出産祝いのお返しの金額相場は?人気でおすすめの品物は何?

出産祝いのお返し

出産祝いをいただいた場合そのままにしてはいけませんよ!

出産祝いお返しは「出産内祝い」という形でお返しをするのがマナーです。

  • では、出産祝いのお返しの金額の相場はどのくらいなのでしょうか?
  • そして、品物はどのようなものが人気でおすすめでしょうか?
スポンサードリンク

出産祝いのお返しの金額の相場はいくら?

出産祝い、たくさんの人からいただいたという人が多いと思います。

もちろんお祝いの品は人それぞれ。

赤ちゃんやママにちなんだ品物をいただくこともあれば、今後使用できるように現金や商品券などでいただくこともあると思います。

その金額も人によってそれぞれですよね。

では、その出産祝いのお返しの金額の相場はどのくらいなのでしょうか?

今一番一般的なのが「半額返し」。

つまり、いただいた品物などの半額の金額分をお返しするということ。

例えば、3000円ほどの品物をいただいたのであれば、だいたい1500円くらいの品物をお返しするのがマナーです。

ただ、目上の人や高額のものをいただいたという場合には、3分の1程度の品物でお返しすることもあるようです。

両親への内祝いは半額分でなくてもOKです!

そして、両親などからも高額のものをいただくことが多いと思いますが、この場合、両親としてはこれからの生活への援助の意味合いもあります。

その為、金額にかかわらず両親が喜んでもらえるものを選ぶといいでしょう。

出産祝いのお返しで人気の商品は何?

出産祝いのお返し、できれば相手に喜んでもらえるものを選びたいですよね。

出産祝いといえば、やはり赤ちゃんの誕生をお祝いするものですよね。

スポンサードリンク

その為、赤ちゃんにまつわるものが人気です。

例えば、赤ちゃんの名前の入ったお菓子や飲み物。

定番として生まれた赤ちゃんと同じ重さのお米などもありユニークですよね。

出産祝いをプレゼントしてくれた相手も赤ちゃんの誕生を祝い送ってくれているので、赤ちゃんの名前を紹介する意味合いも含めて名前や写真の入ったものが人気です。

出産祝いのお返しでおすすめの品物は何?

出産祝いのお返しの品としてもらってうれしいものを見てみると、やはり商品券やカタログギフトが多いです。

いただいたものというのは時として必要なかったり、もらって逆に困ってしまうというものもあります。

そのため最近では出産祝いのお返しとしてカタログギフトを選ぶ人も多いのです。

ただ、カタログギフトを送る際には相手によって注意が必要です。

カタログギフトの値段というのは、送料やカタログの製作費も合わせたものなのでどうしても商品の価格が金額に見合わなくなってしまいます。

さらに、相手に商品を選んでもらうということで、相手によってはあまり喜ばないという人もいるようです。

その為、気になる人はカタログギフトとプラスアルファで別のものをプレゼントするようにするというのもいいと思いますよ。

まとめ

出産というのはとてもおめでたいものですし、出産祝いをいただくのもとてもありがたいもの。

そして、出産祝いをいただいたら必ずお返しをすることが大切です。

金額は一般的にいただいたものの半額程度。

品物は赤ちゃんの名入れのされたお菓子や普段使いができる日用品などがいいでしょう。

商品が選びきれない、友人などには名入れの商品プラスカタログギフトなど相手に選んでもらえるものを送ると喜んでもらえると思いますよ。

ただ、カタログギフトは相手によって不満に思われる人もいるので注意しましょう。

きちんと相手によって商品を選んで贈るようにしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ