入社式の挨拶の新入社員向け例文!抱負や伝え方とポイントは

入社式挨拶新入社員向けの例文を紹介します。

入社式の挨拶新入社員

会社に入る前に避けて通れないが入社式での挨拶ですよね。

最初の挨拶というのは、自分をアピールして知ってもらうための重要な場ともなります。

ここでしっかりとスピーチができるかどうかで今後の仕事をしていくうえで重要なポイントになってきます。

では、先輩方に良い印象を持ってもらうためにはどのような挨拶をしたらいいのでしょうか?

入社式で抱負をしっかり伝えたり、挨拶で欠かせないポイントを例文なども合わせて確認しておきましょう!

スポンサードリンク

入社式の挨拶で新入社員向けの例文

新入社員の入社式のスピーチで、もしかしたら自分が新入社員代表としてスピーチをすることになってしまう可能性もありますよね。

もちろん、代表を任されてしまうとどうしたらいいのか困ってしまうと思います。

しかし、折角の機会ですからしっかりと役目をはたして先輩方にアピールしたいところです。

ここに、入社式でのあいさつの例文を紹介したいと思います。

挨拶の例文

おはようございます。

新入社員を代表して、ご挨拶をさせて頂きます、○○(フルネーム)と申します。

この度は、私ども新入社員の為に、この様に盛大な入社式を催して頂きまして、誠にありごとうございます。

この就職難の中で、ここに参列しています同期の仲間とともに、会社の一員として迎えて頂けた事を、大変ありがたく、また嬉しく思っております。

新入社員全員、未熟な社会人一年生ですが、若さとチャレンジ精神だけはあるつもりですので、今日の感動を忘れず、何事にも謙虚な気持ちで全力投球でぶつかっていきたいと思っております。

これから、何かとご面倒をおかけすると思いますが、一日でも早く会社の戦力となれますよう、厳しくご指導頂きますようよろしくお願い申し上げます。以上、簡単ではございますが新入社員を代表して、感謝と決意の言葉とさせていただきます。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

入社式の挨拶では抱負をしっかり伝えよう

入社式の挨拶をする場合に、内容で欠かせないのが「抱負」です。

抱負とは目標達成に向けた計画となるわけですが、抱負をしっかりアピールすることで仕事へのやる気などを伝えることができます!

では、どのように抱負を語ればいいのでしょうか?

ここに例として、入社式に絶対に盛り込みたい抱負の例をいくつか紹介したいと思います。

豊富の例文(1)

社会人になるにあたって、自分の良い部分は伸ばしていき、短所は改善していく所存です。

これからどんどん仕事に慣れ、諸先輩方のように会社の戦力になれるよう努力していきますので、どうかよろしくお願いします。

豊富の例文(2)

社会人となった今日この日の気持ちを忘れず、日々仕事に励むつもりでございます。

どうかご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

入社式の挨拶で欠かせないポイントとは?

入社式の挨拶といえば、やはりある程度決まった形がありますよね。

しかし、形ばかりにとらわれていては自分の個性をアピールすることができず、印象を与えることができません。

もちろん形も大切ですが、基本ポイントはしっかりと抑えてオリジナリティーを盛り込んだ挨拶にするといいでしょう。

挨拶で欠かせないポイントの流れ

では、そんな挨拶で欠かせないポイントの流れを見ていきましょう。

  • まず簡単な自己紹介、名前・出身地・出身大学・専攻に合わせて趣味や特技なども盛り込みましょう。
  • 次に、入社の喜びと感謝の気持ちを述べます。
  • さらに、会社・仕事への抱負や決意をしっかりと伝えます。
  • そして最後に上司や先輩へのお願いの言葉をしっかりと述べて占めるとよいでしょう。

このような流れで挨拶をするとスムーズですよ。

まとめ

入社式の挨拶は、しっかりと準備をしておいても緊張してしまうものです。

しかし、入社式は自分の抱負などを述べることで会社の先輩などに一番最初に自分をアピールできる場所でもあります。

ここでしっかりと挨拶をして今後の仕事につなげていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ