喪中の場合も年賀状は仕事関係や会社の取引先へ通常通り出す?

喪中の年賀状

自分が喪中のときの年賀状は仕事関係や会社の取引先などへは通常どおり年内に出すのか迷ってしまいますよね。

個人的な関係のところは簿中はがきを送り年賀状欠礼の挨拶をするというのが一般的というのは分かりますが仕事とプライベートは別と考えるのでしょうか?

ここでは喪中のときの年賀状は仕事関係や会社の取引先へは通常通り出すのか確認をしてみましょう。

スポンサードリンク

喪中のときでも年賀状を仕事関係には送るの?

個人的に喪中の場合は仕事関係には毎年恒例の年賀状は送るべきか、出すのを控えるべきか迷ってしまう部分ですよね。

実際には亡くなった方が仕事と関係がない場合には年賀状を出してもいいのです。

どうしても気持ち的には新年の挨拶をすることに対し気持ち的に考えてしまう部分はありますが、逆に公私を分けて考えるというのがビジネスにおいての常識になります。

ですから個人的な事情を知らせる喪中はがきを出して、あらためて寒中見舞いでお詫びと挨拶をするのではなく普通にいつものように年賀状を出せばいいのです。

スポンサードリンク

喪中のときでも年賀状は会社の取引先に送るの?

取引先との年賀状のやりとりというのは、会社と会社の付き合いになります。

そのため個人的に喪中だったとしても会社の取引先へ送る年賀状の送り主は自分の勤務している会社から送るわけですので分けて考える事になります。

ですから個人的には喪中だったとしても年賀状は会社の取引先に出すことをおすすめします。

取引先から「今年は年賀状が来てないな…」と思われてしまいますので!

そして逆に会社の取引先からいただく年賀状というのは会社宛にきて担当者がたまたま、あなたということだけです。

ですから同じように自分が個人事業主であった場合には、

  • 年賀状の送り先が個人的な関係のところなのか?
  • それとも取引先としてのビジネスの関係先になるのか?

という観点から年賀状を送るか判断すればいいのです。

まとめ

仕事関係や会社の取引先というのは亡くなった方のことを良く知っているような間柄であれば別ですが、会社どうしの付き合いで、たまたま担当があなたというだけになりますので毎年の通常どうり個人的に喪中の場合でも年賀状は送るようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ