面接の短所例文!人見知りや優柔不断や心配性の上手な答え方

面接で短所を質問されたときの例文を紹介します。

就職やパート・アルバイトなどの面接で、人見知りや優柔不断や心配性といった

  • 短所を長所に変える答え方
  • マイナスイメージをプラスにする方法
を参考にしてみてください。

面接の短所例文

就活の際に、必ずと言っていいほど受けることになる面接。

面接の内容は、企業にもよりますが、どの企業でもされる質問というのはある程度決まっているので、あらかじめ答えを用意しておくことはとても重要になってきます。

質問の中には、「あなたの短所を教えてください」というものもあることがあります。

短所というと、やはりマイナスイメージにとられがちですよね。

もちろん正直に「私の短所は、短気なところです」などと答えれば、担当者にマイナスイメージを与えてしまうことはほぼ間違えありません。

ではどう答えたらいいのかというと、まずは短所を伝えますが、

  • それをどう長所に変えて普段の生活や仕事で活かしているかどうか!
  • どのような対策をしているかどうか!
を付け加えることです。

ここでは、面接で短所を聞かれた場合、どのように長所に変えアピールポイントとして伝えればいいのかを紹介していきたいと思います。

●関連記事

⇒面接での長所の答え方の例文!やはり真面目をアピール!?

⇒長所と短所の一覧!面接や履歴書で短所を言い換える表現!

⇒自分の長所と短所がわからない人の見つけ方とは?

    目次

  • 面接で「人見知り」の短所の答え方例文
  • 面接で「人優柔不断」の短所の答え方例文
  • 面接で「心配性」の短所の答え方例文
スポンサードリンク

面接で人見知りの短所の答え方例文

面接で短所を聞かれた際「人見知り」を長所にとられる答え方はどうしたらいいのでしょうか?

まず、短所を聞かれたときに答えとして多いのが「人見知り」。

人見知りもその人の性格の一つですが、どうしてもマイナスにとられがち。

だからと言ってなかなか改善できるものではありませんよね。

この「人見知り」を短所として伝える場合にはどのように長所につなげていけばいいのでしょうか?

短所が「人見知り」の人の答え方!

私は人見知りですが、それを少しでも変えるために、どんな相手にでも必ずはっきりと挨拶だけは笑顔でするように心がけています。

挨拶というのは初対面の人でも普段から付き合いのある人でも必ず必要なコミュニケーションの手段です。

そんな挨拶で、少なくとも相手に悪い印象を持たれないように、そしてそれをきっかけに良い関係を築いていければと考えています。

スポンサードリンク

面接で人優柔不断の短所の答え方例文

面接で短所を聞かれた際「優柔不断」を長所にとらえられる答え方はどうしたらいいのでしょうか?

短所として悩んでいる人が多いのが「優柔不断」という人。

自分ではわかっているけれど、決断力にかけるというのは社会、特に会社に勤めている人間には致命的ですよね。

しかし、そんな優柔不断という短所でも話し方によっては最大の武器にすることが出来るのです。

短所が「優柔不断」な人の答え方!

私の短所は優柔不断なところです。

何かを選ばなければならない場面に直面すると、どうしてもどちらがより自分にとって良いものなのか、プラスになるかなどを深く考えれば考えるほど、選べなくなってしまうという事があるのです。

しかし、今は優柔不断にならないように、もしもそのような場面に直面したらいくつかの「選ぶ基準」を設け、それに沿って選ぶように心がけています。

例えば、自分にとってプラスになるもの、将来性のあるもの、長い目で見た時に自分に役立つものなどを考え、克服しています。

面接で心配性の短所の答え方例文

面接で短所を聞かれた際「心配性」を長所にとられる答え方はどうしたらいいのでしょうか?

ありがちな短所の答え方が「心配性」。

確かに、いくら確認しても、それで本当に合っているのか、相手に失礼に当たらないかなど悩んでしまう人は少なくありませんよね。

心配をすることで時間がかかってしまったり、悪い結果を招いてしまう事にもなりかねません。

その為、面接でも心配性という言葉は担当者にとってあまりいい印象は与えられないでしょう。

では、どのように話せば心配性な短所をプラスに変換することが出来るのでしょうか?

短所が「心配性」な人の答え方!

私の短所は心配性です。

しかし、最近ではこの心配性な部分を活かしていくために努力をしています。

例えば、心配なことが起きたら、「これは本当にそんなに心配をすることなのか」と自分に問いただしてみることもありますし、逆に心配をすることで、与えられた仕事に対してより丁寧に、そして完成度の高い物を提出することができるという事を知ることが出来ました。

まとめ

面接の質問の中で、短所というのは、担当者にマイナスイメージを与えるのではないかと思い、なかなか言いにくいものです。

しかし、言い方を変えることで、短所を長所として相手に伝えることが出来るのです。

あなたももし自分の短所を考えるときには、それをどう生かせるのかをまず考えてみてはいかがですか?

●関連記事

⇒面接での長所の答え方の例文!やはり真面目をアピール!?

⇒長所と短所の一覧!面接や履歴書で短所を言い換える表現!

⇒自分の長所と短所がわからない人の見つけ方とは?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ