祝儀袋の中袋の書き方と入れ方!ボールペンで書くのはダメ?

祝儀袋の中袋

祝儀袋中袋のマナーについて紹介をしていきます。

  • 祝儀袋の書き方は?
  • 祝儀袋の入れ方は?
  • 中袋はボールペンで書威てもいいの?

という疑問について確認してみましょう。

何かお祝い事があり、ご祝儀袋を用意することがありますよね。

祝儀袋を書くときにはいろいろとマナーがありますが、意外と見落としがちなのが祝儀袋の中袋の書き方です。

最初から慌てないように、きちんと祝儀袋の中袋の書き方までしっかりマスターしておく必要があるのです。

では、ここでは祝儀袋の中袋の書き方やそのほかのマナーについて見ていきましょう。

スポンサードリンク

祝儀袋の中袋の書き方とは?

祝儀袋の中袋の書き方ですが、簡単にいえば、表には包んだ金額を、そして裏には自分の住所、名前を書きます。

最近の市販のご祝儀袋や中袋には、きちんと金額や住所・氏名を記入する欄が印刷されているものも多くあります。

その場合には、記入欄に合わせて書けば大丈夫です。

先ほど表に金額・裏に住所・氏名といいましたが、もしも記入欄が印刷されていて、金額が裏に、住所・氏名が表にある場合にはそれに合わせて書いて大丈夫です。

金額の数字は旧漢字を使用するのがマナー!

書き方で一つ注意しておきたいのは、金額の書き方です。

慣れない人は普通の漢数字を使いがちですが、きちんと書くのであれば旧漢字を使います。

例えば、一・二・三・五・七・八・十・万・円(四・六・九はお祝いごとには包まないので省きました)は、

壱・弐・参・伍・七・八・拾・萬・圓という風に書きます。

そして裏面には記入欄の印刷がなければ左下に住所と氏名を書きます。

たとえ家が近くとも、きちんと都道府県・郵便番号も記載するとより丁寧になります。

スポンサードリンク

祝儀袋の中袋の入れ方とは?

細かいことかもしれませんが、祝儀袋の中袋の入れ方にも細かいマナーがあります。

最近は気にしない人もいるようですが、気にする方は気にするのできちんと覚えておくといいでしょう。

お金の入れ方にもマナーが!

せっかくなので、お金の入れ方から見ていきましょう。

まず、中袋に入れるお金の向きですが、

  • お札の表側が中袋の表側に向くように。
  • そして肖像画が上に来るように。

してお札を入れます。

さらに、お金の入った中袋を祝儀袋で包むときのポイントは必ず中袋の表側が祝儀袋の表側と重なるよう同じ方向を向くように包みます。

祝儀袋の中袋をボールペンで書くのはいいの?

祝儀袋に名前などを記入するときは、正式には筆や筆ペン、ない場合はサインペンなどで記入しますよね。

では、中袋の場合には何で書いたらいいのでしょうか?

中袋を書くときも、正式には筆化筆ペンで書くのがマナーです。

中には中袋ならボールペンで書いてもいいという意見もあるようですが、やはり基本的にはボールペン・万年筆もマナー違反です。

では、親しい間柄なら大丈夫なのかと思いますが、やはり「親しい中にも礼儀あり」という言葉通り、きちんとマナーを守って書くようにした方がいいと思いますよ。。

まとめ

どうでしたか?

ご祝儀袋はお祝いのために用意するものなのでとても喜ばしいことですよね。

しかし、用意するにはいろいろとマナーがあります。

祝儀袋の書き方についてはいろいろと聞いていても、いざ包もうと思ったときに意外と見落としがちなのが中袋の書き方。

とくに、中袋は祝儀袋と違い、あまり人の目に触れないので、適当に済ましてしまう人も。

しかし、中袋の記入にもきちんとマナーがありますので、しっかりとそれを守って書くようにしましょう。

祝儀袋も中袋もきちんと記入して、スマートに渡したいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ