまうので避けた方がよいようです。

お通夜やお葬式の礼服ズボンに合わせるベルトは黒のピンタイプ!

お通夜やお葬式の礼服ズボンに合わせるベルト

お通夜やお葬式に参列する際の服装は気にしますが、ベルトはどのようなものを選べばいいのでしょうか?

やはりお通夜やお葬式に参列する場合は身に着けるものは基本的には「黒」ということを覚えておくといいと思います。

もちろんベルトも黒でピンタイプのものにしましょう。

ただ、黒といっても何でもいいわけではありません。

  • 派手な金具のものは避ける。
  • 太くてカジュアルなもの避ける。
  • 光沢のあるものも避ける。
  • クロコや蛇などの皮素材のものも殺生を意味するので避ける。

必要があります。

まとめ

お葬式やお通夜に参列する際の服装自体は気にする人は多いですが、ズボンの裾やズボンに身に着けるベルトまではあまり気にする人は少ないと思います。

しかし、ズボンの裾はお葬式やお通夜に参列する場合、仕上げの折り返しはシングルが基本なので気をつけましょう。

そして、ズボンに欠かせないベルトももちろん黒、さらに革製品や光沢のあるものは避け、なるべく地味なものを選ぶようにすると間違いがないでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ