髭(ヒゲ)を抜くと生えなくなる?濃くなる?何かデメリットあるの?

髭を抜くと生えなくなる

髭(ヒゲ)抜くと生えなくなるのか、それとも逆に髭を抜いてしまうと濃くなるのでしょうか?

また、髭(ひげ)を抜くことによってデメリットとメリットには何があるのでしょうか。

ビジネスマンの男性にとって毎日の髭のお手入れは身だしなみとしてとても大切なものですよね。

そんな男性の中に髭を抜くのがクセになっている人もいます。

髭の剃り残しが気になってついつい抜いてしまうという人もいますし、「抜いたら生えてこなくなる」という噂を信じて抜いているという人も少なくありません。

しかし、実際に髭を抜くとどうなるのか知っていますか?

今回は髭を抜くことで起こりうるメリットやデメリットなどについてご紹介します。

●関連記事

髭を抜かなくてもヒゲを薄くして処理をラクにする方法、青髭の対策方法など紹介しています。

⇒「髭が濃い男性の青髭対策の方法とは?」の記事へ

    目次

  • 髭を抜くと生えなくなる?それとも逆に濃くなる?
  • 髭を抜くとデメリットある?
  • 髭を抜くメリットとは?
  • まとめ
スポンサードリンク

髭を(ヒゲ)抜くと生えなくなる?それとも濃くなる?

髭を抜くと生えなくなるのでしょうか、それともひげが濃くなってしまうのでしょうか。

髪の毛を抜くと毛根がダメージを受け生えてこなくなるという話を聞いたことがありませんか?

髭も「毛」ですから、同じように抜けば生えてこなくなると思っている人も多いかと思います。

しかし、実際に髭を抜き続けた人の話を聞くと、濃くなったという人もいます。

これは、髭を抜くことで抜かれる前よりもしっかりとした髭を生やそうとして髭が太くなるためだと考えられます。

髭(ヒゲ)を抜いても生えなくならない!

髭(ヒゲ)を抜いても生えなくはなりません、また髭は生えてきます。

髭を抜くことで

  • ヒゲが生えてこなくなる
  • ヒゲが薄くなる
というようなことは無いのです。

それどころか髭を(ヒゲ)抜くことによりデメリットもあるので要注意です!

スポンサードリンク

髭(ヒゲ)を抜くとデメリットが何かあるの?

髭(ヒゲ)を抜くと何かデメリットあるのでしょうか?

髭を抜くことがついつい癖になってしまうと、様々なデメリットがあることに気づくのではないでしょうか?

肌(皮膚)が赤くブツブツになる!

髭(ヒゲ)を抜いて気になるのが、抜いたところがブツブツと赤くなってしまうということです。

これが髭を抜いた部分がダメージを受けて赤くなってしまうのですが、さらに症状が悪化してしまうと毛包炎という症状が起きます。

これは、髭を抜いた部分に細菌が侵入し、繁殖してしまっている状態なのです。

肌(皮膚)が黒くシミのような跡が残る!

髭(ヒゲ)を抜き続けていると気になるのが、皮膚が黒ずんでシミのような跡が残ってしまうことです。

これは、髭を抜くことによって皮膚がダメージを受け、メラニン色素が発生することで黒ずんでしまうのです。

最悪の場合跡が残ってしまい消えなくなってしまう事もあるので注意が必要です。

髭を抜くのには時間がかかる!

髭を抜くのには時間を使います。

本数や量が多い男性ほど手間がかかります。

それに髭を抜くとき鼻の下(上唇の上)は痛いです。

髭(ヒゲ)を抜いたあとの手入れは簡単かもしれませんが、デメリットもいろいろあるのです!

肌(皮膚)の中で髭が伸びる埋没毛になる!

埋没毛は、髭が表面に生えずに皮膚の中で埋まってしまっている状態です。

なぜこのような事が起こるかというと、髭を抜くことで皮膚がダメージを受け、よりしっかりとした皮膚を作るためです。

その結果、髭が表に出られずに肌(皮膚)の中に埋まってしまうのです。

髭(ヒゲ)抜くとメリットはあるの?

髭を抜くことでメリットもあるのでしょうか?

髭を抜くことはデメリットしかないと思うかもしれませんが、もちろんメリットもあります。

髭を抜くと

  • 髭を剃るのが楽になったり時間が節約できる
  • 強く深剃りをしなくていいのでカミソリ負けを防ぐことができる
  • 青髭にならなくてすむ
などというメリットがあります。

ただ、自分で髭を抜くと皮膚にダメージを与えてしまい様々な症状があらわれてしまうので、例えお金はかかってもきちんとしたサロンやクリニックで抜いてもらうようにしましょう!

●関連記事

髭を抜いヒゲを薄くするとデメリットがあります。ヒゲ処理をラクにしながら肌トラブルを防ぎ、青くみえる青髭の対策方法などを紹介していますのでチェックしてみてください。

⇒「髭が濃い男性の青髭対策の方法とは?」の記事へ

まとめ

自分で髭を抜く場合、皮膚が炎症を起こしたり、赤いブツブツが残って印象が悪くなるなど様々なデメリットがあります。

もしも髭を抜きたいというのであれば、専門機関で正しく抜いてもらったり、自分で抜く場合にも専用のアイテムなどを使用し、肌に負担をかけないようにすることが大切です。

髭を抜いていれば髭が生えてこなくなると勘違いしている男性も多いようですが、実際には皮膚にダメージを与えることでより太く、しっかりとした髭が生えてしまう事になります。

例え髭が気になってもむやみに抜こうとせずにきちんと処理をしていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ