出産祝いの封筒の書き方!名前の記入やお金の入れ方も注意を!

出産祝いの封筒

もしも身近な人が出産された場合、もちろん出産祝いを用意しますよね。

出産祝いは品物でプレゼントすることもありますが、ほとんどの人がこれからいろいろと物入りになることを考えて現金で渡すと思います。

では、ここでは意外と知っていそうでいざという時に困ってしまう出産祝い封筒についていろいろとみていきましょう。

スポンサードリンク

出産祝いの封筒(祝儀袋)の書き方とは?

出産祝いの封筒を準備するときにまずつまずくのが表書き。

出産祝いの場合、表書きには何と書けばいいのでしょうか?

表書きの書き方

一番わかりやすいところで

  • 「祝 御出産」
  • 「御出産御祝」

などがありますよね。

しかし、

  • 「御祝」
  • 「お祝」
  • 「祝 御安産」

でも大丈夫です。

そして、その下に差出人の名前を記入します。

贈り主の書き方

  • 名前は贈り主の姓・もしくはフルネームを記入します。
  • もし連名で贈る場合には左右に2人の名前を書きます。

夫婦で贈る場合には中心にご主人の名前、そして奥さんの名前は左側に名前のみを記入します。

そして、封筒に書くのに使用する筆記具は毛筆が好ましいです。ボールペンやサインペンは使用しないようにしましょう。

出産祝いの封筒に記入する名前はどう書いたらいい?

出産祝いの封筒には必ず差出人の名前を記入します。

出産祝いを贈る場合の名前の書き方マナー

先ほども言いましたように、差出人の名前は表書きの下の部分に姓もしくはフルネームを縦書きで記入します。

出産祝いを合同(複数)で贈る場合の名前の書き方マナー

出産祝いを友人や会社の同僚など複数の連名で出すこともありますよね。

スポンサードリンク

その場合には、同僚や友人と一緒に出す時には五十音順に名前を記入します。

人数が多いときには代表者名のみを表に書き、別紙にほかの人の名前を書きます。

目上の人と一緒に贈る場合

会社の人と送るときには、会社名・部署名、そして連名にするときには年齢順、もしくは役職順に書くようにします。

出産祝いの封筒にはお金の入れ方の向きはあるの?

出産祝いに限らず、お祝いの時に封筒にお金を入れるときにはきちんと向きがあります。

まず、お金には表と裏があるということを覚えておきましょう。

人物があるほうが表になり、ない方が裏となります。

そして、お金を入れるときには、中袋がある場合には、封筒・中袋・お札が全て表の面がそろうようにして入れます。

これは、中袋がないときでも同じで、全て表にそろえるようにします。

封筒にお金を入れるときには全て表向きにそろえるようにすれば間違いありませんね。

まとめ

身近な人の出産というものは本当にうれしいものですよね。

しかし、いざ出産祝いの封筒を準備しようと考えた時、どのように表書きを書いたらいいのか、お金はどのように入れたらいいのかなど基本的なことがわからないと意外と恥ずかしいもの。

出産祝いを用意するということは何度あってもうれしいことです。

その為、準備をするときに慌てることのないように普段からどのように記入すればいいのかなどをしっかりと知っておくことが大切になってきます。

もちろん封筒の書き方だけではなくお金の入れ方や、表書きを書く筆記具などのことまでしっかりと覚えておくようにしましょう。

個人的に出産祝いの封筒を準備するときはもちろん、友人や会社などで連名で準備する際にも慌てずに済みますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ