長所と短所の一覧と面接や履歴書で短所を言い換える表現!

長所と短所の一覧をまとめましたので面接や履歴書で長所や短所を答えたり記載するときには一覧を参考にしてみてください!

また面接や履歴書で短所を長所に言い換える表現やアピールに変えマイナスイメージをプラスにする方法についても確認していきましょう。

長所と短所の一覧

就職活動をする際に、履歴書に自分の長所や短所を書く欄もありますし、面接の際に直接、長所や短所を聞かれることも必ずと言っていいほどあります。

長所はいいとして、短所というのはたとえ自分で自覚していても、なかなか人に話すのは難しいという事ありますよね?

ここでは、履歴書や面接で取り上げられる自分の長所や短所、そして短所を伝えるときに、それをどうアピールに変えていけばいいかをお伝えしていきます!

●関連記事

⇒面接での長所の答え方の例文!やはり真面目をアピール!?

⇒面接の短所の答え方例文!上手な答え方とは?

⇒自分の長所と短所がわからない人の見つけ方とは?

    目次

  • 長所の一覧まとめ!長所は意外と書きにくい?
  • 短所の一覧まとめ!ただ短所だけで終わらせてはいけない!
  • 短所を長所に変える言い換え方とは?
  • まとめ
スポンサードリンク

長所の一覧!長所は意外と書きにくい?

就職活動の際に必ず聞かれる長所と短所。

しかしいざ自分の長所となると、自身に自信がある人ならともかく、消極的な人の場合なかなか思い浮かべられませんよね。

ここでは長所としてみることが出来る性格をいくつ挙げてみたいと思います。

長所の一覧と参考例文

好奇心がある

どんなことにも興味を持ち、その事柄について調べたりより知ろうとする。

あきらめない

たとえ周りが無理だと考えていても自分だけは最後まであきらめない粘り強さを持っている。

責任感が強い

仕事や課題を与えられた時に、きちんとそれを最後までこなす、もしくはその事柄に責任をもって請け負える。

協調性がある

一人ではなくグループやチームなどで課題や仕事に取り組む際、自分の意見だけを押し通そうとせず周りの意見を聞いてまとめ上げることが出来る。

周りを和ませることが出来る

どんな場面でもどうしても気まずい雰囲気に陥ることがありますが、その空気をちょっとしたきっかけで断ち切ることが出来る。

このように、誰にでも、もしかしたら自分では気づいていないかもしれませんが、必ず長所というものはあるのです。

もしも自分では見つけられない場合には、身近な友人などに思い切って聞いてみるのも一つの方法ですよ。

スポンサードリンク

短所の一覧!ただ短所だけで終わらせてはいけない!

人間だれしも長所もあれば短所もあります。

特に短所というものは自覚はしていてもなかなか治すことが難しく自分の性格として悩んでいる人もいます。

しかし、就職の際にはそんな自身の短所を求められることもあります。

ここでは、就職の際によく聞く短所をいくつか紹介したいと思います。

短所の一覧と参考例文

神経質

細かいことが気になってしまい、作業に時間がかかってしまうこともある。

頑固

自分の意見を押し通そうとしてしまう

おせっかい

人のことでもどうしても気になってしまうと口を出してしまう。

人見知り

初めて会う人などと話す時に緊張してしまう、または苦手

このような事が挙げられます。

しかし、短所の場合、短所で終わらせては担当者にマイナスイメージを与えてしまうので決して短所で終わらせずにそれをどう克服しているのか、どうプラスとして生かしているのかを合わせて話す、もしくは書き加えるといいでしょう。

短所の言い換え方とは?

先程も話したように、短所を尋ねられた場合、ただ短所で終わってはマイナスイメージで終わってしまいます。

しかし、書き方を変えるだけでプラスになるどころかアピールポイントに変えることが出来るのです。

神経質が短所の場合

例えば神経質なのが短所だという場合、どうしても細かいところが気になってしまうというところがマイナスイメージですよね。

しかし、これをプラスに変えるには、神経質という事は、細かいところが気になるのではなく、細かいところに気が付く!

つまり「他の人が気づかないようなところまで気づくことが出来る」というアピールポイントにつなげることが出来るのです。

頑固が短所の場合

例えば頑固という短所も、一見マイナスイメージですが、言い換えれば、

  • 自分の意思をしっかりと持っている
  • 他人の意見に惑わされない
  • ぶれない
というアピールポイントになるのです。

例え短所でも考え方によってはどんなことでも実は長所にもなり得るのです。

これは、就職時だけではなく普段の生活の中でもいえることなのです。

まとめ

就職の際に聞かれることの多い自身の長所、短所。

長所はもちろんどんどん自分のアピールとして発言して構いませんが、短所となると自分のマイナスイメージになりますよね。

しかし、言い方を変えれば短所も長所となり、より自分をアピールすることが出来るのです。

もしも自分の短所を知ったら、それがどうプラスになり得るのかをまず考えてみましょう。

●関連記事

⇒面接での長所の答え方の例文!やはり真面目をアピール!?

⇒面接の短所の答え方例文!上手な答え方とは?

⇒自分の長所と短所がわからない人の見つけ方とは?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ