役職一覧で日本の企業と英語の外資系企業の序列順番を確認!

役職一覧
ビジネスでいろいろなお客様や取引先の方々と名刺交換をするといろんな役職や肩書きを目にする機会も多いですよね。

社会人1年生の方など「この人とこの人はどっちが上?」と思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

ここでは役職一覧と分かりにくい英語の役職の序列の順番をまとめました。

スポンサードリンク

役職一覧(日本の企業の序列の順番)

日本企業の役職一覧
日本の企業における役職名と序列の順番です。
上から偉い順に並んでいます。

会長
一般的に取締役会の長で社長の上の人。多くの場合、前社長が就任するケースが多い。

社長
いわゆる企業(会社)のTOPで代表権を有する。

副社長
企業(会社)のナンバー2的な存在。社長を補佐する役職で大企業の場合は複数名いる場合もある。

専務
社長を補佐する役員で会社の経営に関する業務全般を主に担っている。

常務
同じく社長を補佐する役員で会社に日常的な業務の管理を担っている。

スポンサードリンク

部長
各セクション(グループや部門)を取りまとめる部署のTOP。

次長
部長を補佐する役職。部長より上と勘違いしている人も多いので注意!

課長
部長が管理する各セクションの中の一部門を取りまとめる役職。

係長
課長の補佐をする役職。

主任
係長の下につく役職。

役職一覧(英語の外資系企業の序列の順番)

英語の役職一覧
CEO
Chief executive officerの略。最高経営責任者で日本の社長や会長にあたる役職。

COO
Chief operating officerの略。日本の副社長にあたる役職。

CFO
Chief financial officerの略。COOと同じく日本の副社長にあたる役職。

ディレクター
日本の部長や次長クラスの役職。

シニアマネージャー
日本の次長や課長クラスの役職。

アソシエイト
日本の課長や係長クラスの役職。

まとめ

最近では外資系企業ではありませんが、見た目が英語の方がカッコイイために英語で役職を6付けている名刺なども見かけますよね。

パッと見た時に日本企業でいうところのどんな役職なのかわかりにくい部分もあるので覚えておきましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ