敬語の使い方一覧表!謙譲語と丁寧語と尊敬語の使い分けは?

敬語の使い方一覧
ビジネスでよく使う敬語ですが謙譲語や丁寧語や尊敬語と種類があるけど違いや二重敬語にならないための使い方が分からない人も多いはずです。

そこで敬語の使い方一覧表でわかりやすくまとめました。正しい謙譲語と丁寧語と尊敬語の使い方と違いを理解し使い分けをしていきましょう。

スポンサードリンク

敬語の使い方「謙譲語」編

謙譲語というのは自分側の行為や物事に対しての内容を、相手の方へ丁寧に伝えたいときに使用する敬語です。

謙譲語のキーワードは「自分のこと」ということです。
あとからお伝えする尊敬後のキーワードは「相手のこと」です。

謙譲語の使い方の参考例としては、

「お」「ご」~~「します」「する」 お伝えします。
「お」「ご」~~「いたす」 ご連絡いたします。
「お」「ご」~~「いただく」 お話しいただく。

このように使います。

敬語の使い方「尊敬語」編

尊敬語は相手のことを立てて表現するときに使用する敬語です。

先にもお伝えしたよう

  • 「相手側の内容を話すとき=尊敬語」
  • 「自分側の内容を話すとき=謙譲語」

となりますから、どの立場の人のことを言うかという違いさえ覚えておけば簡単ですよね。

尊敬語の使い方の参考例としては、

「れる」「られる」 「お電話される。」
「お」「ご」~~「になる」「なさる」 「ご出席なさる。」
「お」「ご」~~「くださる」 「ご意見くださる。」

このように使います。

スポンサードリンク

敬語の使い方「丁寧語」編

丁寧語というのはビジネスだけでなく一般的な敬語でよく使われており、物事をていねいに伝えたいときに使用します。

言葉の最後に「です。」「ます。」をつけたり、言葉の最初に「お」を付けて話をしたり表現したりする丁寧な言葉です。

丁寧語の使い方の参考例としては、

「です」「ます」「ございます」 「ありがとうございます。」
「お」「ご」 「お話」「ご連絡」

このように使います。

敬語の一覧表

上記で説明した内容をよりわかりやすくするために一覧表にしました。

こうすると違いや使い分け方のイメージがわかりやすいですよね。

基本の言葉 謙譲語 尊敬語 丁寧語
行く うかがう いらっしゃる 行きます
帰る 失礼する お帰りになる 帰ります
する させていただく なさる します
言う 申し上げる おっしゃる 言います
見る 拝見する ご覧になる 見ます
知っている 存じ上げる ご存じ 知っています
食べる いただく 召し上がる 食べます

まとめ

ビジネスシーンでは取引先のお客様や社内の上司など敬語を必要とする機会は多いです。
ビジネスマナーがしっかりしているかどうかは言葉使いからも評価をされてしまうし印象も変わってしまいます。
使いなれないうちは違和感があるかもしれませんが、だんだんと慣れてきます。

普段何気なく聞いている周りの人たちの敬語の使い方にも、これからは耳をすましてみましょう。いろいろな気づきがあるはずですよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ