サラリーマンの貯金の平均金額いくら?貯金方法おすすめは?

サラリーマンの貯金の平均

サラリーマンの貯金の平均金額はいくらくらいあるのでしょうか?

またサラリーマンやビジネスマンの貯金方法のおすすめには何があるのでしょうか。

そして、サラリーマンは毎月いくらくらいのお金を貯蓄しているのか紹介しています。

サラリーマンといえば、一昔前は定年までしっかり働けば、退職金を貰えて後は年金で安泰という時代もありました。

しかし今はそんなことは言っていられませんよね。

年金は年々減っていくし、退職金だって満足にもらえるかどうかの保証はありません。

不安な将来に向けてしっかりと貯金をしている人も多いでしょう。

そこで今回は、今どきのサラリーマンの貯金事情についてご紹介します。

スポンサードリンク

サラリーマンやビジネスマンの貯金の平均金額はいくら?

サラリーマンやビジネスマンの貯金の平均金額はズバリいくらなのでしょうか?

ではまず、サラリーマンの貯金の平均額を見ていきましょう。

独身のサラリーマンの貯金の平均金額

独身者のサラリーマンの平均金額をこちらではわかりやすくご紹介します。

独身のサラリーマンの場合の貯金の平均は、

  • 20代の貯金は158万円
  • 30代の貯金は500万円
  • 40代の貯金は789万円
このような金額になっています。

比較してみると、年代が上がるにつれて貯金額が上がっているので、順調に貯金をしているように見られます。

ただし、この金額はあくまで平均額です。

そのため、この金額よりも多く貯金をしている人もいますし、逆に少ない人もいます。

驚くべきところは、どの年代でも約半数の人は全く貯金をしていないというデータがあるという事です。

もちろん貯金をする余裕のない人もいますが、中には貯金は必要ないと考える人も。

つまり、こちらで平均額をご紹介しましたが、実際には貯金をしている人としていない人でかなりの違いがあるという事なのです。

スポンサードリンク

サラリーマンやビジネスマンの貯金方法とは?

サラリーマンやビジネスマンの貯金方法はどのようにしているのでしょうか?

では次に、貯金をしているサラリーマンは、どのようにしてその貯金するお金を捻出しているのかをご紹介します。

給与を貰ったら決まった金額を貯金をする

貯金方法として一番簡単なのが、給与が入ったら毎月決まった額を貯金するという方法です。

貯金というと余ったお金を貯めるというイメージですが、それだと意外と余らずに貯金できないという事に。

そうならないためにも、あらかじめ毎月決まった金額を先取りで貯金している人が多いんです。

毎月決まった額をお金を貯めてくれる定額貯金も便利ですね。

副業をして副収入を得る

会社によっては副業を禁止しているところも少なくありませんが、特に禁止していないなら使わない手はありません。

副業の種類は実に様々。

  • フリマやオークションを利用する
  • 空いている時間をアルバイトに使う
  • 在宅ワークをする
  • 内職の仕事をする
などでの副業も人気です。

収入が増えればその分貯金しやすくなりますね。

資産運用をする

ある程度まとまった金額が手元にあるなら、資産運用でお金を増やして貯金するという人もいます。

資産運用の種類には

  • 投資(株や不動産など)
  • FX
  • 銀行預金や国債
  • 内職の仕事をする

ただ、もちろんリスクが伴うものもあるので慎重に行いましょう。

サラリーマンやビジネスマンは貯金を月いくらしてる?

サラリーマンやビジネスマンは貯金を毎月いくらしてるのでしょうか?

最後に、サラリーマンの毎月の気になる貯金額について見ていきましょう。

サラリーマンの平均貯金額は、月に約7万円ほど。

予想に反して意外としっかりと貯金をしているという印象を持ちます。

しかし、この数字もあくまで平均値なので、一人一人確認してみると、随分と差があることがわかります。

まず驚くのは、貯金額でもお話ししたように、意外と貯金をしていないという人が多いという事。

サラリーマンの約4割は「貯金をしていない」と回答しているのです。

もちろん貯金するかしないかもその人の考え方ですが、貯金をしている人は堅実に行っているようです。

毎月の貯金額の割合を見てみると、
  • 一番多いのが4~6万円
  • 次いで1~3万円
  • さらに10万円以上、7~9万円
とつづきます。

収入によって貯金に回せる金額は違ってくるかと思いますが、それでも結構な金額を貯金していることがわかります。

まとめ

サラリーマンの貯金事情、こちらでは平均をご紹介しましたが、実際に貯金できている人とそうでない人にはその人によって大きな違いがあるという事がわかりました。

貯金をしていない人は、収入などの事情もありますが、中には自ら貯金をしていないという人も。

一昔前であれば貯金がなくとも定年後の生活はある程度保証されていたかもしれませんが、今はそうはいきませんよね。

将来のことを考えると、ある程度の貯蓄は必要と考えた方がいいでしょう。

もしも貯金がしたくてもできない場合には、収入や支出を見直してみましょう。

先行きが見えない現代社会だからこそ、将来のための貯金はしっかりと行っていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ