退職届(退職願い)の理由例と書き方!円満退社をするために

退職理由

会社を退職する際、様々な理由が考えられますよね。

寿退職や定年退職などでしたら正当な理由があるために問題がありません。

しかし、特にこれらの理由がなく、会社や人間関係に不満があるなどの理由で退職や転職をするとき、上司などにどのように伝えたらいいか困りますよね。

もちろん正直に伝えることはできないと思います。

そこで会社を退職する際の退職届(退職願い)に書く理由と書き方をお伝えします。

  • 円満に退社するにはどのように書いたらいいのでしょうか?
  • 上司に正直に伝えれない場合どのような理由をつけたらいいのでしょうか?

正直な理由が書きづらい場合など参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

退職届(退職願い)に理由を書く際の例

退職届(退職願い)の理由例

会社の退職を決めた時、上司に直接伝えるという人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は退職届を出すと思います。

退職届を出す際には必ず退職理由を書きますよね。

もしもその際にはっきりとした理由がない場合にはどのように書けばいいのでしょうか?

その前に、1つ覚えていてほしいのは「会社を退職する際に厳密な理由を会社に話す義務はない」ということ。

労働法では退職の理由を問わなければいけない義務はないのです。

その為、理由が会社への不満などでも特にそのことを話す必要はありません。

もしも退職願を出す場合に一番便利なのは「一身上の都合」。

これだけ書いておけば十分なのです。

もちろん会社を辞める正当な理由があり、それを伝えたい場合にはもちろんそちらを記入しても問題はありません。

ただ、あやふやな理由なために別の適当な理由をつけると逆にそこに突っ込まれてしまい困ることになるので注意が必要です。

退職届(退職願い)の理由の書き方

退職届を書くときにはやはり何らかの理由が必要になってきますよね。

ただ「退職させていただきます」だけでは何とも力のない退職届になってしまいます。

スポンサードリンク

そんな時にはどのような内容でもしっかりと退職理由を書く必要があります。

もちろんその理由は「一身上の都合」で十分なのです。

書き方の参考例

書き方の例としては

このたび、一身上の都合により、
平成○年○月○日をもって退職したく、ここにお願い申し上げます。

とシンプルな感じで十分だと思います。

退職届(退職願い)を提出する際、円満に済む理由とは?

退職届(退職願い)の理由の書き方

会社に退職届を提出する際、あいまいな退職理由の場合、退職届には「一身上の都合」と記載しても、上司や同僚などに聞かれてしまうと困ってしまうことがありますよね。

その場合にはどのように理由を話せばよいのでしょうか。

もしも退職理由が会社や人間関係への不満の場合、さすがに周りの人には話すことはできませんよね。

しかし、正当な理由もなく退職を希望すると逆に周りに不審がられてしまいます。

そんな時に円満に退職できる理由というものがいくつかあります。

それは、「会社を退職する理由を具体的に言わない」ということです。

もしも会社の人、特に上司などに理由を聞かれた場合には、

  • 「今の仕事以外にもやりたいことを見つけた」
  • 「一度自分を見直したい」

という感じの理由がおすすめです。

このように自分探しを理由にすることによって、上司も退職を引き止めにくくなるのです。

ただ、人によってはさらに詳しく聞いてくる場合もあるのである程度の理由は考えておいた方がいいかもしれません。

まとめ

会社の退職を考えた時に、正当な理由がない場合にはやはりどのように上司などに伝えたり退職届に記入すればいいか困りますよね。

でも、正しい理由を会社側に伝える義務はないということをまず覚えておくといいでしょう。

退職届にも「一身上の都合で」というのが一番シンプルな形となります。

もしも周りに伝えなければいけない場合にも、言いたくない場合には「自分探し」などを理由にしてうまくかわすということも必要になってきますよ。

会社を辞める際に、退職理由で最後にもめてしまうというのは避けたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ