自分の長所と短所がわからない人の見つけ方とは?

自分の長所と短所が分からない人のために見つけ方を紹介しています。

就職の際の面接や履歴書には長所と短所の質問がありますがどう答えたらいいか、わからない人も多いのではないでしょうか?

自分の長所と短所がわからない

そこで自己アピールにもつながる長所と短所の見つけ方、答え方を確認していきましょう!

●関連記事

⇒面接での長所の答え方の例文!やはり真面目をアピール!?

⇒面接の短所の答え方例文!上手な答え方とは?

⇒長所と短所の一覧!面接や履歴書で短所を言い換える表現!

    目次

  • 自分の長所と短所は必ず聞かれる質問!
  • 自分の長所の見つけ方とは?
  • 自分の短所の見つけ方とは?
  • まとめ
スポンサードリンク

自分の長所と短所は必ず聞かれる質問!

就職活動をしていると、欠かせないのが履歴書の作成、そして実際に就職を希望する企業に応募をすれば、その先に待っているのが面接です。

履歴書にも記入欄があることもありますが、もしなくても、

面接の際に必ずと言っていいほど聞かれる質問が、自分自身の長所・短所を答えてくださいというもの。

確かに担当者にとって、あなたのことを知るためには長所・短所を知ることはとても参考になります。

もちろん面接の前には、自分自身の長所と短所をあげ、それをどう自己アピールにつなげていけばいいのか考えておく必要があります。

しかし中には自分自身の長所・短所が何なのか良くわからない人もいるのです。

そこで順番に自分自身の長所の見つけ方、自分の短所の見つけ方について見ていきましょう。

自分の長所の見つけ方とは?

意外と難しい、自分の長所の見つけ方とは?

特に自分自身に自信がないという人は、自分なんかに長所なんてあるのかなとまで思ってしまう人もいますよね。

しかし、人には必ず良いところというものはありますし、もちろん長所もあります。

ただそれに自分自身で気づいていないだけなのです。

では自分の長所はどうやって見つければいいのでしょうか?

自分のことを第三者として客観的に見る!

まず大切なのは、自分自身に深く考え込まずに、第三者としてみてみることです。

自分自身を客観的に見ることで、良いところ・悪いところ、意外といろいろと見えるものなのです。

でも、客観的と言ってもなかなか難しいものですよね。

そんなときは中のいい友人に聞いてみるのも方法の一つです。

ただ、他の人に自分の長所を聞くというのも恥ずかしいという場合は過去を思い出しながら自分でみつけましょう!

思い出してみる!

今まで自分が人よりも秀でていることがあった事柄を思い出してみましょう。

どんな小さなことでも構いません。

例えば、
  • 集団生活で誰も気づかないようなところを掃除していて先生に褒められたことがある
  • 何かを決めるときになかなか案が出ず、ふと思いついたことに周りが飛びつきすぐに決まった
など。

これは紛れもなくあなたの長所なのです。

先生に褒められたのは、細かいところによく気が付くという長所の表れです。

また自分のアイデアが採用されたことは、自分自身の考えをしっかりと持っている、自己主張ができるという長所という事になります。

他にも、得意なことがあれば、それから長所を探っていくという方法もあるでしょう。

誰にでも長所はあるものです。

ぜひ周りの人にアピールできるような長所を探してみてください。

スポンサードリンク

自分の短所の見つけ方とは?

長所と違い、短所というといくらでも出てくるという人もいますよね。

それは自分に自信がなく、マイナス思考な人に多いものです。

人には誰でも短所はあるものです。

しかし、自分では短所と思っていても、人によってはそれが長所に見えることもあるのです!

例えば、何を作業するにも人より時間がかかってしまうという人がいたとします。

仕事が遅いことはもちろん短所ですが、完成させたものが人よりも良いものであれば、それは長所にもなり得るのです。

つまり、短所というのは必ずしもマイナスイメージにつながるものではなく、時には相手にプラスのイメージを与えることもあるのです。

自分の短所を見つけるとき、やはり考えれば考えるほど気がめいってしまうかもしれません。

でも、その短所の言い方をちょっと変えるだけで長所になり得るのです!

そして、人によっては自信過剰で自分には短所なんてないと考えている人もいるでしょう。

そんな人は、やはり今までの人生の中で、同じようなことを人に指摘されたことがないか考えてみましょう。

例えば、話し出すと止まらない、人の話を聞いてくれないなど。

確かにこれは、自分の意見を言えるという長所にもなりますが、協調性が欠ける・人の意見を取り入れることが出来ないという短所にもつながります。

完璧な人間はいないわけですから、どのようなことが人から見てみると短所に見えるのか考えてみましょう。

まとめ

今まで自分の長所や短所など考えたことがなく、いざ考えるとなるとどうしても見つからない・もしくはあいまいになってしまうという事もあると思います。

そんな時は自分自身を客観的に見たり、過去の人生を振り返ってみましょう。

人に褒められたこと・逆にとがめられたことなどが自分にとっての長所・短所かもしれません。

難しいかもしれませんが、ぜひ一度自分を見つめなおして自分の長所・短所を探してみてください。

●関連記事

⇒面接での長所の答え方の例文!やはり真面目をアピール!?

⇒面接の短所の答え方例文!上手な答え方とは?

⇒長所と短所の一覧!面接や履歴書で短所を言い換える表現!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ