新年(年始)の挨拶のビジネスマナーと例文!挨拶回りはいつまでに?

新年(年始)の挨拶に覚えておきたいビジネスマナーを紹介しています。

また、取引先へ新年の挨拶をしに行ったときには、どのような言葉を言えばいいか分からない!という人のために例文を用意したので参考にしてみてください。

そして、新年の挨拶回りは「いつまでに」するのがマナーなのかも確認しておきましょう。

新年の挨拶のビジネスマナー

    目次

  • 新年の挨のビジネスマナーとは?
  • 新年(年始)の挨拶のビジネス例文
  • 新年の挨拶回りはいつまでにすればいいの?
スポンサードリンク

新年(年始)の挨のビジネスマナーとは?

新年の挨拶、どのようにしていますか?

特にビジネスの場面での新年の挨拶というのはとても大切になってきます。

新年の挨拶、取引先やお客様への挨拶は重要です。

年始は相手も忙しいのでアポイントをとっておく

まず取引先へ新年の挨拶に行くときには、しっかりとアポイントを取っておくことが大切です。

長居をしない

そしてお伺いしても、挨拶は長居をしないというのがマナーです。

新年は相手もとても忙しいものなので、あまり時間を摂ってしまっては失礼にあたります。

もしも相手が忙しいようであれば、寄らずに玄関先などで軽く挨拶をするだけでも大丈夫です。

不在の場合は

そして、場合によっては相手が不在のことも少なくありません。

そんな時には、受付の人や他の方などに、名刺や持参している土産があればそれも合わせて渡しておくといいでしょう。

新年(年始)の挨拶のビジネス例文

新年の挨拶へ取引先へ行くのはビジネスマナーですが、実際にどのように挨拶をしますか?

1月7日までの場合

年始の挨拶は1月7日までに回るのが普通ですが、その間はもちろん挨拶は「あけましておめでとうございます」となりますよね。

1月7日を過ぎてしまった場合

しかし、どうしても都合がつかなかったりと、7日を過ぎてしまうこともあると思います。

スポンサードリンク

そんな時にはもちろんあけましておめでとうございますではおかしくなりますよね。

その為、遅くなってしまったときには、「今年も一年よろしくお願いいたします」と挨拶をするようにしましょう。

もしも直接お伺いをする機会がないという場合には、メールや手紙などで新年の挨拶をしましょう。

メールでの挨拶例文

謹賀新年

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、 今年も昨年と変わらぬご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

新年は1月○日から平常営業とさせて頂きます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年(年始)の挨拶回りはいつまでにすればいいの?

ビジネスの場面でも新年の挨拶というのはとても重要なものですよね。

社内はもちろん、取引先への挨拶も欠かせません。

では、取引先への挨拶回りはいつまでにすればいいのでしょうか?

よく聞くのは「1月7日まで」という事ですよね。

1月7日までの理由とは?

なぜ1月7日までにあいさつ回りを済ませなければいけないのかというと、それは、「松の内」だからです。

松の内というのは、お正月飾りを飾っておく時期で、これを飾っている7日までは神様がいるということになり、その間に新年の挨拶を行うのがマナーとなるのです。

まとめ

新年の挨拶はとても大切なものですが、特にビジネスの場面、取引先への挨拶は重要になってきます。

挨拶をしっかりとしておくかどうかで今年一年のお付き合いが決まってくるといっても過言ではありません。

出来れば直接お伺いするのがマナーですが、

  • 時間が取れなかったり
  • 遠く離れている取引先
の場合は少なくとも、年賀状やメールなどでもよいのできちんと挨拶をするようにしましょう。

ぜひこちらを参考に、どんなに忙しくても全ての取引先にきちんと挨拶ができるといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ