サラリーマンの小遣いの平均と内訳は?使い道や節約方法は?

サラリーマンの小遣い

サラリーマンの小遣いの平均金額はいくらなのか、そしてお小遣いの内訳はどうなっているのでしょうか?

また、サラリーマンやビジネスマンのお小遣いの使い道は何に使っているのか?

サラリーマンが自由に使えるお金を増やす節約方法や工夫の仕方にはどのようなものがあるでしょうか。

サラリーマンのお小遣いって、年々減っているという事を知っていますか?

毎日家族のために働いてくれているのに、お小遣い自体が減っているなんてちょっと悲しいですよね。

でも、ほかの家庭ではどのくらい、お小遣いを貰っているのかちょっと気になるもの。

ここではサラリーマンのお小遣いの平均、合わせて内訳や使い方、さらには節約術までご紹介します!

スポンサードリンク

サラリーマンの小遣いの平均金額はいくら?

サラリーマンのお小遣いの平均金額はいくらなのでしょうか?

サラリーマンであるパパへのお小遣い、どのくらい渡していますか?貰っていますか?

家計を考えると精いっぱい渡しているつもりでも、毎月のように「もっと増やして!」と言われているという家庭もあるのではないでしょうか?

では、サラリーマンの収入におけるお小遣いの平均をご紹介します。

サラリーマンの小遣いの平均金額は、

年収300万円→月額約22,000円

年収400万円→月額約30,000円

年収500万円→月額約36,000円

年収600万円→月額約44,000円

年収700万円→月額約51,000円

年収800万円→月額約58,000円

このくらいが平均金額となるようです。

よく「サラリーマンのお小遣いは収入の1割」なんて言われますが、この数字を見ると全く届いていないのがわかります。

サラリーマンの小遣いの内訳は?

サラリーマンのお小遣いの内訳はどうなっているのでしょうか?

では次に、サラリーマンがもらったお小遣いは何に使っているのか、気になるその内訳についてご紹介します。

仕事中の昼食代や飲み物代に使う

サラリーマンがお小遣いの内訳で一番大きな割合を占めているのがズバリ「昼食代」です。

毎日欠かせない昼食。

奥さんが毎日お弁当を持たせてくれればかかりませんが、出勤時間が早かったりするとなかなかそうはいきませんよね。

外で昼食を食べるとなると500円~1000円前後。

飲み物も買ったりすると思うので、これくらいは毎日かかることになります。

もし社内食堂を利用してもそれなりにかかります。

毎日どうしてもかかってしまうものですから、お小遣いの大半を占める理由はわかります。

趣味にお金を投資する

サラリーマンのお小遣いの使い道で次に多いのが趣味へのお金です。

趣味は人それぞれですが、やはり普段からストレスを受けながら遅くまで仕事をしているのですから、休みくらいは趣味に没頭したいですよね。

もちろんお金のかかる趣味、かからない趣味と別れますが、いずれにしても趣味にかけるお金は多いようです。

嗜好品を買う

サラリーマンのお小遣いの使い道で3番目に挙げられるのが嗜好品です。

特に多いのがタバコでしょうか?

今ではタバコを吸う人は一時期に比べるとだいぶ少なくなり、電子タバコなども流行していますが、どちらにしてもかなりお金はかかりますよね。

このように、サラリーマンがもらっているお小遣いのほとんどは、普段の食事や嗜好品などどうしても必要な物、そして自分への趣味に使用されていることがわかります。
スポンサードリンク

サラリーマンのお小遣いの使い道は?

サラリーマンのお小遣いの使い道ってどうなっているのでしょうか?

サラリーマンのお小遣いの内訳をみると、ほとんどが昼食やたばこ代など必要不可欠なものに使用していますよね。

では、そのほかにはどのような使い道があるのでしょうか?

仕事が終わってからのお付き合いや飲み代!

サラリーマンというと欠かせないのが、飲み代ですよね。

仕事帰りに気の合う仲間と飲みながら上司や仕事の愚痴を言い合うというのは、コミュニケーションをとるためにも欠かせないもの。

特に自身が上司になると、部下におごったりするなどどうしてもお金がかかるものです。

他にも、家庭によって

  • 携帯電話代
  • 散髪代・床屋代
  • 服代
  • 子供への買い物
など、お小遣いで賄うというところもあるようですね。

サラリーマンのお小遣いの節約方法とは?

サラリーマンにおすすめのお小遣いの節約方法をご紹介します。

毎日の昼食に趣味、飲み代など、ただでさえ少ないお小遣いはすぐになくなってしまいますよね。

だからと言って家計も苦しいので簡単にお小遣いの値上げの交渉をするのも難しい。

そんな時にはやはりお小遣いの節約を考えてみましょう。

昼食代を節約する方法!

サラリーマンが一番やりやすい節約方法は、やはり昼食です。

アンケートを見てみると、ほとんどのサラリーマンが昼食代にお小遣いの半分ほどを費やしているという事がわかります。

この昼食代さえ減らせればかなりの節約になりますよね。

ではどうすればいいのかというと、やはりお昼をお弁当にしてもらうという方法です。

お弁当を作ってもらえれば、毎日のお昼代が全くかからなくなるのでかなりの節約になります。

お小遣いの値上げ交渉は難しくても、お弁当の交渉をしてみてはいかがいですか?

ただ、中にはつわものの奥さんもいて、お弁当分のお小遣いが減らされてしまうという事もあるので注意です!

そんなときは、前の日のおかずを残しておいてもらい、自分で弁当箱にあさ詰めるという方法もありますよ!

まとめ

いつの世でもサラリーマンの懐事情はかなり厳しいようです。

でも、頑張って働いているのですから、少しでも自由に使えるお金が欲しいですよね。

そんな時には、お小遣いの値上がり交渉も大切ですが、逆に今までお小遣いから出していたものを生活費から出してもらえるように頼んでみてはいかがですか?

お小遣いの値上げが厳しいのを嘆くよりも、節約をして自由に使えるお金を増やすこともポイントですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ