面接での長所の答え方の例文!やはり真面目をアピール!?

面接の際の長所の答え方のポイントと例文を紹介しています。

やはり面接の長所の答え方としては真面目さをアピールするのが良いでしょうか?

ライバルに差をつけるため、参考にしてみてくださいね!

面接の長所の答え方

就職をする際に必ず避けて通れないのが面接ですよね。

面接というのは、履歴書の再確認をする事はもちろん、やはりその人の人となりを担当者が判断するとても大切なものです。

面接ではいろいろなことを質問されますが、大概聞かれることはパターン化しているので、面接を受ける前には前もってどのような質問にはどのように答えればいいのか考えておくのがベター。

そして、そんな面接の質問の中でも答えにくいのが「長所」なんです。

日本人は、もともと控えめな人が多いので、自分の長所をはっきりとアピールすることを苦手としている人が多いのです。

しかし、面接ともなれば、ライバルに勝つためにはしっかりと自分の長所もアピールしておかなければいけません。

ここでは面接での長所の答え方などについて見ていきたいと思います。

●関連記事

⇒面接での短所の答え方例文!人見知りや優柔不断や心配性の上手な答え方

⇒長所と短所の一覧!面接や履歴書で短所を言い換える表現!

⇒自分の長所と短所がわからない人の見つけ方とは?

    目次

  • 面接での長所の答え方でライバルに差をつける!
  • 面接での長所の答え方の例文
  • 面接での長所として真面目さをアピールしたほうがいい?
  • まとめ
スポンサードリンク

面接での長所の答え方でライバルに差をつける!

面接で「あなたの長所を教えてください」と答えたら、どのような答えがより担当者に好印象を持たれると思いますか?

ここで自分自身に自信がなく「特にありません」なんて言っているようでは厳しい就職活動は乗り越えていけません。

長所の答えとしておすすめなのは、

  • 行動力がある
  • 協調性がある
  • 向上心がある
  • チャレンジ精神が旺盛
など、会社で仕事を続けていくうえでプラスになるものです。

ただ、ここで注意しなければいけないのは答え方です。

面接の長所の答え方は工夫をする!

例えば、行動力があるという事を長所としてアピールしたい人が、ただ「私の長所は行動力があることです」と答えただけでは、マニュアル通りの答えのようで、担当者には響きません。

もしも長所を伝えたい場合、

初めての就職であれば、自分は常に考えが浮かんだらそれを実行に移すためにすぐに行動し、行動しながらさらに考えを進めていくのが得意などというアピールを加える。

再就職であれば、前職での行動力を発揮したプラスになるエピソードなどを添える。

などと工夫をすると説得力があります。

ただ、あくまでも面接なので、エピソードが長くなり、世間話のようになってしまえば逆にマイナスに取られてしまいますので注意が必要です。

長所を伝えるときには、あくまで自分自身がライバルとはちょっと違うしっかりとした答え方をすることが大切なのです。

面接での長所の答え方の例文

就職での面接ではほとんどといっていいほど「長所」を聞かれます。

自分自身の長所を見つけるのも難しいですが、それを担当者にアピールするために文章にまとめ上げるのもまた難しいものです。

ここでは、そんな面接で担当者にアピールできる長所の答え方の例文を紹介したいと思います。

例文(責任感を長所としてアピールしたい場合)

私の長所は、責任感があり、最後まであきらめないという事です。

学生の頃、所属していたサークルで、サークルをアピールするためのチラシを作るためのチームを作り、私はその責任者を任されました。

最初は締め切りまで時間があり、いろいろと試行錯誤を重ねてチラシを作っていたのですが、内容に時間をかけすぎ、気づくと、締め切りまでほぼ間に合わないことがわかりました。

しかし私は、最後まであきらめないという精神と、リーダーを任されたという責任を感じ、チーム一丸となってぎりぎりまで頑張った結果、何とか締め切りに間に合わせることが出来ました。

そんな経験を活かし、貴社においてもどんな仕事にも責任をもって取り組み、最後までやりこなしたいと考えています。

と、このような感じの答え方がおすすめです!

自分に合わせた内容で答える時の参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

面接での長所として真面目さをアピールしたほうがいい?

就職活動というものは今は本当に大変で、有名な大学を出た優秀な人でも、なかなかうまくいかないという人が少なくありません。

その為、就職活動はやはり真面目に取り組むべきものであり、面接でも自分は真面目な人間であるという事をアピールするのはよいことだと思いますよね。

ただ、それを長所としてアピールすることはどうなのでしょうか?

真面目さだけをアピールするのは、ちょっと物足りない!

確かに、真面目というフレーズは、一見するとよい印象にも感じられます。

しかし、長所として真面目さをアピールするという事は、逆から考えれば「他にとりえがない」ともとられてしまうのです。

つまり、

  • 平凡な人間
  • つまらない人間
という印象を与えてしまう可能性もあるのです。

もちろん真面目さをアピールすることは悪くありません。

しかし、真面目さを長所とするならば、ただ「自分は真面目です」というのではなく、どう真面目なのか、そのエピソードなどを盛り込んでしっかりとアピールする必要があります。

まとめ

就職活動の面接の上で、自分の長所を話すことは、とても重要なことです。

そして長所を話す時に重要なのは、なぜその部分が自分にとっての長所なのかをしっかりと後付けするという事。

長所ももちろん大切ですが、それ以上に大切なのが長所にまつわるエピソードの内容なのです。

面接ではしっかりと自分の長所もアピールできるといいですね。

●関連記事

⇒面接での短所の答え方例文!人見知りや優柔不断や心配性の上手な答え方

⇒長所と短所の一覧!面接や履歴書で短所を言い換える表現!

⇒自分の長所と短所がわからない人の見つけ方とは?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ