白髪が増えてきたり多くなってきたときの対処法10選!

白髪が増えてきた写真

白髪が最近増えてきた、白髪が多くなってきたと感じ始めたとき気になりますよね。

でも何も対策しないことで白髪が目立つし、見た目が老けて見られるのも嫌です。

そんな時どのような白髪への対処や対策をしたらいいのでしょうか。

白髪の対処法の種類とそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

    目次

  • 白髪が増えてきたらどんな対処方法の種類がある?
  • 白髪染めヘアカラーの特徴とメリット・デメリット
  • 白髪染めカラーシャンプーの特徴とメリット・デメリット
  • 白髪染めトリートメントの特徴とメリット・デメリット
  • 白髪ぼかしの特徴とメリット・デメリット
  • 白髪を黒髪に戻すシャンプーの特徴とメリット・デメリット
  • 白髪にふりかける粉(パウダー)の特徴とメリット・デメリット
  • 白髪隠しファンデの特徴とメリット・デメリット
  • 白髪隠しスティックの特徴とメリット・デメリット
  • 白髪用カラーワックスの特徴とメリット・デメリット
  • 頭皮ケア美容液の特徴とメリット・デメリット
  • まとめ
スポンサードリンク

白髪が増えてきたらどんな対処方法の種類がある?

白髪が増えてきたときの対処方法

白髪が増えてきたらどのような対処方法があるのでしょうか。

白髪が増えてくると気になるのが見た目の年齢のこと。

白髪が多くなると老けて見られてしまうので嫌ですよね。

周りからは大丈夫と言われても、自分ではどうしても白髪が気になってしまうものです。

もちろん白髪の量にもよりますが、白髪対策の方法はいろいろあります。

白髪の対処法について順番にチェックしていきましょう。

白髪染めヘアカラーで対処する方法の特徴

白髪染めのヘアカラーは、一般的によく使用されている対処方法で、まず最初に思いつく方法ではないでしょうか。

白髪染めヘアカラーは、すぐに白髪を何とかしたいときに効果的です。

白髪染めヘアカラーのメリット

白髪染めヘアカラーは髪の毛を染めるのでメリットがあります。

白髪染めヘアカラーは

  • 1回でキレイに染まる
  • カラーの種類が多く好きな色を選ぶことができる明るい色にもできる
  • 明るい色にもできる
  • 色持ちが良い
  • 市販でも販売されているので自分で染めることができる
などの特徴やメリットがあります。

白髪染めヘアカラーのデメリット

白髪染めヘアカラーは化学反応によって髪の毛を染めるのでデメリットもあります。

白髪染めヘアカラーは

  • 髪がダメージを受け傷むる可能性がある
  • 臭いが苦手な人がいる
というデメリットがあります。

まだ白髪の数や量が少ないようでしたらこのあと紹介する白髪用シャンプー・トリートメント・ぼかしがおすすめです。

白髪染めカラーシャンプーで対処する方法の特徴

白髪染めカラーシャンプーにはどのような特徴があるのでしょうか。

白髪染めカラーシャンプーで対処するときのメリットとデメリットをみていきましょう。

白髪染めカラーシャンプーのメリットとは?

白髪染めカラーシャンプーのメリットには

  • シャンプーとしても併用使用できる
  • 髪の毛へのダメージが少ない
  • 髪の毛をコーティングするためキレイな仕上がりになる
  • 自宅で1人で手軽に染めることができる
などの特徴があります。

白髪染めカラーシャンプーのデメリットとは?

白髪染めカラーシャンプーのデメリットには

  • 色が落ちやすい
  • 色が落ちてしないよう使い続ける必要がある
  • 黒髪には色が入らず、白髪も暗い色しか染められない
などの特徴があります。

ROOT VANISHヘアカラーシャンプー

毎日シャンプーするたび自然に白髪が染まるROOT VANISHヘアカラーシャンプー。

白髪を徐々に染めながら髪の毛にツヤ・潤いを与えてくれます。

ROOT VANISHヘアカラーシャンプーは

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン
の3種類です。



KIWABI ROOT VANISH 白髪染めカラーシャンプー公式サイトはこちら

白髪染めトリートメントで対処する方法の特徴

白髪染めトリートメントにはどのような特徴があるのでしょうか。

白髪染めトリートメントで対処するときのメリットとデメリットをみていきましょう。

白髪染めトリートメントのメリットとは?

白髪染めトリートメントのメリットや特徴には、

  • 髪の毛へのダメージが少ない
  • 髪の毛をコーティングするためキレイな仕上がりになる
  • 自宅で1人で手軽に染めることができる
などがあります。

白髪染めトリートメントのデメリットとは?

白髪染めトリートメントのデメリットや特徴には、

  • 色が落ちやすい
  • 色が落ちてしないよう使い続ける必要がある
  • 黒髪には色が入らず、白髪も暗い色しか染められない
  • 白髪染めシャンプーに比べるとムラになりやすい
などがあります。

LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

髪をいたわりながら美しく白髪染めができると人気のLpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント。

LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは、

  • フコイダンをたっぷり含んだ昆布エキスにより髪や頭皮に優しい
  • 微アルカリ性で染まりやすい
  • きちんと染まるのに髪がツヤツヤに潤う
  • 無添加で安心
  • 素手でも白髪染めができる(手についてもスグ落とせる)
というヘアマニキュアタイプの白髪染めです。



簡単なのにきちんと染まる白髪染めトリートメントLpLp(ルプルプ)の公式サイトはこちら

白髪ぼかしで対処する方法の特徴

白髪ぼかしにはどのような特徴があるのでしょうか。

白髪ぼかしで対処するときのメリットとデメリットをみていきましょう。

白髪ぼかしのメリットとは?

白髪ぼかしのメリットや特徴には、

  • 白髪染めに比べて髪の毛の傷みが少ない
  • 黒い髪の毛はそのままで白髪に色が入る
  • 短時間で白髪に色が入る
などがあります。

白髪ぼかしは、まだ白髪の本数や量が少ない人におすすめです。

白髪ぼかしのデメリットとは?

白髪ぼかしのデメリットや特徴には、

  • 白髪染めに比べて色が落ちるのが早い
  • 色の数が少ない
などがあります。

スポンサードリンク

白髪を黒髪に戻すシャンプーで対処する方法の特徴

白髪を黒髪に戻すシャンプーにはどのような特徴があるのでしょうか。

白髪を黒髪に戻すシャンプーで対処するときのメリットとデメリットをみていきましょう。

白髪を黒髪に戻すシャンプーのメリットとは?

白髪を黒髪に戻すことができたら嬉しいですよね。

白髪を染めると、髪の毛が伸びた時どうしても伸びた部分の根本だけが白くなってしまうので、また染めたくなってしまいますよね。

しかし黒い髪に戻すことができたら、髪の毛が伸びても根元の白い髪の毛目立つこともなありません。

白髪を黒髪に戻すシャンプーは

  • 髪の毛が伸びても黒い髪の毛だから白髪染めをしなくてすむ
  • 髪の毛が傷まない
  • いつものシャンプーを変えるだけで手間がかからない
などの特徴があります。

白髪を黒髪に戻すシャンプーのデメリットとは?

白髪を黒髪に戻すシャンプーは

  • すぐに白髪が黒い髪の毛に戻るわけではないので時間がかかる
というのがデメリットです。

白髪を黒髪に戻すシャンプーは白髪を染めるわけではないので今スグに白髪を何とかしたい人には不向きです!

黒髪クリームシャンプーKAMIKA(カミカ)

KAMIKAは泡立たない”クリームシャンプーというのが特徴。

泡立てる時の摩擦ダメージも軽減しながら頭皮マッサージをすることができます。

黒髪クリームシャンプーKAMIKA(カミカ)には黒髪を作り出す

  • ヘマチン
  • メリタン
の白髪ケア成分がダブル配合されています。

また1本5役のオールインワンシャンプーなので

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • トリートメント
  • 頭皮ケア
  • 白髪染め後のパサつきケア
といった手間のかかる髪の手入れがKAMIKA1本でできてしまうのです。



黒髪クリームシャンプー【KAMIKA】の公式サイトはこちら

白髪にふりかける粉(パウダー)で対処する方法の特徴

白髪にふりかける粉(パウダー)にはどのような特徴があるのでしょうか。

白髪にふりかける粉(パウダー)で対処するときのメリットとデメリットをみていきましょう。

白髪にふりかける粉(パウダー)のメリットとは?

白髪にふりかける粉(パウダー)は髪の分け目の根本の白髪が目立つ人におすすめの対処方法です。

白髪にふりかける粉(パウダー)は

  • 出かける前に簡単にできる
  • 使いたいときだけ気軽に白髪を隠すことができる
  • シャンプーで簡単に落とせる
などの特徴があります。

白髪にふりかける粉はパウダーをふりかけて付着させるため、髪のボリュームアップでき髪の毛の量が少ない(薄毛)が気になる人にもオススメです!

白髪にふりかける粉(パウダー)のデメリットとは?

白髪にふりかける粉(パウダー)は毎日使うにはコスパが悪いというデメリットがあります。

白髪隠しファンデで対処する方法の特徴

白髪隠しファンデにはどのような特徴があるのでしょうか。

白髪隠しファンデで対処するときのメリットとデメリットをみていきましょう。

白髪隠しファンデのメリットとは?

サッと手軽に必要なときに塗るだけで分け目の白髪を隠すのにおすすめです。

白髪隠しファンデのデメリットとは?

毎日使うには白髪にふりかける粉(パウダー)と同じくコスパが悪いです。

シャンプーで簡単に落とすことができますが毎日使うにはコスパが悪いというデメリットがあります。

白髪隠しスティックで対処する方法の特徴

白髪隠しスティックにはどのような特徴があるのでしょうか。

白髪隠しスティックで白髪を対処するときのメリットとデメリットをみていきましょう。

白髪隠しスティックのメリットとは?

白髪隠しスティックは、サッと手軽に必要なときに塗るだけで分け目の白髪を隠すことができます。

出掛ける前や外出先でも簡単に白髪ケアができます。

持ち運びできるので旅行や出張先にも持って行くことができます。

白髪隠しスティック(白髪隠しブラシ)のデメリットとは?

白髪隠しスティックは手軽という反面、毎日使うには白髪にふりかける粉(パウダー)と同じくコスパが悪いというデメリットがあります。

白髪染めではないのでシャンプーで髪の毛を洗えばまた白髪に戻ります。

白髪隠し専用ROOT VANISHカラーリングブラシ

白髪隠し専用ROOT VANISHカラーリングブラシは手軽に白髪を簡単にケアできるアイテムです。

気になる部分の白髪にサッと塗るだけで簡単に白髪を隠すことができます。

天然成分で無添加なのでシャンプーで落とすことができます。

そのため一時的な白髪隠しということになります。

ROOT VANISHヘアカラーシャンプーは

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン
の3種類です。



KIWABI ROOT VANISH 白髪隠しカラーリングブラシ公式サイトはこちら

白髪用カラーワックスで対処する方法の特徴

白髪を染めず、その日の気分に合わせてカラーを楽しめるヘアワックス。

白髪を染めず塗るというイメージです。

白髪用カラーワックスのメリットとは?

白髪用カラーワックスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。メリット

白髪用カラーワックスは白髪を染めないので

  • 髪の毛へのダメージがない
  • 頭皮トラブルがない
という特徴があります。

そのほか白髪用カラーワックスなら

  • 白髪をカバーできる
  • 髪の毛のボリュームアップができる
  • ヘアワックス(整髪料)として使える
というメリットがあります。

とくに白髪の量が増えた40代~60代の男性におすすめです。

EMAJINY(エマジニー)カラーワックス

白髪用カラーワックスでおすすめはEMAJINY(エマジニー)カラーワックスです。

EMAJINY(エマジニー)カラーワックスには豊富なカラーバリエーションがあります。

例えば

  • フォーマルブラック(黒)
  • チョコレートブラウン(濃茶)
  • コンクリートグレイ(濃銀)
  • シルバーアロー(銀)
  • スーパームーン(銀)
など、10種類以上のカラーバリエーションの中から選ぶことができます。



EMAJINY(エマジニー)ヘアカラーワックス公式サイトはこちら

頭皮ケア美容液で白髪を対処する方法の特徴

頭皮ケア美容液にはどのような特徴があるのでしょうか。

頭皮ケア美容液で白髪を対処するときのメリットとデメリットをみていきましょう。

頭皮ケア美容液のメリットとは?

頭皮ケア美容液の役割は頭皮の環境を整えることです。

頭皮ケアをすることで新しく生えてくる髪の毛を元気にすることがでるというメリットがあります。

頭皮が元気でないと良い髪の毛が生まれてきません。

紫外線や整髪料などで頭皮がダメージをうけていたり環境が悪いなどの状態で元気な髪の毛にマイナスです。

髪の毛のために頭皮ケアをして環境を整える必要があります。

頭皮ケアをするにあたりおすすめなのが頭皮美容液。

頭皮美容液は白髪改善に有効な美容成分が含まれているものも多いのです。

まとめ

白髪が増えてきた、白髪が多くなってきたとき気になるのは当然です。

急に老けてしてしまった感じがしますよね。

いつまでも見た目は若くいたいもの。

白髪があるのと無いのでは見た目が大きく違います。

今まであった白髪が急に無くなると不自然です。

白髪が増えてきた、白髪が多くなってきたと感じたら早めに対処するのがおすすめです。

 PICK UP! 

身だしなみで相手の印象が左右してしまいますよね。

服装以外にも見た目のは印象で損をしないように対策しておく必要があります。

⇒身だしなみのマナーと対策!好感度を上げるにはどうしたらいい?

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ