仕事が忙しいビジネスマンの栄養バランスを考えた食事とは?

仕事が忙しいビジネスマンの栄養バランスを考えた食事とはどんなものでしょうか?

仕事が忙しい社会人はコンビニ弁当や外食、惣菜やインスタントやレトルトなどを食べことが多いため、健康面が大丈夫かなと気になるならドリンクやサプリなどの補助食品も併用した方がいいのでしょうか。

仕事が忙しいビジネスマンの食事

仕事が忙しいと、なかなか自分の食事のことに時間をかけているのが難しいですよね。

ついついインスタント食品や外食、コンビニのお弁当などに頼ってしまうという人も多いのではないでしょうか?

ただ、このような食事ばかりしていると気になるのが栄養バランスですよね。

今回は、仕事が忙しい人でも栄養バランスが取れるちょっとしたコツなどをご紹介します。

    目次

  • コンビニでは選ぶ食品を考えて栄養バランスを取る
  • 料理のトッピングを工夫して栄養バランスをとる
  • 簡単で野菜が取りやすい鍋を使って自炊してみる
  • 食べ物で栄養が摂れないときは栄養補助食品を利用してみる
  • 完全栄養食で栄養素を補う
  • まとめ
スポンサードリンク

コンビニでは選ぶ食品を考えて栄養バランスを取る

いそがしい時にとても便利なのがコンビニですよね。

お弁当やパンなど、すぐに食べられる食品がそろっています。

コンビニで食べたいものばかり選んでいると、どうしても栄養が偏りがちになってきます。

そこで、栄養バランスを考えた食品選びが大切になってきます。

  • お弁当と一緒にサラダを選ぶようにする
  • 炭水化物が重ならないようにする(おにぎりと麺類など)
などです。

コンビニの食品はあまり栄養バランスが良くないと考えがちですが、きちんと選べば栄養バランスもとりやすくなりますよ。

料理のトッピングを工夫して栄養バランスをとる

いそがしいとついつい麺類やレトルト食品が便利ですよね。

特にラーメンやカレーなどは簡単に作れたり、外食でも安くてすぐに食べられるので重宝します。

でも、ラーメンだけ、カレーだけではどうしても栄養バランスが悪くなってしまいます。

そこでおすすめなのがトッピングを工夫してみましょう。

  • ラーメンなら、わかめやもやし、ネギなどの野菜を積極的にトッピングする
  • カレーライスなら、トッピングで野菜を入れたり、サラダを一緒に食べるようにする
というだけでも栄養バランスが取りやすくなります。

スポンサードリンク

簡単で野菜が取りやすい鍋の素を使って自炊してみる

仕事が忙しい人にとって、自炊というのはとても面倒に感じるものですよね。

そんな人でも簡単に作れてしかも野菜を取りやすいのがズバリ鍋です。

鍋なら、たっぷりの野菜に好きな具材をプラスして、市販されている鍋の素を使えば簡単に作ることができます。

⇒最新の「鍋の素」人気ランキングはこちらです

お腹もいっぱいになり、なおかつ野菜もたっぷり食べられるのでおすすめです。

野菜を用意するのが面倒な人は、コンビニでも販売されているカット野菜を使えば手間もかかりませんよ。

食べ物で栄養が摂れないときは栄養補助食品を利用してみる

どんなに栄養バランスの取れた食事を心がけていても、なかなか難しいということがありますよね。

そんな時には栄養補助食品を利用するという方法もあります。

簡単に栄養を摂りたいとき、時間がない時は、

  • サプリメント
  • お菓子タイプ
  • ゼリータイプ
のもので食事の代わりに取ることも可能です。

⇒「栄養補助食品」のおすすめ一覧はこちらです

ただ、栄養補助食品だけではどうしても栄養は不足してしまうので、あくまで補助食品として利用するようにしましょう。

完全栄養食で栄養素を補う

どうしても仕事で忙しく、食事を作るどころかとることさえ難しいという人には、最近では完全色というものがあります。

こちらは人が生きるために必要なすべての栄養素を理想的に補えるというものです。

一食を置き換えることもできますし、食事代わりにとることもできます。

⇒「完全栄養食」のおすすめ一覧はこちらです

まとめ

現代の人のほとんどは、毎日に必要な栄養素をバランスよく取れていないという現状があります。

これは、どんなにしっかり栄養を取ろうとしても、何かしら不足してしまうもの。

特に、毎日が忙しく自炊する時間がないという忙しいビジネスマンは、バランスの偏った食事になりがち!

同じ栄養素ばかり不足してしまえば、そのうち体に何かしらの不調が起こる確率が高くなります。

ただ、時間がなく毎日の食事がコンビニ食や外食ばかりになってしまっていても、工夫一つで不足しがちな栄養素を補うことは十分に可能です。

まずは、どんな栄養が不足しているのかを考え、その栄養をどのように補えばいいのかを考えてみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ