サラリーマンが楽しいと感じる?つまらない辛いと思う?理由は何!

サラリーマンが楽しいと感じるとき

サラリーマンが楽しいと感じるときは、みんなどんな時なのでしょうか?

逆にサラリーマンは、つまらないと感じる理由や辛いと思う原因にはどのようなことがあるのでしょうか?

サラリーマンというと、毎日満員電車に揺られて朝早くから夜遅くまで仕事をするというイメージですよね。

他の職種の人から見ると、どちらかというとマイナスイメージを持たれがちですが、もちろんそうとは限りません!

確かにサラリーマンはつらい仕事かもしれませんが、その人によって感じ方は違います。

サラリーマンだって辛いことばかりではなく、楽しいと感じることももちろんあります。

ここでは、実際にサラリーマンが楽しいと感じる時、そしてつまらない理由やつらい原因をご紹介します。

    目次

  • サラリーマンが楽しいと感じるときはどんな時?
  • サラリーマンがつまらないと感じる理由はなに?
  • サラリーマンは辛いと思う原因はなに?
  • まとめ
スポンサードリンク

サラリーマン(ビジネスマン)が楽しいと感じるときはどんな時?

サラリーマンが楽しいと感じるときはどんな時だと、みんな思っているのでしょうか?

ではまず、サラリーマンが楽しいと感じる時についてご紹介します。

会社や仕事が休日のとき!

サラリーマンにとってまず一番大きいのは、やはり休みの時です。

普段の仕事がつらいからこそ、毎週の休みは楽しみですよね。

  • 体を休めるためにのんびり過ごす
  • 趣味に時間を使う
  • ショッピングを楽しむ
  • 遊びに行く
など、好きなように時間を使って自由なひとときを楽しむことができます。

サラリーマンには有給休暇という特権がある!

サラリーマンといえば有給休暇という特権がありますよね。

会社によっては有給休暇が取りにくかったりするところもありますが、平日に仕事を休み、なおかつ給与も通常通り貰える有給休暇はサラリーマンならでは!

パートやアルバイトのように、時間計算されていないので、休んでも給料が減らないというのはありがたいですね!

有給休暇と言えば、連休に有給休暇をくっつけて大型連休にしてしまうことも可能です。

仕事自体を楽しいと感じるサラリーマンも以外に多い!

サラリーマンの中にはもちろん仕事自体に楽しみを感じている人もいます。

例えば、

  • 自分が取り組んできた仕事に対して結果が出るのは楽しい瞬間
  • 出張があれば自分なら足を運ばない土地に出かけることができる
という楽しみ方もあります。

このように、サラリーマンによって楽しいと感じるときは様々なのです。

スポンサードリンク

サラリーマン(ビジネスマン)がつまらないと感じる理由はなに?

サラリーマンがつまらないと感じるときの理由とはどのようなものでしょうか?

逆に、サラリーマンがつまらないと感じる理由について見ていきましょう。

楽しいと感じる時と違い、たくさんのことが挙げられそうですね。

毎日の生活が同じことの繰り返しでつまらない!

サラリーマンがつまらないと感じる一番の理由は、毎日が同じことの繰り返しの生活であるという事です。

特に事務職系のサラリーマンはそう感じることが多いですよね。

毎日変化のない毎日では、サラリーマンでなくても疲弊してしまいます。

仕事自体がつまらないという理由!

サラリーマンの中には仕事自体がつまらないという人もいます。

あなたが今サラリーマンとして今の会社に入社した理由の一つは、その会社の仕事が楽しそうだったから、もしくは興味のあるものだったからではありませんか?

しかし、いざ入社した会社に勤めてみたら、

  • 想像とは違った
  • 続けるうちに飽きてしまった
となると、途端に仕事がつまらなくなります。

仕事が自分の自由にならない!させてもらえない!

仕事が自由にならないという事もサラリーマンがつまらないという理由に挙げられます。

サラリーマンとは、良くも悪くも組織として成り立っています。

その為、どうしても自分の思い通りに仕事をしていくのは難しいことが多くなってしまうのです。

自分のやりたいこととは違う仕事や業務をやらされてしまえば、どうしてもつまらなくなってしまいます。

このようにつまらない理由が多く上げられるからこそ、サラリーマンは大変そうというイメージが持たれてしまうのです。

サラリーマン(ビジネスマン)は辛いと思う原因はなに?

サラリーマンがつらいと感じる原因にはどのようなことがあるのでしょうか?

最後に、サラリーマンがつらいと感じる原因についてご紹介します。

サラリーマンがつらいといえば、最終的にはストレスや肉体的限界などが挙げられます。

サラリーマンがつらいと感じる原因は、大きく分けて

  • 精神的要因
  • 肉体的要因
に分けられます。

精神的なストレスが原因でサラリーマンは辛いと感じる!

サラリーマンの精神的要因として挙げられるのがストレスです。

サラリーマンは、

  • 人間関係・対人関係
  • 上司によるパワハラ
  • 仕事上のトラブル
  • クレーマー
など、常にストレスにさらされています。

サラリーマンはこのストレスがつらいと感じる原因となっています。

営業職のサラリーマンはストレスのかたまり?

サラリーマンはストレスのかたまりと言われたりしていますよね。

とくに営業職のサラリーマンは、取引先のお客様から仕事をもらうためにいろいろ気を遣って大変な思いをすることが多いのではないでしょうか?

  • お客様に無理を言われる
  • ミスや失敗をすれば叱られる
  • 営業成績が悪ければ会社や上司から怒られる
などなど。

そのため事務職がいいな?なんて思うこともしばしばですよね。

肉体的な要因が原因でサラリーマンは辛いと感じる!

サラリーマンは辛いと感じるもう一つが肉体的な要因です。

サラリーマンの中には、朝も早くから満員電車に揺られて出勤し、定時といっても名ばかりで毎日残業。

時には休日出勤なんて言う事も。

そんなことが続けば、到底疲労は溜まっていき、病気などに繋がっていきます。

つまりサラリーマンは

  • 毎日の通勤ラッシュによる疲労
  • 残業
  • 休日出勤
などによる疲れの蓄積が原因で身体が辛い、しんどいとなってしまいます。

この解消されない肉体的疲労もつらいと感じる原因となっているのです。

まとめ

サラリーマンは楽しいか、そうではないかというアンケート結果を見てみると、残念ながら楽しくないと感じている人が多くいます。

その原因としては、個人的な理由もありますが、やはり会社の体制や人間関係などが大きく関係しています。

それでもサラリーマンを続ける理由は、仕事であって給与をもらうという目的があるからです。

でもサラリーマンを続けるなら、楽しいと感じる時は多い方がいいですよね。

その為にも、第一歩である会社選びはとても重要です。

●関連記事

仕事をよりいい条件で探すときの求人サイト!

⇒「転職サイトと転職エージェントの違いとは?どっちがいい?」の記事へ

現在の仕事があまりにも辛い、上司に恵まれないというサラリーマンは要チェックです!

サラリーマンというのは良いこともあれば悪いこともあります。

ぜひ自分に合った「楽しい」と感じられるサラリーマン人生を選べるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ