新札の交換は銀行や郵便局でできる?手数料かかるor無料?

新札へ交換
お祝いに使用するお金はお祝い事であるため、あらかじめ銀行で「新札」に交換しておきましょう。

確実なのは多少待ち時間が必要ですが銀行や郵便局の窓口です。

実際に新札交換方法や手数料について銀行と郵便局に確認してみましたので参考にしてみてください。

お札が使い古され折れ曲がっているものや汚れているようなお金はご祝儀袋に入れないのがマナーですので注意してくださいね。

スポンサードリンク

◇見出し1:

新札の交換は銀行に依頼する方法!

銀行の窓口に行って新札への交換方法を確認してきました!

銀行で新札に交換

会社の近くの銀行では、写真の伝票に

  • 住所
  • 名前
  • 連絡先
  • 新札で欲しい紙幣の種類と枚数

を記載して窓口に提出します。

右下に手数料の項目がありますが、

  • 50枚以上の新札が欲しい場合は手数料が必要
  • 50枚以下であれば手数料が不要

という説明を受けました。

ただ、この銀行では50枚目から手数料がかかるということでしたが、銀行により300枚目からかかるなど差があるようなので大量に新札が必要な場合は事前に銀行へ手数料を確認すると良いでしょう。

一般的なお祝いにはここまでの数を新札に交換することは無いと思いますが…。

◇見出し2:

新札の交換は郵便局でもできる?

郵便局の窓口でも新札への交換方法を確認してみました!

スポンサードリンク

郵便局でも新札への交換は可能です。

ただ常に新札をストックしているわけではないらしく、タイミングによっては準備できない場合もあるということでした。

そのため「先に電話をして確認してからご来店いただくのが確実です。」ということを言われましたよ。

また、新札ですが新しめのお札を探して交換したりしてくれるそうですが、タイミング的なものがあるので日によってできる日とできない日があるという回答でした。

お話をした限りでは郵便局よりも銀行に行った方が間違いないなという印象です。

◇見出し3:

新札の交換には手数料がかかるの?

新札に交換をする時に気になるのが手数料は必要かどうか?ということですよね。

新札への交換手数料は

  • 銀行窓口の場合、大量でなければ不要。(※枚数が大量のときは必要な場合があります)
  • 郵便局の窓口の場合も不要。

どちらも基本的にはかかりません。

新札への交換枚数が大量の時だけは手数料が必要になる場合があります。銀行によって差があるので事前に電話で銀行に確認するのが無難ですよ。

まとめ

新札の交換は銀行や郵便局ならどちらでも手数料なし(上限あり)で出来るのですが、確実なのは銀行です。

窓口は平日しかやっていないのと、少し待ち時間が必要なので面倒と感じてしまう人もいるかもしれませんね。

しかし土曜や日曜そして祝日に用意をする方が大変なので確実に新札に交換できる平日の隙間時間を使って交換しておきましょう。

土日祝に慌てて準備していろいろ駆け回るよりも結果的に時間は少なくすんでいるはずですよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ