転勤は拒否していい?転勤したくないとき上手く断る方法は?

転勤拒否してもいいのでしょうか?

転勤

正直、転勤なんてしたくないと思う人も多いことでしょう!

転勤というのはとても負担になりますよね。

  • 友人のいない地域に行かなければいけないから寂しい!
  • 子供を転校させるのはかわいそう!

など理由はさまざま。

などのほか、場合によっては単身赴任となり家族と離れ離れで生活をしなくてはならなくなります。

そうなると、今まで奥さんなどに頼っていた家事一般もすべて自分でこなさなくてはならなくなってしまいます。

そう考えると、できれば「転勤したくないので断りたい」と考える人も少なくありませんよね。

    ではもしも

  • 転勤を言い渡され、拒否したい場合にはどうしたらいいのでしょうか?
  • 転勤したくない場合に断る方法や上手な断り方はどんなものでしょうか。
  • 転勤を拒否すると出世に響いてしまうのか

について確認してみましょう。

スポンサードリンク

転勤は拒否してもいいの?

転勤を言い渡され、断りたい場合は拒否することはできるの出来るのでしょうか?

ここでまず一番注意してほしいのが就業規則の確認です。

勤務先の就業規則について

会社によっては就業規則の中に転勤を命ずることがあるというような文章が書かれている場合もあります。

この場合は、転勤を前提に会社に入社していることになるので、よほどの理由がなければ断ることは難しいでしょう。

それでも拒否すれば、懲戒免職などを受けることもあります。

ただ、特に何も書かれていない場合には断ることもできます。

しかし、これは会社側との交渉となりますので、断れるか断れないかはその時の状況などにもよります。

転勤したくない場合の方法とは?

会社に入社する前から転勤はしたくないと考えている人も少なくないと思います。

最近では若者の多くは転勤を伝えられるとそれをきっかけに会社を退職してしまうという人もいるようです。

スポンサードリンク

では、転勤したくない場合にはどうしたらいいのでしょうか?

もしも可能であれば会社に入社する前の面接のときにその意思を伝えることも一つの手です。

もちろん直接話せば就職に不利になることは否めません。

そこで、面接のときに「いつからなら転勤してもよい」、(支店がある場合には)その会社のみで働きたい旨を伝えればあまり悪い印象は与えなくて済みます。

他にも、「育児」や「介護」などやむを得ない正当な理由がある場合には、しっかりと伝えるということも一つの方法です。

この場合には、もしも今後転勤してもよい時期などがあればそれも合わせて伝えるとマイナスイメージになりませんよ。

転勤を断ると出世に響く?

会社に勤めていれば、出世をしたいと考えている人も多いでしょう。

そんな時に転勤を言い渡された場合、どうしますか?

やはり転勤を断れば出世に響くのではないかと気になりますよね?

確かに、出世を望んでいるのであれば転勤を断ることで会社の意向に背くことで忠誠心などを疑われるなどして出世に響くことは想定しなければいけません。

その為、出世を望むのであれば、転勤もやむなしと考えた方がいいでしょう。

ただ、これは出世を考えている人の場合です。

もしも特に出世を考えていない場合には、たとえ転勤を断っても特に問題はありません。

逆にその場所でしっかりと結果を出すことができた方は評価され出世につながることもあります!

しかし、何度も転勤を薦められその都度断り続けていると、人脈などに影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

まとめ

最近の若い人は出世を望まない人が増えています。

しかし会社側としては、転勤をさせることでいろいろな経験をさせるなど、その人にプラスになるようにと考えている場合も少なくありません。

たとえ就業規則に定められていなくてももしも転勤を言い渡された場合にはなるべく従ったほうがいいでしょう。

そしてどうしても断りたい場合には、入社前からそれとなくその意向を伝えておくといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ