フケの原因と対策!ふけを防止するおすすめの方法とは?

フケが多い原因にはどんな理由が考えられるでしょうか?

フケの原因と対策

また、フケが出るのをなくす対策には、

  • 乾燥を防止して保湿したり
  • フケが落ちる原因となる治らないかゆみを治す
などシャンプーや頭皮を改善する美容液で予防しながら対策していくのがおすすめ!

またフケの原因となるシャンプーの仕方の注意点も確認していきましょう。

今使用しているシャンプーが自分の頭皮に合っていない!

シャンプーを選ぶときは、CMや店頭のPOP、起用されているタレントの好みなんかで決めていませんか?

シャンプーの洗浄成分にはいろいろな種類があります。

石油系シャンプー

例えば、石油系のシャンプーはコストが安いというメリットがある反面、

化学合成された成分で洗浄力が強いので敏感肌の人など頭皮にダメージを与えやすいのが特徴です。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系のシャンプーは少し価格が上がりますが、天然成分や無添加のものが多く、頭皮を優しく洗いあげてくれます。

シャンプーの選び方は大切!

このように、普段なにげなく使用していたシャンプーが自分の頭皮に合っていないことが原因で、頭皮環境が変化してしまうことがあります。

フケが出ると悩んでいる場合は、いま使用しているシャンプーが髪の毛ではなく、頭皮に合っているのか?というのを見直してみるのがおすすめですよ。

フケ対策におすすめのシャンプー

コラージュフルフルネクスト

コラージュフルフルネクスト

毎日髪の毛を洗っているのに、フケ・かゆみが治らない!という人にオススメなのが持田ヘルスケアが開発した、薬用のシャンプー&リンス。

コラージュフルフルネクストはフケの原因となる原因菌を抑える抗カビ成分「ミコナゾール硝酸塩」を配合した敏感肌でも使えるシャンプーとリンスです。

「すっきりさらさらタイプ」「うるおいなめらかタイプ」の2種類から選べます。

⇒コラージュフルフルネクストの公式サイトはこちら

頭皮のにおいを防ぐ成分も配合されています!

コラージュフルフルスカルプシャナンプー

コラージュフルフルスカルプシャナンプー

頭皮を洗いすぎると皮脂を取りすぎてしまい乾燥でフケ・かゆみを招いてしまう!逆に洗わなければ、頭皮のカビが増え、フケ・かゆみの原因になってしまいます。

こんな2つの原因を防ぐのがコラージュフルフルスカルプシャンプーです。

⇒コラージュフルフルスカルプシャナンプーの公式サイトはこちら

フケかゆみを防ぐ抗カビ成分と潤いをチャージする10週類の植物成分を配合した「フケの原因菌」と「皮脂」を低刺激で優しく洗浄してくれるスカルプシャンプーです。

頭皮が乾燥している!

シャンプーのし過ぎは、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

髪の毛の洗いすぎには注意!

また、市販の洗浄力の強いシャンプーもスッキリ管がある反面、頭皮に必要な皮脂を根こそぎ洗い流してしまいます。

その結果、

  • 頭皮が乾燥する
  • かゆみが発生する
ということになり無意識のうちの髪の毛を掻いたりすることがフケの原因になってしまいます。

先程のように、シャンプー剤を変えるのはもちろんですが、頭皮を保湿する頭皮専用の美容液を使ってみるのがおすすめです。

頭皮は、顔などと同じ皮膚です。ただ「毛」が生えているだけの違いです!!

なのに、顔などの肌や皮膚は一生懸命ケアをするのに、頭皮はなんのケアをしていない!という人が多いのです。

頭皮の乾燥を防ぎ保湿ケアしてくれるおすすめアイテム!

頭皮専用の美容液「すこやか地肌」

すこやか地肌

今までありそうでなかった頭皮専用の美容液です。

  • かゆみ
  • フケ
  • 乾燥
  • あかみ
にイライラしてしまう人にオススメの、頭皮トラブルを改善してくれる美容液です。

⇒ すこやか地肌の公式サイトはこちら

【男女兼用】で、使った後でも対応してもらえる45日間の返金保証も付いているのが特徴です!

シャンプーの仕方が間違っている!

シャンプーの仕方でもフケの発生を引き起こすので注意が必要です。

シャワーの温度に注意!

40度を越す温度のシャワーでシャンプーをすると、皮脂を洗い流しすぎてしまいます。

頭皮に成分が残らないよう注意!

また、シャンプー剤やトリートメントなどの成分が頭皮にの駆らないようにしましょう。

特にトリートメントなどの成分は髪の毛を保護するものであって、頭皮を保護するものではありません。

しっかり頭皮に成分が残らないように洗い流しましょう。

毛穴に成分が詰まってしまうと、頭皮御環境が悪化して「抜け毛」の原因になってしまいます。

最近「抜け毛」が増えてきたかな??という人は要注意ですよ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ