部下の教育や指導方法のポイント6選!

部下の教育や指導方法のポイントをお伝えしています。

部下の教育や指導の仕方がわからないと悩みを持つ上司の方も多いと思いますので参考にしてみてください!

部下の教育や指導

自分の部下が最初から優秀で、自分一人で何でもできるという事はほとんどありませんよね。

最初は上司であるあなたがきちんと部下を教育する必要があります。

いつまでも部下が成長してくれないと、あなた自身も「使えない上司」と思われてしまいます!

それに、部下を教育することは、仕事の効率にもつながっていくものなのです。

今回は、失敗しない部下の教育や指導のポイントについて紹介します。

    目次

    部下の教育のポイント6選!

  • ①部下に指示を出す時は具体的に
  • ②上司としての姿を部下に見せる
  • ③部下に難しいことを押し付けない
  • ④教えたことは1度ではなかなか覚えないことを知る
  • ⑤部下ときちんとコミュニケーションを取る
  • ⑥部下に仕事をすべて任せてみる
  • まとめ
スポンサードリンク

部下の教育や指導方法6選!

部下の教育や指導におすすめの方法を紹介しています。

なかなか思うように成長してくれない部下に対しては、どのように教育したり指導していけばいいのかわからないと悩みをもつ上司の方は参考にしてみてください!

部下に指示を出す時は具体的に!

上司の中には、出来ない部下に対して

  • 「もっとしっかりやれ」
  • 「きちんとしろ」
などと叱る人もいますよね。

しかし、これはただ怒られているだけであって、部下には伝わりません。

叱るときには

  • どこがだめだったのかを具体的に話す
  • 指導をするときにもきちんと部下に理解してもらえるように具体的な内容を伝える
ということが大切なのです。

上司としての姿を部下に見せる!

上司の中には部下にはきちんと教育・指導をしているにもかかわらず、上司である自分自身はできていない人が結構多いんです。

しかし、自分でできもしないものを部下に押し付けるような上司に部下はついていきませんし、いくら教えても意味がありません。

部下に教えたいことは、まず自身が見本を見せることで

  • 部下も見てやり方を覚える
  • あなた自身を尊敬してくれる
というようになり信頼が生まれます。

部下に難しいことを押し付けない!

仕事というのはその人によって得手・不得手がありますよね。

それはもちろん指導内容も同じです。

何かを教える場合、そのやり方できちんとできる人もいれば、難しい人もいるでしょう。

この場合、教えたやり方が理解できなければその部下は伸びません。

本当は理解できていないのに、わかったふりをする部下もいます!

まず大切なのは、

  • 誰でもできる方法を教える
  • ちゃんと理解できているのか確認する
ということが大切です。

これなら誰にでも同じものを任せることが出来ますし、部下自身も自信がつきます。

スポンサードリンク

教えたことは1度ではなかなか覚えないことを知る!

あなた自身は知っていることを教えるだけなので、一度教えればそれで終わりと思っていませんか?

しかし、部下は1度で全てを理解できないこともあります。

それなのに、失敗をした場合

  • なぜ教えたとおりにできない!
  • 気がゆるんでいる!
と叱ることになり、あなたも部下にもストレスとなります。

一度教えたことは、きちんと覚えているか確認をすることで、確実に学習したか知ることが出来ます。

部下ときちんとコミュニケーションを取る

部下を教育するうえで大切なのはコミュニケーションをとることです。

もしもあなたが話しかけやすい上司であれば、部下は黙っていてもわからないことを聞いてきてくれるでしょう。

しかし逆にとっつきにくい上司の場合、聞きたいこともそのままにしてしまい、結局失敗につながるという事が少なくないのです。

それを防ぐためには、普段からまめに

  • コミュニケーションをとる
  • 話しやすい人間関係を作っておく
ということも大切です。

部下に仕事をすべて任せてみる!

これは一見突き放すというように見えますが、そうではありません。

部下も一つの仕事を任せてもらえれば自分は信頼されていると思いますよね。

さらに、仕事自体は教えなくとも、

  • やり方
  • ヒント
などはあらかじめ与えておきます。

そうすることで、部下は自ら調べ、自然と一人で仕事をこなせるようになっていきます。

まとめ

上司にとって部下を教育するという事は、自分自身がその仕事をこなすよりも何倍も大変なことです。

しかし、どんなに大変でも正しい教育をして育った優秀な部下は、将来きっとあなたにとって財産となってくれるでしょう。

さらに、良い人間関係を築くことが出来れば、時にはあなた自身が学ぶこともあるかもしれません。

部下というのは「教えるもの」ではなく「育てるもの」です。

例え時間はかかっても、あなたにとって大切な部下に育つようしっかりと教育をしてあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ