服のセンスがない社会人がお洒落なコーディネートする方法!

服のセンスがない

服のセンスがない、服がダサい、と悩んでいる社会人も多いのではないでしょうか。

服のセンスが気になのは女性はもちろん男性も同じです。

  • 服がダサい
  • 服選びに自信がない
  • ファッションセンスがない
という女性も男性も、どうしたら服のセンスが良くなるのでしょうか。

服のセンスがなさすぎる女性と男性がお洒落にコーディネートする方法についてチェックしてみてください。

    目次

  • 服のセンスがない人ダサい人の悩みとは?
  • 服のセンスがない「女性」と「男性」がお洒落にコーディネートする方法!
  • 服のセンスがいい人と悪い人の違いは何?
スポンサードリンク

服のセンスがない人ダサい人の悩みとは?

服がダサい

仕事に着ていく服も社会人とうぃて大切な身だしなみの1つですよね。

会社に出勤した服でそのまま仕事をする人、私服から制服に着替える人さまざまです。

服装で印象は変わるので「変な服装だなっ!」て思われたくないのは当然のことです。

  • おしゃれになりたいと思って買い物するのにうまくいかない!
  • 全然カッコよくなれない!
  • かわいくなれない!
など。

でも失敗を恐れず頑張るか、センスがないならオシャレと思われるのを諦めて無難にいくべきなのか悩みますよね。

スーツで仕事をする男性の場合

スーツで仕事をする男性の場合、基本的には服装のセンスにそれほど差が出にくいです。

しかしスーツでもセンスの差が出ます。

例えば

  • スーツのシルエット
  • 体型に合ってないスーツ
  • スーツの柄や色選び
などでスーツ選びのセンスの差が出ます。

男性の場合、仕事のスーツ姿はカッコいいけど私服はダサい!っていう話も良く聞きます。

そのため休日に私服で集まる時などは行きたくないという人もいるくらいです!

女性の服のセンスが悪い場合

女性は服や小物などのファッションに興味はありますよね。

洋服を買う時には

  • 雑誌を見る
  • snsで調べてみる
などし似たようなものを買ったりすると思います。

しかし、いいなと思って買った服が、家族や友人から不評だったり、変だと言われるとショックで自分のセンスに自信なくなりますよね。

自分が気に入っていて好きな服ならそれで良いと思いたいところですが、やはり周りの評価が気になるところです。

自分でコーデを考えられない!

持っている服のコーデもセンスが出ますよね。

服を買ったのはいいけど、自分でコーデを考えられなくて着回しができない!と悩んだりしませんか?

例えば

  • 色の組み合わせ
  • 上下とのバランス
  • 靴やブーツの合わせ方
など、服のセンスがないので単品で買った洋服などコーディネートに悩んで時間がかかったりしますよね。

スポンサードリンク

服のセンスがなさすぎる女性と男性がお洒落にコーディネートする方法!

服装がお洒落になるにはどうすればいいでしょうか?

服やファッションを選ぶのは楽しみでもありますよね。

でも人の評価も気になるところです。

社会人になり大人になると服装(身だしなみ)は礼儀としての一面もあります。

服装の選び方で相手の印象も変わってくるのでダサい服装よりはセンスがいい服装をしたいところです。

では順番に服選びのセンスがない人がセンス良くなるにはどうしたらいいのかチェックしていきましょう。

服選びのセンスに自信がない人は今までの悩みを解消してくださいね。

服の選び方に迷ったときはマネキン買い!

マネキン買いという言葉を知っている人は多いと思います。

マネキン買いとは

  • ネットのファッションサイトで全身コーデされている写真
  • 店頭のマネキンに全身着せてある服
上から下まで全身そのまま組み合わせてある服を全部購入する方法です。

服を販売しているお店がおすすめしている組み合わせでコーディネートされています。

プロがおすすめしているコーディネートのため服選びの失敗がありません。

配色やトレンドなどプロが考えて紹介しているのでセンスは当然良いものになっています。

あとはマネキンの全身コーデが自分は自分の好みに合っているかだけになります。

マネキン買いにも注意点があります。

  • 自分の好みに合わないマネキンコーデ
  • ダサいなと思ったマネキンコーデ
無理して買わない方がいいです。

いろいろマネキンをチェックしてみるのがおすすめです。

服のセンスがないという自覚があるのなら、提案されているコーデをそのまま購入するのが1番良い方法ではないでしょうか。

店頭はいちいちお店まで出かけないといけませんので、忙しい社会人はネットのファッションサイトでチェックしてみるのが時間の節約になります。

たくさんのコーデを見てみましょう!

服のファッションレンタルを利用する方法!

最近とても人気で利用者が多い服のレンタルサイトをご存知でしょうか?

月額の利用料金を払って服をレンタルするサービスです。

今なぜ人気なのかというと、メリットがたくさんあるからです。

服のファッションレンタルのメリットとは?

服のファッションレンタルのメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

  • スタイリストがコーディネートしてくれるサービスがある
  • 自分では買えないブランド服もレンタルできる
  • 服を買ったけど似合わないから後悔する失敗がない
  • 服を選ぶ時間を節約できる
  • 服にかけるお金の節約ができる
  • 今まで買わなかった服を着てみるなどチャレンジできる
  • 周りから服をいろいろ持っているように見られる
など。

料金プランはいろいろあり、手元に何着服を置いておけるかで金額が変わります。

プランは数千円/月から設定があるので試してみてはいかがでしょうか。

店員に全身コーディネートしてもらう

お気に入りのお店などがある場合は店員さんに上から下までコーディネートしてもらうのも方法です。

先程のマネキン買いと同様、どうしても単品でバラバラで服を購入すると手持ちの洋服と組み合わせをしてコーディネートするのが自分には難しいという問題があります。

もし気に入った洋服がお店で見つかった場合、それに合うコーディネートを何パターンか紹介してもらいましょう。

あるいは手持ちの洋服に合わせる服を買いたい場合は、それを着て行って店員さんにコーディネートしてもらうのも良いですよ。

センスの良い友人と一緒に買い物に行きアドバイスしてもらう

センスのいい友達がいたら利用しちゃいましょう。

お礼にランチくらいはご馳走しないといけませんが、時間を作ってもらっているので!

逆にセンスのいい友達が服を買いに行くときに声をかけてもらって、ついていくのもいいですね。

自分に似合う服を選ぶ

自分に似合う服を選ぶ服を選ぶということもセンスに関係してくるポイントです。

自分の

  • 体型
  • 似合う色
  • 自分い合うデザイン
  • 特徴
を生かす服を選んでコーディネートするのがおすすめです。

例えば憧れの芸能人のイメージで選んでも自分には似合わない服の場合もあります。

チャレンジしてみることも、もちろんOKですが冒険しすぎるとセンスないと思われてしまう可能性があります。

無理に着ようとせず、自分に似合う服を探してお洒落していきましょう。

服のセンスがいい人と悪い人の違いは何?

服のセンスがいい人と悪い人の違い

服のセンスがいい人と悪い人の違いははどんなところにあるのでしょうか?

服のセンスがいい人はおしゃれを勉強している!

服のセンスがいい人はオシャレをすることセンスを磨くことに勉強熱心というのは間違いないでしょう。

そして普段からすれ違う人の服装をチェックしていたりします。

ほかにも

  • 色の選び方
  • 小物の使い方

などで服のセンスが評価されたりします。

服のセンスがいい人はスタイルのいい人が多い

服のセンスがいい人はスタイルのいいと言われる人はスタイルが良い人が多いような気がします。

同じ服を着たとしても

  • 片方は服のセンスがいい
  • もう片方は似合わない、服のセンスがない
と評価されたりします。

つまり服のセンスがいい人と悪い人の違いは見た目の顔や体型やスタイルにも影響されていると言えるのではないでしょうか。

実際スタイルのいい人は何を着てもセンスのいい感じに見えたりしますよね。

スタイルのいい人は派手な色使いでも、特徴的な変わった服のデザインを選んだとしても似合っていてオシャレでセンスのいい人に見えたりします。

羨ましい限りです。

しかし逆にスタイルが悪いのに同じような服を着るとセンスが悪い人となってしまいますので体型をカバーする服装など自分の特徴を知っておく必要があります。

なのでスタイルを良くする努力をしてみるのもいいかもしれません。

スタイルが良いとおしゃれでセンスがいい人になれる場合があります。

着ない服や不要な服を持っていると着たくなり、コーディネートの邪魔をしてしまうので早めに処分するのもおすすめです。

 PICK UP 

ビジネスでは身だしなみが大切!もしも好感度を下げていたら損ですよ!!

▼こちらの社会人の身だしなみ記事もチェックしてみてください▼

⇒「ビジネスでの身だしなみマナーと対策!あなたの好感度は大丈夫?」の記事へ

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ