髭を剃るとヒリヒリ赤くなる!痛いかゆい原因と肌荒れ対策!

髭を剃るとヒリヒリ

髭を剃るとヒリヒリして赤くなるのはどんな原因が考えられるのでしょうか。

ヒゲを剃って処理すると痛い、痒い(かゆい)という男性はどのような肌トラブルへの対処法があるのでしょうか?

髭(ひげ)を剃るのが本当は嫌だ、苦痛だという男性は参考にしてみてください。

●関連記事
→「髭を薄くする方法5選!ヒゲが濃い男性の青髭対策とは?」の記事へ

男性の身だしなみとして毎日欠かせないものの一つが髭剃りですよね。

しかし髭を剃った後、

  • ヒリヒリする
  • 赤くなる
  • 痛くなる
  • かゆくなる
などヒゲ処理したあとの悩みを持つ男性は多いのです!

そもそもなぜ髭を剃った後はこのような症状があらわれてしまうのでしょうか?

今回は髭剃り後の肌荒れの原因と対処方法についてご紹介します。

    目次

  • 髭を剃ると肌荒れしてしまう原因は角質層の損傷にあった!
  • 髭剃りで肌荒れしないための対策方法とは?
  • 髭剃り後のスキンケア方法!ヒゲ処理後の肌トラブルを防ぐポイントとは?
  • 髭剃りの肌荒れ防止に抑毛ローションの使用もおすすめの方法!
  • まとめ
スポンサードリンク

髭を剃ると肌荒れしてヒリヒリする原因は角質層の損傷!

髭を剃ると肌荒れする原因

髭を剃った後にヒリヒリしたりかゆくなるなどの原因は、俗に「カミソリ負け」と言われていますよね。

時々だったらまだいいのですが、髭剃りは毎日の事です。

そして髭剃りによって口周りや顔の肌が赤くなってしまうと仕事に行く時などに周りに見られて恥ずかしい思いをします。

では、なぜ髭を剃った後に肌荒れを起こしてしまうのでしょうか?

髭剃りによるカミソリ負けの原因とは?

髭剃りによるカミソリ負けの原因は角質層の損傷にあります。

使用しているカミソリやその状態、肌質などにもよりますが、髭を剃ると髭だけでなく肌や皮膚にもカミソリの刃があたり、皮膚も一緒に削れてしまいます。

皮膚の表面にあるのは角質層といい、お肌の水分を守るだけでなく細菌などが侵入するのを防いでくれています。

そんな角質層が髭剃りによって剥がれてはがれてしまうと、お肌が乾燥するだけでなく外部からのダメージを受けやすくなります。

これが髭を剃るとヒリヒリしたり赤くなる、かゆくなる、痛みを感じるなどの症状を引き起こす原因となっているのです。

カミソリ負けの原因は肌や皮膚が弱いからとは限らない!

カミソリ負けの原因はお肌や皮膚が弱いからだと勘違いしている人もいるようですが、それだけではありません。

さらに、毎回カミソリ負けをそのままにしておくと、

  • ニキビ
  • シミ
などの原因となり、跡が残ってしまうこともあるので早めに対策をするようにしましょう。

スポンサードリンク

髭剃りでヒリヒリ赤く肌荒れしない対策方法やケアの仕方とは?

髭剃りで肌荒れしない対策方法

髭剃りでヒリヒリ赤く肌荒れしない対策方法やケアの仕方にはどのようなことがあるのでしょうか?

髭剃りで肌荒れを起こさないようにするには、

  • お肌を守る角質層を傷つけないようにする
  • 傷つけてしまった角質層をすぐに補修する
必要があります。

では具体的にどう髭剃りによる肌荒れ対策をすればいいのでしょうか?

髭剃りによる肌荒れを防ぐにはひげを剃る前や後のケアの仕方、そしてカミソリや電気シェーバーなど道具の手入れも大切なポイントです。

髭剃りにシェービング剤を使用する方法!

髭剃りにシェービング剤を使用する方法は多くの男性が取り入れているかとは思います。

では髭剃りにシェービング剤を使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

髭剃りにシェービング剤を使用するメリットとは?

髭剃りにシェービング剤を使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

髭剃り用のシェービング剤は、髭を柔らかくして剃りやすくしてくれるだけでなく、お肌への負担を軽減する効果があります。

シェービング剤がお肌へのクッションとなり、カミソリとの摩擦を減らしてくれるのです。

髭剃りのシェービング剤には泡タイプとジェルタイプの2種類ある!

シェービング剤には泡タイプとジェルタイプの2種類があります。

泡タイプのシェービング剤のメリットとは?

泡タイプのシェービング剤はお肌に浸透しやすくひげを柔らかくしやすいという特徴があります。

ジェルタイプのシェービング剤のメリットとは?

ジェルタイプのシェービング剤は透明なのでひげのお手入れの状況が見えやすいという特徴があります。

→「髭剃り用のシェービング剤」の一覧はこちら

髭剃り用のシェービング剤にはいろいろな種類がありますね!

髭剃りのカミソリの替え刃を定期的に交換して対策!その理由とは?

髭剃りのカミソリの替え刃は定期的に交換が必要と分かってはいても、なかなか粘ってしまう男性も多いのではないでしょうか?

カミソリの替え刃を交換すると、なかなかの値段がしてしまいます。

とくに深剃り用の替刃はけっして安い物ではないのでお金の節約にと思ってしまいますよね!

しかし同じカミソリを使い続けると、

  • 切れ味が悪くなってしまう
  • 力を入れて強く剃らないと髭の剃り残しが出てしまう
  • 雑菌がついてしまう
など、お肌に負担をかける原因となってしまいます。

特に使い捨てのT字カミソリは2週間に1度、交換するのがおすすめです。

電気シェーバーのお手入れを欠かさない

髭剃りに電気シェーバーを使っている人も多いかと思います。

普段から使用している電気シェーバーも、使い続ければ刃が劣化してしまいます。

切れ味が悪くなればより力を入れて髭剃りをすることになり、お肌への負担が増えてしまいます。

そうならないためにも、電気シェーバーの刃は定期的に交換したり洗ったりして手入れをするようにしましょう。

髭剃り後のスキンケア方法!ヒゲ処理後の肌トラブルを防ぐアフターケアの仕方とは?

髭剃り後の肌トラブルを防ぐスキンケア方法やアフターケアの仕方にはどのようなポイントがあるのでしょうか?

髭剃り後は、どうしても顔の角質層を損傷し、お肌に水分が失われてヒリヒリとした痛みやかゆみを感じてしまいます。

それを防ぐためには、不足した水分をしっかりと補給することが大切です。

髭剃り後に水分をしっかりと補給するには

  • 化粧水
  • ひげ剃り後専用のアフターローション
など、保湿成分をたっぷり含んだものを選び、きちんとアフターケアをするようにしましょう!

もしも保湿することでさらにピリピリする場合にはお肌に合っていないことが考えられますので、必ず自分に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

髭剃り後のスキンケア商品の選び方とは?

髭剃り後のスキンケア商品の選び方のポイントを紹介します。

髭(ひげ)を剃ったあとに水分を補給するスキンケア商品は

  • 乾燥肌の人ならしっとりタイプのもの
  • オイリー肌の人であればさっぱりタイプのもの
など、自分の肌質にあったものを選ぶことも大切です。

髭剃りの肌荒れ防止に抑毛ローションの使用もおすすめの方法!

髭を剃るとヒリヒリして赤くなる男性におすすめなのが抑毛ローションを使用する方法です。

髭剃りによる肌への負担を減らすには、ヒゲそりで痛いかゆい原因となるカミソリ負けを防ぐことです。

今、男性向けに少しでも

  • 髭の濃さを薄くする
  • 髭が伸びるのを抑える
などの効果が期待できる抑毛ローションというものが販売されています。

そもそもお手入れのしやすい髭であれば必要以上にお肌に負担をかけることもなく、肌荒れをしたとしても最小限に抑えることが出来るというわけです。

この髭用の抑毛ローションを使用することで、髭のお手入れが簡単になり、結果髭剃りによる肌荒れを抑えることが出来ます。

●関連記事

髭剃りによる肌への負担を減らすためにおすすめの髭用「抑毛ローション」を紹介しています。

→「髭を薄くする方法5選!ヒゲが濃い男性の青髭対策とは?」の記事へ

まとめ

男性にとって髭剃り後の肌荒れは毎日のことなのでストレスにもなりますよね。

髭を剃るとヒリヒリする、赤くなる、痒い(かゆい)といった肌トラブルが起こるので本当はヒゲ剃りなんかしたくないと思います。

しかし髭(ヒゲ)を剃らないわけにはいかないのがビジネスマンにとって辛い所です。

髭剃り跡のケアや対策をすることで、かゆみや赤み、ヒリヒリ痛みなどから解放されることが出来ます。

髭剃りによるトラブル対策で大切なのは、

  • 髭剃り前
  • 髭剃り後のアフターケア
  • カミソリなどの道具の状態
この3つをしっかりと確認することです。

他にも、肌荒れを防ぐには抑毛するなど直接髭を対処するという方法もあります。

特に髭剃り後のケアはその人の肌質などによって違ってくるので、自分にピッタリのケア方法を見つけてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ