結婚式のご祝儀の金額相場いくら?友人や上司や部下で違う?

結婚式ご祝儀相場
結婚式でのご祝儀金額は悩みどころですよね。

周りよりも自分だけ少なかったりしてはケチに思われてしまうし、逆に多くても、しまった!なんて思ってしまいますよね。

もし出席者の中に聞ける人がいるのであれば打ち合わせをして同じにするのも方法の一つです。

しかしお互いに結婚式でのご祝儀金額の相場を知っていないといつまで経っても結論が出ません。

そこでここでは、結婚式ご祝儀金額相場いくらなのか?また友人や上司や部下で金額は変わってくるものなのか?を確認してみましょう。

スポンサードリンク

結婚式のご祝儀金額の相場はいくら?

結婚式のご祝儀の金額でまず気をつけたいのが2つに「割れない(別れない)」ということ。
そのため

  • 奇数の金額。
  • 奇数のお札の枚数(2万円の場合、1万円札を1枚で5千円札を2枚)。

を新札で用意するということを覚えておきましょう。

上記のことも含め結婚式のご祝儀の金額の相場は「3万円」が一般的な基本の御祝いになります。

3万円の内訳のイメージとしては

  • 1万円・・・御祝い
  • 2万円・・・食事代と引き出物代

になります。

この3万円を基本として、あとは非常にお世話になった人など個人的なお付き合いの度合いなどを加味して気持ちをプラスしていきましょう。

結婚式のご祝儀金額は友人の場合いくらがいい?

友人の場合や会社の同期など結婚式のご祝儀の金額相場はやはり友人の場合も「3万円」です。

もし結婚式の日の都合が悪く欠席するようであれば「5千円」もしくは「1万円」を用意しましょう。

スポンサードリンク

これは出席しないために食事代や引き出物代を引いた御祝いの金額になります。

贈る側、贈られる新郎新婦側のどちらからも間違いない無難な金額がこの「3万円」です。

変に新郎新婦側から常識がない!仲がいいと思っていたはずなのに残念!なんて思われてしまうのも嫌ですしね。(ほとんどの人が貴重な時間を使って来てくれてありがとう!と感謝してくれるとは思いますが・・・。)

結婚式のご祝儀金額は上司や部下の場合いくらがいい?

会社の上司や部下に結婚式に招待された時の金額の相場は3万円~5万円が目安です。

基本のベース金額としては同じように「3万円」が上司や部下に対しての相場になります。

あとは自分の年齢や役職を加味しながらプラスしていくことになります。

どういうことかというと、もしあなたが50代などで役職がついており、それなりの給与をもらっていることを部下が知っているようだったら「5万円」という選択も考えた方がいいということです。さすが部長!などと言われるでしょう!!

ただこれも迷うところで、人数が少ない会社や部署(営業所)であれば年に何回も結婚式があることは考えづらいですが、一度やってしまうと他の人にも同じ金額を出さなくてはいけなることです。

部下から上司に送る時は「3万円」でOKですが、上司から部下に送る時も割り切って「3万円」にしておくのがオススメです。

まとめ

結婚式のご祝儀の金額は、自分が20代や30代など若いうちは「3万円」で大丈夫なのですが40代・50代と年齢を重ねた時や関係が深いときなどに迷いがちです。

あとは気持ちの問題になってくるので自分の生活に支障の出ない無理のない範囲で金額のプラスをしていけば大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ