定年退職の年齢は何歳?定年退職後の生活や再雇用の考え方は?

定年退職年齢は今いくつなのでしょうか。

定年退職後の生活はどのようなことをするのか、再雇用を選ぶのか、どう考えたらいいのでしょうか。

定年退職の年齢

定年退職といえば、それまでの生活が全く変わってしまう一大イベントですよね。

卒業後からずっと同じ場所で勤め上げてきた人にとってはまさに人生の大半を勤め上げてきたことになります。

今までは会社勤めだった人生ですが、第2の人生どのような生活を送るのか考えていますか?

そもそも定年退職の年齢というのは何歳になるのでしょうか、そして定年退職後の生活や再雇用などを考えている人も少なくないと思います。

では、ここではそんな定年退職の疑問についていろいろとみていきたいと思います。

    目次

  • 定年退職の年齢はいくつなの?
  • 定年退職後の生活はどんなことをする?
  • 定年退職後は再雇用を選ぶ?
スポンサードリンク

定年退職の年齢はいくつなの?

定年退職をする年齢というと、何歳くらいを想像しますか?

多くの人は60歳と答える人が多いのではないでしょうか?

定年退職の年齢は会社によって違う!

この答えは、「企業によって異なる」ため、正確に何歳とは言えません。

ただ、定年退職年齢の下限は60歳と定めています。

ただし、60歳を迎えた人が65歳まで勤めたいという場合には、65歳まで雇用することが義務付けられています。

実は就業規則では少し前まで55歳定年と定められていましたが、今では違法になります。

つまり、定年退職の年齢は最低でも60歳、それ以上望む人については65歳まで、そして会社としてはこの2点さえ守られていればいくつを定年にしてもよいというわけなのです。

定年退職後の生活はどんなことをする?

では次に気になるのが定年後の生活です。

今まで毎日のように会社勤めをしていた人が、急に仕事を辞めてしまっても、はっきり言って何をすればいいのか困ってしまうという人、結構いますよね。

中には生きがいをなくしてしまい急に元気がなくなってしまうという人も少なくありません。

スポンサードリンク

でも、それってとてももったいないことですよね。

趣味やスポーツや旅行を謳歌!

初めて何にも追われることがなくなり、好きなことができるようになったのです。

もちろん、まだ仕事がしたいのであれば再就職をすることもできます。

今まで時間がなくてできなかった趣味があれば、そちらに没頭するのもよいでしょう。

60代というと、定年退職を迎えるだけではなく、ちょうど子供たちも手を離れていく時期でもあるのです。

年だからとあきらめずに

  • 趣味
  • スポーツ
  • 旅行
  • 田舎暮らし

など、今までできなかったことを謳歌して人生を楽しんでみるのもいいでしょう。

定年退職後は再雇用を選ぶ?

定年退職後に再雇用を希望する人は少なくありません。

これは、企業側ももしも60歳で定年退職した人でも希望があれば65歳までは再雇用する必要があるという規則があるからです。

定年退職後も十分な退職金や年金があり、やりたいことがあるという人ならそのまま退職するでしょう。

再雇用の場合、収入は下がります!

しかし、金銭的な理由や仕事が生きがいだという人には仕事を続けるという人は少なくありません。

ただ、定年退職後の再雇用の場合、収入は現役時代よりも下がるということを覚悟しなければなりません。

ほとんどの場合は現役の7~8割、少ない人になると5割にも満たないという人もいるのです。

定年退職後に再雇用を選ぶかどうかはその人の自由ですが、どのような条件になるのかどうかもしっかりと把握しておくことが大切です。

まとめ

どうでしたか?

定年退職後には、自由な時間が待っています。

定年退職の年齢はだいたい60歳ですが、希望をすれば65歳まで再就職を希望することができます。

仕事を続けるかどうかはあなたの自由です。

やりたいことがあり、生活に余裕があればそのまま自由な時間を満喫することもできますし、様々な理由で再就職する人もいるでしょう。

定年退職後は、仕事を始めてから初めてあなたが手に入れる完全に自由な時間です。

どのように過ごすかどうか、退職前にしっかりと決めておくことも大切ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ